最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2004年7月 | トップページ | 2004年9月 »

2004年8月

2004.08.31

本日の含み益+242,300(前日比-1,000)

所有銘柄一覧には常日頃の表を使用。データは本日終値のものに差し替え。

銘柄数量単価終値損益評価額
サンユー建設200502.5700+39,500140,000
キーコーヒー1001,4701,481+1,100148,100
日本ライトン100400667+26,70066,700
ハウスオブローゼ1007501,400+65,000140,000
進和1108401,900+116,600209,000
タカラ200550517-6,600103,400

台風一過……とはいえ、台風が最接近した午前三時ごろ、息が如何ともしがたくてつい起きてしまい、たまたま日本テレビ系列で放映していたアリの映画に見入り、半ば徹夜状態。頭が朦朧としている中、ただでさえ悪い体調はますますぐぢゃぐぢゃ。通勤途中の某駅で、人懐っこい野良猫のお腹をもふもふ出来たのがせめてもの幸いか。

月末ということもあってお化粧買いが入るかなとも思ったがそうでもなく、むしろ日経はアメリカに引きずられる形で下落。むーん。まぁ、そんな中でも自分の手持ち銘柄の下げがこれだけで済んだのは、不幸中の幸いというべきか。

ちなみに今日は月末でもあるので月次報告を後程あげねばならないのだが、時間の関係で週末にまでずれ込むかもしれない。でも、ちゃんとデータはとってあるからご安心を。

2004.08.30

本日の含み益+243,300(前日比+2,110)

所有銘柄一覧には常日頃の表を使用。データは本日終値のものに差し替え。

銘柄数量単価終値損益評価額
サンユー建設200502.5700+39,500140,000
キーコーヒー1001,4701,487+1,700148,700
日本ライトン100400661+26,10066,100
ハウスオブローゼ1007501,400+65,000140,000
進和1108401,900+116,600209,000
タカラ200550522-5,600104,400

オリンピック。会場近辺での大きなテロ事件もなく、日本も大量のメダルを獲得し、無事に終了。安心感から多少は下げるのではないかなと思われた相場は、やはりちょっぴり下げた。とはいえ、今日の下げは誤差の範囲。明日は月末ということもあるので、多少は「お化粧買い」が入るだろう。むしろ来月に入ってからの相場動向が少々心配。ネガティブ、あるいはネガティブになりうるイベントが山盛りで待っているからだ。

……当方はといえば、どでかい台風の接近で気圧の急激な変化に影響され(気圧差過敏症とかいうものなのかも)、体調、特に呼吸器系が不調。よく眠れないわ、平常の時間帯でもぜーはーしてるわで、ただでさえ体力の消耗が激しい薬を治療のために飲んでいるのに、さらに体力消耗モードで、大変なことになっている。生きているだけ神様に感謝しなきゃ、とは思うのだが。

2004.08.29

リコーリース(8566)からアンケートが来た

前にもちょっと触れたダイドードリンコ(2590)のように、上場会社の中には株主で無くとも、資料請求を一度行うと、時々株主宛の資料やレポートを送ってくるサービスを実施しているところがある。「気に入ったら(また再び)株主になってね」ということなのだろうが、好感が持てることに違いはない。

今回リコーリース(8566)から送られてきた資料もその類。株主総会用の決算報告書が同封された封筒に、「過去に株主であったことのある方々に対する弊社の理解を云々」という形で、簡単なアンケート用の葉書が用意されており、回答者全員にコカ・コーラ社製品500mlペットボトル4本と交換できるギフト券をプレゼントするという……あれ?

リコーリースの株式は確かに保有していた。しかもかなり前。株式投資を始めた直後に購入し、結果として高値づかみになり、去年の秋にようやくちょっとした利益を出して売却できた(……が、その後も株価は上昇し、ちょっぴり後悔中)。

この会社、名前の通りリコー系のリース会社、しかも法人向けのものが中心。詳しくは四季報をご覧いただきたいが、非常に健全な経営を行っており、毎期の増収増益を達成している。手元の資料では2004年3月期において9期連続の増収増益を達成したという。が、同時に株主に対しては少々しぶちんなところもあり、優待制度はないし、配当利回りも1%を切っている状態。同じく同社の株式を持っているらしい人も「ケチだからねぇ。だからこそ経営が安定しているのかも」とため息交じりで語っていたのが印象に残っている。

