最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2004年4月 | トップページ | 2004年6月 »

2004年5月

2004.05.31

本日の含み益+211,300(前日比-2,000)

所有銘柄一覧には常日頃の表を使用。データは本日終値のものに差し替え。

銘柄数量単価終値損益評価額
サンユー建設200502.5675+34,500135,000
キーコーヒー1001,4701,467-300146,700
日本ライトン100400727+32,70072,700
ハウスオブローゼ1007501,380+63,000138,000
進和1108401,580+81,400173,800

幾つか指値で買い注文を入れていたが、月末であるということ、米英が今日はお休みであるということということから、下手に動くと痛い目にあうかな~ってことで、注文はすべてキャンセル。

大手機関投資家やらが「六月~七月は調整期間に入る」というお話をあちこちでしている。昨年までの傾向でも似たようなものがある。で、元々手持ちの予算も少ない。まぁ、ゆっくりまったりしていくことには違いないが、ちょっと下がったところで「さあ買いまくれ~」と急ぐことはしないでおこうと思う。むしろキャッシュポジションを高めながらようすをうかがいつつ、美味しいところがあればガブっと食らいつく……くらいな感じかな。

江戸時代の投資の著名人も似たようなことを言っていた記憶がある。週末にでもその辺の話に触れられればいいな。

2004.05.28

本日の含み益+213,300(前日比-1,500)

所有銘柄一覧には常日頃の表を使用。データは本日終値のものに差し替え。

銘柄数量単価終値損益評価額
サンユー建設200502.5665+32,500133,000
キーコーヒー1001,4701,476+600147,600
日本ライトン100400748+34,80074,800
ハウスオブローゼ1007501,390+64,000139,000
進和1108401,580+81,400173,800

♪日経平均騰がったね、クマ! 手持ちの銘柄下がったね、クマ! ちょっぴり悲しいしろーくま、クマ!

……ダメだ、こりゃ。サンユー建設(1841)がザラ場で暴落。先日の決算発表でかなり悪い数字が出たからのもよう。とはいえ、この銘柄は元々配当目当てで購入したものだし、購入価格から換算すればまだまだ割安だったりするので、別に気にしない。まぁ、暴騰して買値の倍にでもなれば売却も検討するけど。終値ではある程度持ち直したようで、よかよか。

IPOのBBは相変わらず外れまくり。なんか精神的にアレなんで、相場が落ち着くであろう6月にでも、割安優待銘柄をチョイスし、ポートフォリオを増強しようかな、とも考えたり。

2004.05.27

本日の含み益+214,800(前日比-1,900)

所有銘柄一覧には常日頃の表を使用。データは本日終値のものに差し替え。

銘柄数量単価終値損益評価額
サンユー建設200502.5680+35,500136,000
キーコーヒー1001,4701,459-1,100145,900
日本ライトン100400750+35,00075,000
ハウスオブローゼ1007501,390+64,000139,000
進和1108401,580+81,400173,800

今日はお仕事が忙しかったのでコメントは簡潔に。「For Beautiful Human Life」な会社がえらい減資をすることになるかもという話でS安をつけたり、自転車屋さんは昨日に続ききな臭い話が出てきているし……。細かいネタは尽きることなし。されどとりあえず自分はコメントする必要は無い、かなと。というかコメント出来る立場にないし、株主になる予定もない。

ちなみに某社のIPOのBBははずれ。EトレのIPOポイントだけがたまっていく。

2004.05.26

本日の含み益+216,700(前日比-100)

所有銘柄一覧には常日頃の表を使用。データは本日終値のものに差し替え。

銘柄数量単価終値損益評価額
サンユー建設200502.5690+37,500138,000
キーコーヒー1001,4701,461-900146,100
日本ライトン100400735+33,50073,500
ハウスオブローゼ1007501,380+63,000138,000
進和1108401,600+83,600176,000

日経平均、1万1千円を回復。されど手持ち銘柄は多少の下げで終了。元々動きがあろうがなかろうがあまり知ったこっちゃ無いような銘柄ばかりなので仕方ないといえば仕方ない。5月末権利確定銘柄の権利落ち日であった今日は、あるいは「これはすくえるかな?」というあわい希望を持ったものもいくつかあったのだが、市場全体が好調だったせいか期待通りの動きはしてくれなかった。まぁ、気長に待つとしよう。「本当の買い場は一年に一度か二度、あればよいほうだ」という言葉もあるくらいだし。

2004.05.25

本日の含み益+216,800(前日比-5,200)

所有銘柄一覧には常日頃の表を使用。データは本日終値のものに差し替え。

銘柄数量単価終値損益評価額
サンユー建設200502.5700+39,500140,000
キーコーヒー1001,4701,458-1,200145,800
日本ライトン100400730+33,00073,000
ハウスオブローゼ1007501,380+63,000138,000
進和1108401,590+82,500174,900

