2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 東電、今夏の電力需給予想を発表(2011/03/25)…ピーク時で5500万kWの需要に対し供給は4650万kW | トップページ | 東電、今夏の電力需給予想を更新(2011/05/13)…ピーク時で5500万kWの需要に対し供給は5520万kW-5620万kW »

2011/04/16

東電、今夏の電力需給予想を更新発表(2011/04/15)…ピーク時で5500万kWの需要に対し供給は5200万kW

火力発電所[東京電力(9501)]は2011年4月15日、今年の夏における管轄地域での電力の需要・供給の見通しと対策について続報を発表した。現時点での試算では、今年の夏には最大電力供給量は5070-5200万kW程度になるとしている。一方で最大電力需要は5500万kW(1日のうちで最大時間帯)を予想しており、このままではピーク時に300万kW-430万kWほどの電力不足が予想される。東京電力側では今後も供給量の積み増しを推し量ると共に、節電に向けた需要面での対策にも取り組むとしている(【発表リリース】)。

↑ 今夏需給見通し。※の揚水発電の供給量は需給の動向で変動する
↑ 今夏需給見通し。※の揚水発電の供給量は需給の動向で変動する

今回発表された見通しでは、前回見通し(【東電、今夏の電力需給予想を発表・ピーク時で5500万kWの需要に対し供給は4650万kW】)の4650万kWに加え、

・ガスタービンなどの緊急設置電源の追加(【供給力確保に向けた緊急設置電源の新設について】)  7月…+20万kW、8月+80万kW ・震災停止、定期点検からの復帰  鹿島共同火力1、3、4号機、常磐共同火力8、9号機…+110万kW ・その他  7月…+20万kW、8月…-170万kW  (8月のマイナス分190万kWは、柏崎刈羽1号機および7号機の定検停止) ・揚水発電の活用  +400万kW

↑ 緊急設置電源。姉崎火力発電所が0.6万kW(ディーゼル、4月)、袖ヶ浦火力発電所が11万kW(ガスエンジン、7月)、千葉火力発電所が100万kw(33.4万×2が8月、33.4万が来年夏、ガスタービン)
↑ 緊急設置電源。左から、姉崎火力発電所が0.6万kW(ディーゼル、4月)、袖ヶ浦火力発電所が11万kW(ガスエンジン、7月)、千葉火力発電所が100万kw(33.4万×2が8月、33.4万が来年夏、ガスタービン)

「揚力発電」とは夜間などの電力需要が少ない時に余った電力で水をくみ上げ、電力需要が大きくなる時に水を流すことで発電する水力発電。いわば位置エネルギーを活用した、時間帯によって異なる需給バランスの調整弁・充電器のようなもの。エネルギー変換効率は高いとは言えないが、他の方法による大規模な充電機器が現在の技術では開発し得ないので、唯一の巨大「蓄電」方法とされている。今回、この揚水発電用の電力に一定の見通しが得られたことで、最大電力発生時の供給力として400万kWを上乗せさせることになった。

今回の上乗せも、すべての施策が上手くいった場合の話。昨今では福島原発の事故を受けて、【九州も夏に計画停電の可能性】でも触れたように、各所で「とにかく原発を止めろ」的な運動が勢いを増している。例えば仮に【柏崎刈羽原子力発電所】の停止を強要されれば、電力供給量は500万kW近く減退してしまう(すでに一部は定期点検のため停止を決定しており、これで190万kWのマイナスが確定している)。

火力発電所夏季においては療養施設や高齢者世帯での冷房機器の停止は生命にかかわるリスクを生み出すことになる。また、昨今の計画停電の施行状態で電力供給が継続的・一定量のものでないと、各企業における生産力の低下の実態が明らかにされている。この状況の継続は少なからぬ影響(復興も含め)を与えることになる。西日本からの電力供給のための変換機の急増構築なども合わせ、早急な対策が求められるのは言うまでも無い。

また【気象庁、ラニーニャ現象の終息見通しを発表・今夏は平常状態との予想】にもあるが、今年は去年のような猛暑にはならない可能性が高くなってきた。ただし【東京電力管轄内の最大電力需要の推移をグラフ化してみる(追補版)】にもあるように、2009年の冷夏においても、最大電力需要は5450万kWに達しており、現時点の最良の供給力でも足りないことが確認できる(想定電力需要5500万kWは、平年並みの気温であることが前提)。引き続き「ピーク時の」節電に向けた、正当性のある節電への対応が求められよう。

« 東電、今夏の電力需給予想を発表(2011/03/25)…ピーク時で5500万kWの需要に対し供給は4650万kW | トップページ | 東電、今夏の電力需給予想を更新(2011/05/13)…ピーク時で5500万kWの需要に対し供給は5520万kW-5620万kW »

GN転送記事」カテゴリの記事

東電需給(2011)」カテゴリの記事

« 東電、今夏の電力需給予想を発表(2011/03/25)…ピーク時で5500万kWの需要に対し供給は4650万kW | トップページ | 東電、今夏の電力需給予想を更新(2011/05/13)…ピーク時で5500万kWの需要に対し供給は5520万kW-5620万kW »