で。株主だった際に当然のことながら株主総会への案内状やらアンケートやらの手紙が来たのだが、そこで「ちょっとした商品で良いので株主優待を新設してくれると嬉しい。個人向けリースはしてないから御社の割引券云々はムリだとしても、例えば飲料水のギフト券のようなささいなものでも、株主は大変喜ぶものだ」と書いた記憶がある。

今後リコーリースが毎年株主(など)にアンケートを実施し、そのご褒美に今回のような「ちょっとしたギフト」をプレゼントするとすれば、実質的に株主優待の新設と同じと考えてよいだろう。個人株主にも目を向けるようになってきたのかな、だとしたら良い傾向だなと思ったりして。

ちなみに。リコーリース(8566)は今現在の株価でもそれなりに割安感があるようなんだが、自分の今の株式投資向け資金や自己ルールではまだ買える水準にない。もちろん、何らかの理由でもっと下がったら検討するよう、監視対象銘柄ではあるのだが……。

2004.08.27

本日の含み益+241,190(前日比+890)

所有銘柄一覧には常日頃の表を使用。データは本日終値のものに差し替え。

銘柄数量単価終値損益評価額
サンユー建設200502.5691+37,700138,200
キーコーヒー1001,4701,482+1,200148,200
日本ライトン100400672+27,20067,200
ハウスオブローゼ1007501,390+64,000139,000
進和1108401,899+116,490208,890
タカラ200550523-5,400104,600

イラクでの戦闘がとりあえず一息ついたらしいこと、原油価格が先日から引き続き安値に移行しつつあることなどから、市場では一種の安心感が。とはいうものの、まだ週末には例の超大手スーパーの再生問題が残っているし、来週は月末ということで手仕舞いも含め何が起きるか分からないという不安も。短期売買をしている人なら、CPを高めていることは間違いなかろう。

手持ち銘柄では特に大きな上げ下げはなし。全部合わせて890円ではコメントのしようがない。そうそう、かつて単元株を保有していた某リース会社からちょっと面白い(というか感心させられる)書類が届いたのだが、これは週末にまとめてコメントする予定。

2004.08.26

本日の含み益+240,300(前日比-17,700)

所有銘柄一覧には常日頃の表を使用。データは本日終値のものに差し替え。

銘柄数量単価終値損益評価額
サンユー建設200502.5677+34,900135,400
キーコーヒー1001,4701,485+1,500148,500
日本ライトン100400687+28,70068,700
ハウスオブローゼ1007501,380+63,000138,000
進和1108401,900+116,600209,000
タカラ200550528-4,400105,600

日経、もみあい。昨日のロシア機の墜落がほぼテロによるものと確定され、8月度締めの権利落ち日ということもあり、大幅な下げが予想されたのだが、原油価格の下げに伴うキャッシュの移動が一部市場にも影響を与えたようで、終わってみればほぼプラマイゼロという感じになった。むしろ明日の方が「動向に注目」という感じかな。

手持ち銘柄では特に大きな上げ下げはなし。ただし、進和(7607)が分割の権利落ち日ということもあり、これを考慮した株価下落が行われており、結果として含み損が掲載されているような比較的大きなものとなってしまった。計算が間違っていなければ10月20日には11株が分割後の子株として無料で追加されることになる(その際、1株あたりの取得金額など一部の数値について再計算をしなきゃならんな)。

2004.08.25

本日の含み益+258,000(前日比+10,950)

所有銘柄一覧には常日頃の表を使用。データは本日終値のものに差し替え。

銘柄数量単価終値損益評価額
サンユー建設200502.5670+33,500134,000
キーコーヒー1001,4701,490+2,000149,000
日本ライトン100400695+29,50069,500
ハウスオブローゼ1007501,370+62,000136,400
進和1108402,080+136,400228,800
タカラ200550523-5,400104,600

日経、続伸。ロシアで旅客機関連のテロがあったもようだがまだ未確認ということもあり、本日の市場にはほとんど影響は与えなかった。また今日は、8月末締めの会社の権利確定日ということもあり、権利取得のために動いた向きも多少はあったようだ。

手持ち銘柄は昨日の反動というレベルであり、特に記述することもなし。分割を昨日発表した某大手ゲームメーカーにちょっぴり触手が動いたが、「分割したあとで拾えばいいや」と割り切ることにした。現行ではまだちょっと高すぎるし。

2004.08.24

本日の含み益+247,050(前日比-14,200)