日経平均、1万1千円割れで本日の取引終了。まぁ、この額をいったりきたりしている状況が数日続いているし、ここ数週間ばかり週の前半はえらいことになってばかりいたから、今日の下げはむしろラッキーだったと見るべきか。手持ち銘柄ではないが、デイトレーダーには好かれる銘柄の一つである某自転車関連の銘柄が、上場廃止直前になって過去の諸問題が見つかり取引停止処分を受け、ホルダーがパニクっているという話を聞く。まぁ、投資はあくまでも自己責任であり、ローリスク・ハイリターンなんてものはないのだから、仕方ないといえば仕方ないんだろうが……理不尽な気がしないでもない。

手持ち銘柄。特に動きなし。それなりに含み損が増えているが、この状況では致し方なし。

2004.05.24

本日の含み益+222,000(前日比+1,400)

所有銘柄一覧には常日頃の表を使用。データは本日終値のものに差し替え。

銘柄数量単価終値損益評価額
サンユー建設200502.5700+39,500140,000
キーコーヒー1001,4701,465-500146,500
日本ライトン100400755+35,50075,500
ハウスオブローゼ1007501,400+65,000140,000
進和1108401,590+82,500174,900

海外では石油市場画激しく動いたり、国内は国内でUFJが「またかよ」というような決算を出したものの、日経平均自体はあまりあがりもせず下がりもせず、といった感じの動きで終始。数週間前からのパターンでは、今週も再びブラックマンデーとなるのではないかという懸念もあったが、それは何とか避けられたようだ。

手持ち銘柄は大した動きはなし。キャッシュポジションは無いわけではないのだが、ここのところ続いているIPOラッシュに備えて(などの理由で)すぐに動かせる額を高めているため、特に新規購入銘柄の予定もなし。まぁ、コーヒー関連銘柄やゲーム関連銘柄で「そろそろかな」というのがいくつかあるのだが、急いては事を仕損じる、ともいうしね。

2004.05.23

キーコーヒー(2594)を買ったワケ

優待確保用長期保有銘柄としてキーコーヒー(2594)を買ったわけだが、その理由などについていくつか……。

コーヒーは元々好きで、コーヒー(が優待につく)関連銘柄は前々からいくつかチェックしていたわけだが、その中でもキーコーヒーは「株主に優しい」「優待がナイス」だという噂を聞いていた。そこで、まずは財務状態などを確認。有利子負債はほとんどないし、株主資本比率も70%超ときわめて高い。配当利率もそれなり(年20円)。優待は年2回、最低単元で水出しコーヒーを1000円分ほど送ってくれるという。これから大躍進するようなジャンル・銘柄ではないが、安定性・安全性は高い。

キーコーヒーの過去一年間のチャート:Eトレードより
(キーコーヒーの過去一年間のチャート:Eトレードより)

そこで、過去1年分のチャートと財務諸表をチェックし、1株株主資本とチャートの動きを見て、「まぁ、1470円がとりあえずの底、と見ていいのかな」と判断。買い注文をちょくちょく入れていたら、5月10日に約定したわけだ。その後約定した日から数日の間暴落し、さらに下値を探っていたようだが、最近になって値が持ち直し、一安心といったところ。

コーヒー関連銘柄については他にもいくつか手ごろな買値の銘柄があるようなので、引き続きチェックを入れていたりする。まぁ、機会とキャッシュの余裕があれば、もう一銘柄くらいは増やすかもしれない。こういった銘柄チョイスの仕方もありではないかな、と思う。

2004.05.21

本日の含み益+220,600(前日比+600)

所有銘柄一覧には常日頃の表を使用。データは本日終値のものに差し替え。

銘柄数量単価終値損益評価額
サンユー建設200502.5700+39,500140,000
キーコーヒー1001,4701,471+100147,100
日本ライトン100400745+34,50074,500
ハウスオブローゼ1007501,390+64,000139,000
進和1108401,590+82,500174,900

週末ということと、UFJ関連の報道で今日はさすがに下げるかな、と思ったのだが、多くの上場企業の決算発表がそれなりに良かったらしく、今日も日本株は上昇気運。日経平均も終値で久々に1万1千円台を回復した。まぁ、過去二週間のパターンを踏襲するということになると、来週はまた月曜・火曜あたりに下げるんだろうが……。三回も、何の意味もなく同じパターンが繰り返されるとは思えない。

