最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 本日の含み益+260,900(前日比+5,400) | トップページ | 週末業績報告(2004/04/11) »

2004.04.09

本日の含み益+245,470(前日比-15,430)

所有銘柄一覧には常日頃の表を使用。データは本日終値のものに差し替え。

銘柄数量単価終値損益評価額
サンユー建設200502.5750+49,500150,000
日本ライトン100400600+20,00060,000
東計電算1001,0281,330+30,200133,300
ハウスオブローゼ1007501,430+68,000143,000
進和1108401,547+77,770170,170

日本市場、暴落に近い状況。そもそもSQだの週末での調整・利益確定売りなど変動可能性の要素はあったんだが、俗に言う

「イラクの三莫迦トリオ」

(佐藤氏の作品の表現にて例えれば「善意に満ちた救い様の無い莫迦」)のおかげで暴落というか大混乱状態に陥ったもよう。市場関係者は現金および有価証券を直接扱っているわけで、ある意味非常に金銭に関してはドライだったりする(し、命に直結するような取引をしている人もいる)。命をそのまま天秤に図りかけるわけにはいかんだろうが、今回の「三莫迦トリオ」の行動により、果たして何億何兆の評価損が発生し、何人が「樹海行き」なり「行方不明状態」にならざるを得なくなったのだろうか、と思うと、色々複雑ではある。

日本人……に限ったことではないが、被害者に対して温情を検討するという美徳が日本人にはあると思う。ただ、その美徳ですら、対象となるだけの資格はあるはず。某掲示板で素晴らしいたとえがあったのだが、


東京の某有名繁華街で暴力団どうしの激しい抗争事件が起こり、発砲や乱闘になっていて、そこに機動隊がきて鎮圧する時に、「一般の方は危ないから離れてください」と警告しているのに警察らの制止を振り切って抗争の中にわざと入っていって、そこで暴力団に刺された男性(仮説として)

また、北朝鮮にどうしてもいって生活したいといって政府が行くなといっているのにそれを無視して亡命し、後になって「予想と違っていた、帰りたい」と手紙を出している元某宗教団体所属信者の女性

彼ら、彼女らはやはり温情の対象となるだろうか?


……手持ち銘柄についてはそれなりに下げ。でも例の「約定待ち買い注文出しっぱなし」銘柄は約定せず。うーん、早く上の一覧に追加させたいんだけどなぁ。まぁ気長に待つとするか。

« 本日の含み益+260,900(前日比+5,400) | トップページ | 週末業績報告(2004/04/11) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 本日の含み益+260,900(前日比+5,400) | トップページ | 週末業績報告(2004/04/11) »

最近の写真