所有銘柄一覧には常日頃の表を使用。データは本日終値のものに差し替え。

銘柄数量単価終値損益評価額
サンユー建設200502.5661+31,700132,200
キーコーヒー1001,4701,478+800147,800
日本ライトン100400708+30,80070,800
ハウスオブローゼ1007501,360+61,000136,000
進和1108402,025+130,350222,750
タカラ200550512-7,600102,400

原油価格は引き続き下落中で一息つきたいところだが海外発のニュースによればまだ油断は禁物のもよう(洒落、ではない)。まぁ一個人が騒いだところでどうにかなるものではないので、注意深く様子を眺めていくしかない。手持ち銘柄は昨日の上げを吹き飛ばすようかのような(実際吹き飛ばされたが)下げ。ここまで綺麗に下げてくれるとかえって美しささえ感じて……感じるわけ無いだろ。

ところでオリンピックではメダルラッシュが続いている日本だが、開始前にゴールドマン・サックス証券は日本のメダル獲得数が予想を上回って33となった場合、日本の経済成長率は6.4%とバブル経済真っ盛りだった88年以来の高水準となる、との試算を出している。

……

「メダル取得総数がすでに32個? 狂ってるよ貴様ら」
「ふうん 君らが狂気を口にするかね? GS広報部」
「ああそうだ。おまえ達はまともじゃない。おかげでこのままではGDP成長率が6.4%に達しうるという試算を現実のものとせざるを得なくなる」
「ありがたいことに私らの国の株価は君達が保障してくれるという訳だ。
よろしい ならば私も問おう。
君らの言葉の正当性は 一体どこの誰が保障してくれるのだね?
一体どこの誰に話しかけているか判ってるかね?
私が一国の頭首たる白髪の”変人”の姿でいれば良かったかな?
我々は単なる一個人投資家だぞ?
一体日本に同じような人間が何人いると思っているのかね?
わずかなキャッシュやストックをちまちまと呼吸するかの様に取引する集団にかね?
いかれてる? 何を今更!! 半月いうのが遅いぞ!!
よろしい!! 結構だ!! ならば私らを納得させるだけの買い注文を入れてみろ!!
自称健全大手証券会社諸君!!」

……

2004.08.23

本日の含み益+261,250(前日比+12,650)

所有銘柄一覧には常日頃の表を使用。データは本日終値のものに差し替え。

銘柄数量単価終値損益評価額
サンユー建設200502.5680+35,500136,000
キーコーヒー1001,4701,483+1,300148,300
日本ライトン100400713+31,30071,300
ハウスオブローゼ1007501,370+62,000137,000
進和1108402,085+136,950229,350
タカラ200550521-5,800104,200

原油価格が一時的な反落。自立反発にも助けられ、日経平均は久々に満足の行く上げかたをして場を終了。とはいえ先行きの不透明感からか、伸びは今ひとつという声もちらほら。チャート的には「天井ではじかれている」という意見もある。

手持ち銘柄では進和(7607)が急上昇。別段大きなニュースは無いが、分割及び配当などの権利確定日が近づいているため、権利取得のための買い注文が値を押し上げたのかもしれない。……って配当(1単元あたり2500円)はともかくとして分割比率は1対1.1だから大したものではないんだけどね。

2004.08.20

本日の含み益+248,600(前日比+6,500)

所有銘柄一覧には常日頃の表を使用。データは本日終値のものに差し替え。

銘柄数量単価終値損益評価額
サンユー建設200502.5680+35,500136,000
キーコーヒー1001,4701,483+1,300148,300
日本ライトン100400707+30,70070,700
ハウスオブローゼ1007501,350+60,000135,000
進和1108401,990+126,500218,900
タカラ200550523-5,400104,600

原油価格は高騰を続け、50ドルも間近。社会に広く使われている第一次的資源の高騰はじわじわと経済に悪影響を与えてくるので、実は現状よりもこれからが不安だったりする。物資の輸送に使われるトラックもガソリンを使用しているし、魚を採るための漁船も燃料として使うのは油。今後、さまざまな消費財の価格に上乗せされる可能性がある。

日本市場では例の某超大型チェーンスーパーの減資問題で、相場が乱高下。先日、アメリカのウォルマートが支援に乗り出すの乗り出さないのという話で高騰したせいもあり、手を出していた人も少なからずいたはず。それがいきなり減資発言で売り殺到→売買不成立となったのだから、眠れない週末を迎えることになってしまったのではなかろうか。元々知名度の高い銘柄だけに、比較的投資歴の浅い人が一発狙って資金の大部分を投入した途端に、なんてことにでもなっていたら目も当てられないが……なんか結構ありそうな話。