手持ち銘柄ではキーコーヒー(2594)がようやく買値まで戻ってくれたのが嬉しいところ。元々優待目当ての超長期保有予定銘柄だが、含み損が続きっぱなしという状態はやはり精神的にあまりよくはない。元々「底値、またはそれに近い値で買った」と半ば確信していたのだが、それが実証されつつある気分だ。まぁ、金額的にはそれほどのものではないので、もし暴落することにでもなっていれば買い増しするだけの話だったのだが。

週末は、時間と体調が許せば、いくつか個別銘柄や優待についてコメントしようと考えている。

2004.05.20

本日の含み益+220,000(前日比+7,510)

所有銘柄一覧には常日頃の表を使用。データは本日終値のものに差し替え。

銘柄数量単価終値損益評価額
サンユー建設200502.5715+42,500143,000
キーコーヒー1001,4701,466-200146,600
日本ライトン100400745+34,50074,500
ハウスオブローゼ1007501,370+62,000137,000
進和1108401,580+81,400173,800

日本株はやや下げで本日のザラ場を終了したようだが、手持ち銘柄はほぼ堅調な値動き。とはいえ、先日半ば間違って売ってしまった銘柄以外は今のところ「急いで売らねば」というモノではないので、含み益の増大は自己満足と精神的安定に寄与するものでしかなかったりする。

キャッシュポジションが少々増加したのでついつい他の銘柄などにも目がいきがちになるがここは我慢我慢。ようやくいくつかではあるが、IPOのBBに参加できるチャンスが生まれたのだから、有効にこの機会を活かさねば……って宝くじと同じようなもので、当たればラッキー、というレベルの確率なんだよね~。でも「蒔かぬ種は生えぬ」ともいうしな。

2004.05.19

本日の含み益+212,490(前日比-)、確定益+18,965

所有銘柄一覧には常日頃の表を使用。データは本日終値のものに差し替え。

銘柄数量単価終値損益評価額
サンユー建設200502.5710+41,500142,000
キーコーヒー1001,4701,468-200146,800
日本ライトン100400732+33,20073,200
ハウスオブローゼ1007501,350+60,000135,000
進和1108401,549+77,990170,390

先日発表されたGDP値で「日本の景気は大丈夫……かな?」という安心感がある程度広まったようで、昨日に続き今日も全面高。日経平均株価も終値で1万1千円に近づくまでとなった。

……で、だな。週明けの暴落時に半ばヤケで「ここまで落ちたら、これくらいまでもし騰がって来たらさっさと売り払ってしまおう」と売り注文を出していた東計電算(4746)の注文がそのままになっていたらしく、今日気がついたら売りの約定メールが。1225円で約定。あう~。今日の上昇相場だったらもう少し高値でも売れたハズなのに。って、ザラ場では注文の変更は出来ないからしかたないか。こういう事態が重なってくると、例の京セラのAH-K3001V(リンク先はケータイWatchの記事)がほしいかな~と思ってしまったりして。贅沢は敵だ……なんだけどね。

2004.05.18

本日の含み益+213,800(前日比+1,500)

所有銘柄一覧には常日頃の表を使用。データは本日終値のものに差し替え。

銘柄数量単価終値損益評価額
サンユー建設200502.5695+38,500139,000
キーコーヒー1001,4701,456-1,400145,600
日本ライトン100400719+31,90071,900
東計電算1001,0281,182+15,400118,200
ハウスオブローゼ1007501,340+59,000134,000
進和1108401,480+70,400162,800

あそこまで連続して暴落するとさすがにテクニカル云々以前の問題として「買い場」アラートが投資家の頭の中に響き渡るのか、今日は全面高の展開。昨日多少心配していたGDP速報値も予想より高かったことがポジティブに働いたようだ。

とはいえ、手持ち銘柄はさえない。たまたま、というより新興銘柄よりねがさ銘柄に皆の注目が集まったから、なのかもしれない。まぁどっちにしたところで当方には手を出せないから仕方ないのだが。

ゲーム株関連でいえば、セガ(7964)サミー(6426)が10月1日をめどに持ち株会社に移行し経営統合を行う事を発表した。遅かれ早かれそんな動きになるのではないかという予感はあったが、実際に発表されてみるとやはり複雑な気持ちではある。セガについてはもう少し落ちることがあれば拾ってもいいかなとは思っていたのだが、今日のこの報道で、少なくとも経営の安定化を図れたということで、(合併時の株式の配分率は低いものの)評価され、値を上げることだろう。

問題なのはセガ子会社のセガトイズ(7842)。どういう扱いを受けることになるんだろう?

2004.05.17

本日の含み益+212,300(前日比-37,680)

所有銘柄一覧には常日頃の表を使用。データは本日終値のものに差し替え。

銘柄数量単価終値損益評価額
サンユー建設200502.5710+41,500142,000
キーコーヒー1001,4701,455-1,500145,500
日本ライトン100400670+27,00067,000
東計電算1001,0281,180+15,200118,000
ハウスオブローゼ1007501,380+63,000138,000
進和1108401,450+67,100159,500

まったく……何週連続して「ブラック・マンデー」が続くんや、と感情が含まれると何故か出鱈目な大阪弁が出てしまったりするが、今日の相場もまさにそんな感じ。どんな感じだ。日経平均株価は今年二番目の下げ幅となり、下げ銘柄数も1500近く。UFJの不良債権問題や米国株の軟調さ、明日のGDP発表を控えての買い控え。新興市場では個人投資家のまさに「投売り」が続き、昨年だかの「日経平均8000~7000円台時の恐怖」が甦ってきたかのよう。

明日、もしGDPの値がナニだったり今夜の米国株の動向次第では、日経平均1万円の攻防戦が見られるかもしれない。まぁ、パターン的には明日は小反発するかな、という感じはするのだか。

所有個別銘柄についてはコメントしようもなし。板情報見る限りでは「買手が誰もいなくなった」時間帯があった銘柄もあったようだ。これだから、取引高がそれほどない銘柄は、落ち込んだときが怖い。やっぱり、優待込みでホールドを決め込んでいる銘柄以外は一度整理すべきなんかな、とか。

2004.05.15

今後のコンテンツ拡張計画

……と書くと仰々しいけど、要は半ば自分自身にとって覚え書きみたいなもの。膨大な時間がかかるというものではないけれど、現状の自分の体調などを考えると、夏休みのような「長期に休みの時間が取れて体調・心境的にも何とかできる時間が確保できる」時でないと、具体化は難しい。

で。例えば別サーバにCGIを置いてゲームを展開するとかいうものではなく、あくまでも関連する事項について、いくつか追加するという感じ。具体的には、

●過去取引一覧
ココログのシステム上に掲載しようと思ったが横幅に限界があるので、恐らくは別サーバに載せてリンクを貼る形にすると思う。信憑性の向上と、自分自身への覚え書き、戒め、その他云々……という意味かな。

●各種グラフ
「グラフ」とは書いてみたものの、具体的にどんなグラフを掲載するかはまだ未定。各月ごとの確定・含み益の変遷?

●推薦書籍の拡張
現在はまだ一冊しか掲載していないけど、手元には何冊か「すでに読み倒して」「オススメしたい」株式投資関係の本がある。これらの本について、概要や感想をまとめて掲載し、披露してみたい。ま、大したものはないけどね。いいんよ、別に。専門家でもなければ大学教授でもないわけだし(苦笑)。

……といったところかな。まぁ、あくまでも予定なんで、期待しないでお待ちくださいな

2004.05.14

本日の含み益+249,980(前日比-4,470)

所有銘柄一覧には常日頃の表を使用。データは本日終値のものに差し替え。

銘柄数量単価終値損益評価額
サンユー建設200502.5750+49,500150,000
キーコーヒー1001,4701,460-1,000146,000
日本ライトン100400737+33,70073,700
東計電算1001,0281,268+24,000126,800
ハウスオブローゼ1007501,420+67,000142,000
進和1108401,538+76,780169,180

日本株はわずかにプラスで引けたようだが、ともあれ今週一週間は泣きを見た人が多かったもよう。泣きで済めばよいのだが、やれ追証だのやれ樹海だの、冗談にならないキーワードもちらほらと……。現物オンリー、買いだけの取引であるおいらにしてみれば、この二つのキーワードは関係無いので、まぁ良いんだが。

手持ち銘柄。日足値を見てみると、進和(7607)で大量の売りが出たようで一時期大暴落。それが後々まで引きずってのマイナス引けとなったもよう(14時から14時半の急落がそれ)。業績健全な同社自身に売りの要因は無いので、他銘柄の損失を穴埋めするためにやむなく売った(あるいは強制売買させられた)人がいたのだろうか……。逆に、ザラ場を観察できていた人にとっては、最強の買い場だったといえよう。

2004.05.13

本日の含み益+254,450(前日比-9,900)

所有銘柄一覧には常日頃の表を使用。データは本日終値のものに差し替え。

銘柄数量単価終値損益評価額
サンユー建設200502.5753+50,100150,600
キーコーヒー1001,4701,453-1,700145,300
日本ライトン100400760+36,00076,000
東計電算1001,0281,250+22,200125,000
ハウスオブローゼ1007501,420+67,000142,000
進和1108401,575+80,850173,250

♪暴落暴落楽し……いわけないだろ! このすっとこどっこい! 日経平均大幅反落、300円以上の下げ幅は、昨日・一昨日の上げをまったく無意味なものにしてしまっている。雰囲気的にもなんとなくイヤな感じだし、明日は週末でSQだし、明日は大波乱の相場になるのではないかな、と今からかなり不安。

手持ち銘柄。東計電算(4746)がまた暴落。板情報を見ると買い板がすかすか。誰かまとめ買いしてくれればコーンと値がつりあがりそうなんだけどね。

……に、しても今日の下げの嵐の中、含み損が1万円以内に納まったのは、ある意味奇跡なのかな?