手持ち銘柄。タカラ(7969)が大幅上昇開始。逃げたスズメが鳩くらいにまで格上げされた気分。ちぇっ。

2004.08.19

本日の含み益+242,100(前日比+500)

所有銘柄一覧には常日頃の表を使用。データは本日終値のものに差し替え。

銘柄数量単価終値損益評価額
サンユー建設200502.5680+35,500136,000
キーコーヒー1001,4701,484+1,400148,400
日本ライトン100400705+30,50070,500
ハウスオブローゼ1007501,340+60,000135,000
進和1108401,970+124,300216,700
タカラ200550502-9,600100,400

原油価格は乱高下。にも関わらずアメリカ市場での株価上昇を受け、日本市場も今日は比較的景気の良い数字が出た。とはいえ手持ち銘柄は相変わらず一進一退。いや、まぁ、別にいいんだが、なんか物足りないような気がしなくも。

明日は金曜日。週末ということもあるので、多少は動きがあるかもしれない。

2004.08.18

本日の含み益+241,600(前日比-200)

所有銘柄一覧には常日頃の表を使用。データは本日終値のものに差し替え。

銘柄数量単価終値損益評価額
サンユー建設200502.5661+31,700132,200
キーコーヒー1001,4701,484+1,400148,400
日本ライトン100400725+32,50072,500
ハウスオブローゼ1007501,340+59,000134,000
進和1108402,000+127,600220,000
タカラ200550497-10,60099,400

オリンピックでは、やれ金だ銀だという景気の良い話が毎日のように飛び交っているが、昨日のベネズエラ云々の結果にも関わらず原油価格は再び高騰の動きを見せ、株価に与える悪影響が懸念されている。……って原油価格だけが株価下落の要因じゃないんだけどね。マインド的な問題とか、世界情勢の不安定さとか、米大統領選挙とか、9.11.が近づいているとか色々あるわけだ。国内に限っても、大手銀行の動向とか。それに元々、お盆休み前後以降秋口というのは、市場が冷え気味になるというのが常だし。

手持ち銘柄も特に大きな動きはナシ。指値注文しても約定しなかった銘柄があるが、約定しない以上コメントすることもない、と思う。まぁ、このブログ自体それほど影響力があるとは思えないけどね(苦笑)。

2004.08.17

本日の含み益+241,800(前日比+7,000)

所有銘柄一覧には常日頃の表を使用。データは本日終値のものに差し替え。

銘柄数量単価終値損益評価額
サンユー建設200502.5665+32,500133,000
キーコーヒー1001,4701,478+800147,800
日本ライトン100400737+33,70073,700
ハウスオブローゼ1007501,340+59,000134,000
進和1108402,000+127,600220,000
タカラ200550491-11,80098,200

世界第五位の石油産出量を誇るベネズエラで大統領を罷免するか否かの国民投票が行われ、結果として現大統領がその座を維持することが出来たもよう。大統領は石油の安定供給を宣言、(小さくはあるが)昨今の原油高の要因の一つが取り払われた形となった。まぁ、実際には1ドル前後しか影響を与えなかったようだが。

日本の株式市場は小幅高で終了。とはいえこの程度では誤差の範囲にしか過ぎない。むしろ新興銘柄が乱高下しているのが気になる。取引高が少ないだけに、ちょっとしたインパクトのあるファクターが加わると、さらに下げ基調が高まるのではないかという心配もある。

手持ち銘柄では先日もぶーぶー言っていたタカラ(7969)がさらに値を上げて、手が届かなくなる。買い増しラインギリギリのところで反転され、まさに「罠のすぐ手前でぷいと方向を変えて飛び立ってしまったスズメをただ見つめるだけのハナタレ小僧」な気分。まぁ、チャンスはまだある、と考えているので気長に気長に。

2004.08.16

本日の含み益+234,800(前日比-7,300)

所有銘柄一覧には常日頃の表を使用。データは本日終値のものに差し替え。

銘柄数量単価終値損益評価額
サンユー建設200502.5650+29,500130,000
キーコーヒー1001,4701,472+200147,200
日本ライトン100400721+32,10072,100
ハウスオブローゼ1007501,350+60,000135,000
進和1108401,980+125,400217,800
タカラ200550488-12,20097,600

日経平均は一時200円以上下げてパニック売りを誘ったがその後持ち直し、最終的には「多少の下げ」レベルにとどまった。ただし、自立反発以外の上げ要素が特に見つからず、下げ要素はあちこち……特に原油価格が高騰を続けストップしそうもない……に見受けられるため、今しばらくはずるずると安値更新を続けるのではないかという状況が続きそうだ。

テクニカリストの知人いわく、年初来最安値の10299円を切るようなことがあれば、下げ止まらないかもしれないと警告を発している。投資家のメンタル的な雰囲気からしても、1万円台を切ることになる、つまり4桁台突入ということになれば守りの傾向が一挙に高まりさらなる売りを誘うかも。

手持ち銘柄ではついにタカラ(7969)が買い増しラインに近づいたので、指値注文を出しておく。が、結局ギリギリのところで反転したようだ。まぁ、これから上昇を始めるのならそれはそれで良いし、明日また下がって買えるのならそれもまたあり。

2004.08.15

単位株数のお話

株券の現物をその場で手渡しするならともかく、ネット証券などで株式の数字上のやり取りをする場合、気になるのが「最小取引単位株数」。株式・商法用語ではこれを「単元(株数)」と呼ぶ。例えばヤクルト本社(2267)は1単元が1000株だし、吉野家ディー・アンド・シー(9861)は1株が1単元。

「単元」を「枚」と呼ぶこともあるが、ともあれ通常は単元株数未満での取引は行われない。例えば先の例なら、ヤクルト本社の株を買うには最低でも1000株分のキャッシュが必要。無論一部の証券会社では、「ミニ株制度」といって一部銘柄で1/10株単位での取引ができるシステムを導入しているが、制限は多いし商法的に株主としての権利を得られるわけではないので、ここでは省略しておく。

株価、つまり1株あたりの株式の値段があがってくると、当然ながら単元価格も上がってくる。場合によっては1単元で数百万もする銘柄もあって、ちょっとした投資家で無いととても手が届かない(取引できない)、ということにもなる。

平成13年9月4日に全国証券取引所と日本証券業協会が発表したアクション・プログラム「株式投資単位の引下げ促進に向けたアクション・プログラム」によれば、現行上場会社をも含めて将来的に上場会社すべてが投資単位(つまり1単元あたりの価格)を50万円未満とするべく努力する、とある。

……まぁ、「努力目標」なんであって「絶対やらなあかん」というわけではない。法的拘束力も無い。そんなわけで、現在にいたるまで、ちーとも動きの無い上場会社もあるし、新規上場会社の中にも「どう考えてもアクションプログラム読んでないだろ」的な初期価格設定をしているところが少なからずある。残念といえば残念。

だがその一方で、少額投資家の増加により単元株数の引下げを行う努力をしている会社も増えてきている。単元株数を引き下げることで、会社の負担は増えるが、株主数は増えるし投資家にとっての投資環境の整備にプラスとなり、さらに株式の流動性も高くなるというメリットもある(かといって某社のように次から次へと分割やら単元株数を引き下げるのも考え物だが……)。

単元株数引下げの情報は、近々のものであれば各自が使用しているネット証券会社で告知するはずだし、引下げが決定された時点で東証などによって正式リリースとして告知されるので、それをチェックすれば良い。

来月・再来月中に単元株数を引き下げる会社の中で、個人的に注目しているのは……

■9月1日実施(1000株→100株)
紀文フードケミファ(4065)
タカショー(7590)

■10月1日実施(1000株→100株)
三国コカ・コーラボトリング(2572)
エステー化学(4951)

このあたり、かな。すべてにツバつけられればそれがベストなんだろうけど、それは(たとえ単元株数が引き下げられても)難しいだろうなぁ(ため息)。

粟村製作所(6359)、民事再生手続開始申し立て

NIKKEI Netなどが報じたところによれば、大証第二部に上場している、ポンプメーカーの粟村製作所(6359)は8月14日、民事再生法の適用を大阪地裁に申請した。今月19日と来月24日に控えた1億円の社債償還の資金繰り手当てが出来なかったことによる模様。なお、週末に申請が行われたためか、現在のところ東証の適時開示情報閲覧サービスなどでは情報の公開は行われていない。大株主構成における主力銀行は新生銀行(4.9%)、りそな銀行(3.7%)、あおぞら銀行(3.5%)、UFJ銀行(2.4%)などが見られる。