それと。今週末、時間があって体調がよろしければ、今後の拡張計画についてお話することになると思う。もう少しコンテンツを充実させてもいいかな、と思ってね。

2004.05.12

本日の含み益+264,350(前日比+16,100)

所有銘柄一覧には常日頃の表を使用。データは本日終値のものに差し替え。

銘柄数量単価終値損益評価額
サンユー建設200502.5755+50,500151,000
キーコーヒー1001,4701,458-1,200145,800
日本ライトン100400765+36,50076,500
東計電算1001,0281,325+29,700132,500
ハウスオブローゼ1007501,430+68,000143,000
進和1108401,575+80,850173,250

先日の米国株の好調さにつられ、日本株大幅高。日経平均の終値も1万1千円台を回復し、最低限の防衛ラインを確保したって感じ。先々日の大暴落を引っ張った新興銘柄の伸びもよかったし、やはり「あまりにも下がったからこの気に買おうか」という個人投資家の想いが炸裂したというところか。

手持ち銘柄では昨日唸っていた東計電算(4746)が回復基調に。板情報を見ても明日以降も期待できそう。

IPOとか、この機会に欲しい銘柄などもあるのだけど、キャッシュポジションがゼロに近いという極貧状態のため、身動きが取れない。貧乏暇なし甲斐性なし。まぁ、投資資金以外の要因も多分にあるのでまさに「地団駄踏みまくり」状態なんだけど。

2004.05.11

本日の含み益+248,250(前日比-1,950)

所有銘柄一覧には常日頃の表を使用。データは本日終値のものに差し替え。

銘柄数量単価終値損益評価額
サンユー建設200502.5760+51,500152,000
キーコーヒー1001,4701,445-2,500144,500
日本ライトン100400715+31,50071,500
東計電算1001,0281,267+23,900126,700
ハウスオブローゼ1007501,380+63,000138,000
進和1108401,575+80,850173,250

日経平均、ほんのちょっぴり上げ。ただ、騰がり方があまりにも中途半端なため、むしろ明日以降の動向が怖い。明日ドカンと大反発して暴騰してくれると気持ちいいんだけど、日本株が買われるような要素って今のところ見当たらないからなぁ。むう。昨日は昨日でNHKでの特集も延期になっちゃったし(表向きは政治で動きがあったからなんだけど、いくらなんでも日経平均が500円も下げた日に「個人マネーが株式市場に動き出した云々」って特集は放映できんだろう)。

手持ち銘柄では東計電算(4746)が続落。よりによって、何でこいつだけ、ぐがー。という感じ。ただ、板情報を見る限りでは市場全体の下げに伴う一次的なショックによる下げの可能性が高いので、今週から来週くらいは様子を見たいと思う。……もっとも、先週金曜の段階で売っていれば、それはそれで一番だったのだが(でも「もしも」は禁物なのよねー)。

明日はどうかな。軟調な気がするけどなぁ。

2004.05.10

本日の含み益+250,200(前日比-)

所有銘柄一覧には常日頃の表を使用。データは本日終値のものに差し替え。

銘柄数量単価終値損益評価額
サンユー建設200502.5790+57,500158,000
キーコーヒー1001,4701,441-2,900144,100
日本ライトン100400678+27,80067,800
東計電算1001,0281,323+29,500132,300
ハウスオブローゼ1007501,440+69,000144,000
進和1108401,470+69,300161,700

日本株、比類なき大暴落。日経平均が500円以上の下げってどういうことだ。……米国での利上げ観測が強まったこと、中国での成長引き締め強硬政策実働、さらには円安が急激に進むなど、対外的にはネガティブな要因が重なった。とはいえ、先週末のメルマガで「日経平均は1万2千円と1万1千円の間のボックス圏で推移するだろうなぁ」と書いたとたんにこの有様(終値で10,884.70円、前日比554.12円のマイナス)だから、頭抱えるばかり。

指数を詳しく見てみると、日経平均の下がり方は前日比で4.84%である一方、JASDAQ平均は6.51%、東証二部(時価総額)にいたっては7.64%のマイナスとなっており、俗に言う新興産業銘柄の下落が激しかったことが分かる。

ここまで急激に下げると、明日、あるいは明後日はある程度反発するものなのだが……買い手のマインドがどん底まで下がっている可能性もあるため、下手するとだが、日経平均1万円前半までの下落は覚悟する必要があるかもしれない。こんな日に限って、NHKが個人投資家に関する特集を夜のニュースでやるようで。タイミングが良いのか悪いのか……。

手持ち銘柄。一銘柄増えたので単純な前日比が出せないから「-」とはなっているが、実質的には5万円近い含み益が一挙にぶっ飛んだ感じである。特に東計電算(4746)の下げが、ダメージとしては大きい(金額や下落割合としてはもっと大きな銘柄がいくらでもあるのだが)。キーコーヒー(2594)にしたところで、場中張り付いていることが出来るのなら、もう少し安く買えたはずなんだけど……約定した時間は病院で唸っていたから仕方ないといえばそれまで。

さて明日は反発するだろうか。キャッシュがあれば「これは買いだ」という銘柄がいくつか出てきつつあるのだけど、買い付け余力が無いに等しい今、それはムリだったり。

2004.05.07

本日の含み益+297,500(前日比-6,600)

所有銘柄一覧には常日頃の表を使用。データは本日終値のものに差し替え。

銘柄数量単価終値損益評価額
サンユー建設200502.5800+59,500160,000
日本ライトン100400758+35,80075,800
東計電算1001,0281,442+41,400144,200
ハウスオブローゼ1007501,500+75,000150,000
進和1108401,620+85,800178,200

日本株、昨日に引き続き下落。福田官房長官が「年金未納騒動」に絡んで辞任したからとか、トレンドが変わったからとか色々な説があるが、事実として下がっていることに違いはない。手持ちのキャッシュに関する問題も微妙なラインで展開しており、うだうだ悩んでもアレなんで来週にでもさっさともう1銘柄売ってしまおうかな、とも思ったり。ただこの銘柄、チャート的にもう一、二週間待てば再上昇を開始しそうな雰囲気だし、自己ルールの中にある「基本としてホールドを決め込んだら三ヶ月は最低でも持っていること」ですら守らなくなってしまうので、いかがなものかな……と頭を抱えている。

こんなチンケなことで悩まなくてもよいくらいの運用資金がほしいもんだが。

2004.05.06

本日の含み益+304,100(前日比+8,500)

所有銘柄一覧には常日頃の表を使用。データは本日終値のものに差し替え。

銘柄数量単価終値損益評価額
サンユー建設200502.5810+61,500162,000
日本ライトン100400760+36,00076,000
東計電算1001,0281,474+44,600147,400
ハウスオブローゼ1007501,490+74,000149,000
進和1108401,640+88,000180,400

日経平均は続落したというが、持ち銘柄は続伸。まぁ、含み益はあくまでも含みの益でしかなく、確定益とはまた性質の異なるものだから、多分に精神的安定剤としかなりえないあたりが悲しいところではあるのだが(このあたりの話、一度ゴールデンウィークにまとめようとしたらワヤクチャになってしまいあきらめた。また何か良い言い回しでまとめることが出来ればと思ってはいる)。

今日はネット証券では比較的手数料が高めなもののその安定性とツールの使いよさで評判の高いDLJが「お祭り」騒ぎになっていたとのことで、少なからぬ被害者が出たもよう。ネット証券利用者が増えること自体は悪くないと思うが、やはり危険分散を常とすべきなのかも。っていっても少なくとも自分の金融資産ではその心配はまったく無用。デイトレなどもしないのでさらに無用。書いててむなしくなってきた。

Eトレ(自分が今使っているネット証券会社)のページを見ると、近々で複数の会社においてIPOのBB(ブックビルディング)の募集を行っている。残り現金があれば参加したいところだが、キャッシュを見てみるととても参加できそうにない。さらに、前に何度か書いた通りさまざまな「すっとこな」理由によって多くない投資資金をさらに臨時支出に回さねばならなくなりそうなので、参加どころか手持ち銘柄をもう一銘柄ほど処分しなければならなくなるかもしれない。

……何だか去年の年末あたりから、いくら足掻いても他の要因で状況は悪化するばかりなんで、少々ではあるがヤケになりたい気分になっているのも否定できない今日この頃。

2004.05.04

セブンイレブンのお弁当と鳥さんフィギュア

内臓疾患関係の療養が続いていることもあり、身体の調子がよろしくない状況なので、かつての自分からは信じられないくらい小食になりつつある。具体的には以前の三分の一くらいのボリュームでもお腹が一杯になるくらい。焼き肉などの「食べ放題」にメリット……というかお得感をまったく感じなくなってしまった自分が悲しかったりする。

それと、「空腹感」というものがストレートに体に「腹減ったから何か食べたい」という欲望につながらないような感覚の変化まである。病気の症状の一つとして「体重の増加」があったり、投与している薬の関係や症状の関係で水分を多分に採る必要があるので体重は減ることも無く痩せほそろえることもないので、理不尽さは尽きぬところ。(図体は変わらず食欲減りまくりなので、すぐにお腹が減る→空腹状態になると薬の成分のみが残って胃が痛むというイヤな循環もあったり)。