……にしても。保有銘柄でなかったからよかったものの、俗に言う「貸し渋りによるキャッシュフローがうまくいかないことによる倒産」というパターンがまた一つ生まれたわけで。先週末終値も134円と額面割れしてないのに、と思っている人も多いのではないだろうか。

2004.08.13

本日の含み益+242,100(前日比+4,900)

所有銘柄一覧には常日頃の表を使用。データは本日終値のものに差し替え。

銘柄数量単価終値損益評価額
サンユー建設200502.5672+33,900134,400
キーコーヒー1001,4701,477+7000147,700
日本ライトン100400739+33,90073,900
ハウスオブローゼ1007501,360+61,000136,000
進和1108401,960+123,200215,600
タカラ200550499-10,20099,800

ただでさえお盆休みで閑散状態、SQで少なからぬ市場参加者の目がそちらに向けている時に、GDP速報が予想されていた値よりはるかに下だったこと、イラクで大規模な戦闘があった関係で原油価格がさらに高騰したことなど、嫌気する材料がてんこもりに登場し、日本株も大幅安へ。今日のアメリカ市場が引きずられるようなら、月曜はもっと怖いことになりそう。

一方手持ちでは、進和(7607)の頑張りが他の銘柄の多少の下げを吸収し、全体としては含み益がプラスへ。ただやはり月曜以降の下げが懸念される。

2004.08.12

本日の含み益+238,600(前日比-100)

所有銘柄一覧には常日頃の表を使用。データは本日終値のものに差し替え。

銘柄数量単価終値損益評価額
サンユー建設200502.5679+35,300135,800
キーコーヒー1001,4701,480+1,000148,000
日本ライトン100400739+33,90073,900
ハウスオブローゼ1007501,360+61,000136,000
進和1108401,900+116,600209,000
タカラ200550504-9,200100,800

今日は日経はちょい下げで、手持ち銘柄の含み益も誤差レベルではあるが一応下げ。特に大きな動きもなく、コメントすることも特にナシ。あえて語るとすれば、タカラ(7969)が反転を始めたような気運が見られること。買い増しラインギリギリで反転するとは、タチの悪い奴だ。ともあれ、お盆休み中の閑散とした市場で、そんな大きな動きがあるようなこともあるまいて。

とはいえ、明日はSQでしかも13日の金曜日。GDPやら何やらの発表もひかえていることだし、今日よりは波乱の一日となりそうである。

2004.08.11

本日の含み益+238,700(前日比+5,500)

所有銘柄一覧には常日頃の表を使用。データは本日終値のものに差し替え。

銘柄数量単価終値損益評価額
サンユー建設200502.5679+35,300135,800
キーコーヒー1001,4701,487+1.700147,800
日本ライトン100400739+33,90073,900
ハウスオブローゼ1007501,360+61,000136,000
進和1108401,900+116,600209,000
タカラ200550501-9,800100,200

本日も日経平均はわずかながら上げ。今日はその恩恵をちょっとだけ受けられたようだ。とはいえ、昨今では全体的に軟調なのがちょいと気になるところ。まぁメガバンクやハイテク銘柄のように、市場の中心になって他銘柄をぐいぐいとひっぱるタイプのものではないので、仕方ないといえば仕方ないのだが。

昨日の件とは別で、台風がまた近づいているせいか、体調が段々と思わしくなくなってきている。考えてみると今年はまさに台風の当たり年。次から次へと日本上陸をもくろむ台風がやってくる。おかげで水不足の心配はしなくてもよさげだが、その分洪水災害などの被害が酷い。今現在、私個人は別に農業に携わっているわけではないのだが、小さい時分には色々な事情から農業と浅からぬ関係にあったりしたもの(実際に裸足で田んぼに入って手で苗を植えて田植えの手伝いをしたり、稲穂の刈り取りや天日干しの手伝いもした)で、そういう点が色々と気になったりする。

しかし先日のちよすけ原発(をぃ)での事故の原因といい、次々に発覚するも開き直るところまで出だした温泉水質偽証問題といい、日本人が誇れたはずの一般常識という点での「倫理観」を忘れた人が増えてきているのではないかと危惧する事件が次々起こり、毎日のようにため息が出たりする。あるいは(本来の)日本人「以外」の気質を持つものたちが悪い見本を見せ、「こうやった方が楽だよ~勝ち逃げだよ~黙ってりゃわかんないよ~」と誘導しているのかも。