そんな自分にとって最近マイブームの一つなのが、セブンイレブンの「発芽玄米弁当」。ちょい値段が高めなのが難だが、ボリュームも今の自分の一食分にぴったりだし、栄養のバランスも比較的取れている。これに、飲物として低脂肪乳なりを飲み、ミニサラダを一緒に食べればバッチグー。人気もそれなりにあるらしく、セブンイレブンに顔を出しても二回に一回は品切れなのが残念だが、それでも食べられるチャンスがあるだけありがたいと思っている。

セブンイレブンといえばもう一つ注目、というか気にかけているのが、ここだけの特典として用意されている海洋堂のコレクションシリーズ。リアルさでは世界一の海洋堂が手がけるフィギュアなだけに、その出来は天下一品。水族館編はザリガニの出来のあまりのよさにかえって興ざめしてしまったが(出来がナニとかいうのではなくて、あのブツブツがリアルすぎて、ちょっと……)、南アルプスの天然水についている「バードテイルズ」シリーズが可愛くてたまらない。元々水分補給が必要な状況であるだけに、願ったりかなったりという形で出社する時はほぼ毎日、「バードテイルズ」シリーズがついている水を買い、コンプリートを目指している。なんかこう、心が和むんだよね。

ああでも、ゴールデンウィークがあけたらキャンペーンも終わってしまうのかな。だとしたらちょっと残念。

2004.05.03

体の調子と漢方薬と

現在進行中……というか療養中である、ある内臓系の疾患については薬も飲んで(結果論だが)栄養的にも体に気をつけるようにし、静養に近い形を続けている。だが、劇的な回復の兆しが見られない。不必要な薬を一種減らしてもらえたので薬の副作用による「猛烈な吐き気」「酷い胃痛」「絶え間ない血反吐」などは無くなったが、服用している薬による少なからぬ副作用は続いている。一方で病状そのものも無くなったわけではなく、どれが副作用でどれが病状なのか分からないというのが正直なところ。

ざっとあげても

「血反吐」
「吐き気」
「空腹時の強烈な胃痛」
「顔面のブツブツ」
(これらは恐らく薬の副作用)


「激しい倦怠感、けだるさ」
「膝下辺りからの足のむくみ」
「ちょっとした動きですぐ起きる息切れ」
「呼吸困難(の錯覚)」

などなど。担当医にはすべて症状を話しており、その結果、ゴールデンウィークをはさんでレントゲンやら血液検査やらエコー検査やらを行い、詳しく診断し、場合によっては入院をした上でより強力な薬の投与を行う必要がある、ということだった。正直、諸般の事情から入院は避けたいところではある。

万が一入院ともなれば、仕事などの本業務はできないし(代理に任せるという手もあるが、自分でないと出来ない特殊業務もいくつかある)、メルマガやブログその他の作業も不可能になる。突然更新が止まって「?」となる前に、メルマガでは先々週ちょいと予告した通り、ペンネームに関するネタバレをしておく必要があるだろう。ちょうど良い機会なのかもしれない。

前々から「ポートフォリオ」で株運営をしている、つまりここのブログの運営担当でもある「不破雷蔵」氏。これ、実は(すでに多くの人が分かっているとは思うけど)株関係における、JGNNの代表者のペンネームに過ぎない(あと某所でかつて「R.F.」というペンネームで、さる漫画の短編小説を書いてはいたが……これはもう活動中止しているし半ば封印)。

もちろん今後も別人格で行動しているように記事を書いていくつもりではあるし、積極的にイコールであると宣言するつもりはないけれど、私が万一入院なりの理由で一時的に行動を止めねばならない場合には、両氏の執筆活動が同時に止まってしまうので念のため。

そんなわけなんで、今後ともここでは株関係のお話を不破雷蔵として展開していく「予定」なので、よろしく……というのと共に、あまり意味はないけれど当方の安寧を少しでも祈っていただけるとありがたい。

んで。状況を少しでもよくする為にとトライしている漢方薬の件。前々から薦められていた店舗をようやく訪れる。意外に近かったことに唖然。こんなことならもっと早く行っていればよかったかも。

が、「前に会社の上役にもらった、劇的な効力のある、色んな漢方の実みたいなのを混ぜた専門の漢方薬」は結局入手できず。話によると、漢方のカテゴリー分けでは「上薬・中薬・下薬」があるのだが、今回行ったお店では上薬にあたるものしか提供できないとのこと。上薬とは要するにお茶に近い漢方薬みたいなもの。

何はともあれ、とりあえず飲み始める。利尿作用があるということと、一日一リットル程度は飲まねばならないあたりはどの薬も変わらないらしい。ともあれ、前の「専用の漢方薬」のような劇的な効果は無いが、今は飲み続けるしかない。効果はいつ出てくることやら。

ちなみに中薬、下薬になるにつれ、薬としての成分・効力が強くなるが、 専門店(例えば中国からの支店みたいなところ) でないと調合してもらえないという話だ。あるいはそういうお店を再度見つけないといけないのかもしれない。

※今件記事は直前に発刊されたメールマガジンGnewsMMのコラムの一部を元に再編集したものです。

今一番ほしいもの

ズバリ現金。以上。

……で終えたら夢も希望もないし、ここで記事が終わってしまう。「何でも願いのかなう魔法のランプ」とか書いても良いが、それはそれで現実味が無いので却下。まぁそりゃ確かに自由に出来る現金はほしい。額は大きければ大きいほど良い。株式投資への資金が増やせるし、色々な環境整備も出来る(投資関連の環境だけじゃなくて生活環境や健康整備など)。金ですべてのものが手に入るわけではないが、現金を「手段」として考えることで大抵の願いは充足してしまうのもまた事実である(そもそも「お金」とは、そういう道具として世の中に広まっているわけで)。

もっと具体的に、商品名として何が欲しいかと考えてみる。かつてはホワイトボードに「購入予定商品リスト」を書き連ね、それらに優先順位度をつけて目標としていたが、病気が悪化した関係などでそれどころじゃなくなり(入院するかもしれないし、通院だけでも少なからぬイレギュラーな出費が発生する)、そのリストは現在封印中。

リストは無くなってしまったが、比較的現実味が高そうで、具体的用途もはっきりしているものが二つある。一つが「デジカメ機能付携帯電話」、もう一つが「ビデオキャプチャーカード」

「デジカメ機能付携帯電話」が欲しい理由はいくつかあるが、最大の理由は「いつでも持ち歩けるデジカメが欲しい」こと。デジカメ自体を持っていないわけではないが、図体がでかいし写真データのコンバートも非常に面倒くさい。大きさも手ごろでいつも持ち歩いている携帯電話にそれなりの高機能なデジカメ(実質で200万画素くらいであれば十分)がついていれば、それに越したことはないというわけだ。とにかく「手軽な」ものがいい。外出時にちょっと気になることがあったら「ぴっ」と撮って保存したり、「ああ、これ保存しておきたいな」という瞬間を逃さずに済んだり、あるいは取材にも使える。「携帯性」を最大限に活かせるわけだ。……というわけで携帯電話部分はそんなに高性能でなくともよい(といっても古すぎても困るが)。

「ビデオキャプチャーカード」が欲しいのは、ライブラリとして保存しているテレビ番組の特集や、かつて購入したビデオなどをランダムアクセスの出来るデータとして保存しておきたいがため。ビデオテープそのものの耐久性も問題だし、テープそのものが場所をとり過ぎて困っている状態。「気軽さ」という点でも、データ化した映像はテープにかなわない。

……まぁ、ぶっちゃけ、両方とも「データ整理上の気軽さ」を追求してみたら必要になったというわけだ。現在は文章だけで味気ないこのブログも、もう少し彩り豊かになるかもしれないし、ねぇ(さすがに動画のアップは難しいだろうけど)。

そんなわけで、ゴールデンウィーク中、ちょいと調子が良くなったタイミングを見計らい、つらつらと書き連ねてみたのでした。

2004.05.02

あれ? カウンター1万超えてました(^^;)

ゴールデンウィーク前から体調の悪さが寄せては返すようなさざなみのように押し寄せ、「本日の結果報告」をアップするのが精一杯で、他のネタをアップすることもかなわず、「申し訳ないなぁ」と思いつつうだうだし、気がついたら「療養週間」となってしまったゴールデンウィークも半ば。ふとカウンターを見てみたら、あらあらいつの間にか1万を超えていました。

ここで使用しているカウンターは、Nifty提供のCGIのものを使っているので、重複カウントについてもある程度考慮されていますから、正確度も高いのではないかなと思われます。私のような「端から見てたら大した動きも無いすっとこ投資家のちまちまとしたレポート」ブログを見て・読んでいただき、まことにありがとうございました。

……って書くとこれでオシマイ、みたいな感じもしますが御安心を(^^;) これからも現行の形式は続けますし、病状が回復してモチベーションがアップしてくれば、色々な記事を展開していくことになると思いますので、「治れ治れ~」のヒーリング電波を私宛にどしどしと送ってください(なんだそりゃ)。

« 2004年4月 | トップページ | 2004年6月 »

最近の写真