取材内容を録音しないという約束でインタビューしながらこっそり録音し、さらにはその取材相手にとって不利益になるような人物に渡し、倫理観を問われてもわけの分からない屁理屈で自分を正当化するような、記者として、いやそれ以前に人間としての最低限の倫理すら守らない記者の首を切りながら事情をちーとも説明しない、自称「一番受験に役立つ」という新聞なんかも一つの例ではないかな……とか。ネットが普及してくると、これまで見えなかった部分が見えてくるので、これまで以上に色々と考えさせられる今日この頃なのであった。

む。ちょい株の話に戻して。ゲームのライター時代にお世話になった、ある大手ゲームメーカーの営業さんやその他の人たちが独立して立ち上げた会社の株価が急落している。ビジネスモデルが立ち回らなくなったのと、とてつもない赤字を出しているからのようだ。連日のS安で売れ残りが出まくりの状態。現在、値幅制限に救われている状態だ。個人的にも重点監視状態。どこまで下がるんだろうか……。

2004.08.10

本日の含み益+233,200(前日比-3,200)

所有銘柄一覧には常日頃の表を使用。データは本日終値のものに差し替え。

銘柄数量単価終値損益評価額
サンユー建設200502.5665+32,500133,000
キーコーヒー1001,4701,484+1,400148,000
日本ライトン100400750+34,50074,500
ハウスオブローゼ1007501,350+60,000135,000
進和1108401,880+114,400206,800
タカラ200550502-9,600100,400

日経平均は微妙に上げて場は終わったが、手持ち銘柄の含み益は下げていた。まぁ、「そういう時期」なのだろうなぁとあきらめ半分。何らかのトラブルなり不祥事が起きて下げているわけではないので、ひたすら安定するのを待つしかない。

昨日は現FP(ファイナンシャル・プランナー)で株投資の先輩、元お仕事(ライター時代)の上司な人と焼き肉を食べにいく。ただ「肉を食う」というのは大義名分に近く、色々な情報交換がメインだったりする。自分の身分その他を隠さず、ざっくばらんにさまざまな意見や情報のやり取りをするのはとてもためになるし役立つことも多いし、お互いを「磨く」ことにもなるので、数ヶ月に一度はこういう催しをすることにしている。特に、何の気兼ねもせずに株関係の話が出来るのが嬉しい。

とはいえ自分が去年末から病気で半ば死んでいたので、今回は半年ぶりだったのだが……やはりその知人からは「顔色が悪い」「”気”が弱ってるように見える」などと指摘される。分かる人には分かるのだな、と納得。ただ、自分自身が完全な健康体の時の感覚で歩いたり喋ったり食べたりしたので、自宅に戻ってから反動が酷く、昨日の夜はげろげろべっちょんな感じだった。

今日はある意味特別な日で、ちょっと奮発して美味しい物を食べるなり贅沢してもよかったのだが、まだ反動の一部が残っており、結局近所のスーパーと薬局で買物して、昼寝しておしまい、みたいな一日。ある意味、贅沢な時間のすごし方かもしれないが。

まぁ、一年に一度の日、こんな時間のすごし方をした日があってもいいだろう。多分。きっと。

2004.08.09

本日の含み益+236,400(前日比-3,600)

所有銘柄一覧には常日頃の表を使用。データは本日終値のものに差し替え。

銘柄数量単価終値損益評価額
サンユー建設200502.5665+32,500133,000
キーコーヒー1001,4701,483+1,300148,000
日本ライトン100400750+35,00075,000
ハウスオブローゼ1007501,350+60,000135,000
進和1108401,900+116,600209,000
タカラ200550505-9,000101,000

今日は所用であちこち出かけて通常の数倍の距離を歩いたのに加え、暑さで大量の汗をかいて疲れたせいか、体調がぐたぐた。今帰ってきて体力・精神力回復の余裕もないので、コメントなどは明日まとめて……。

2004.08.06

本日の含み益+240,000(前日比+2,600)

所有銘柄一覧には常日頃の表を使用。データは本日終値のものに差し替え。

銘柄数量単価終値損益評価額
サンユー建設200502.5680+35,500136,000
キーコーヒー1001,4701,475+500147,500
日本ライトン100400760+36,00076,000
ハウスオブローゼ1007501,340+59,000134,000
進和1108401,900+116,600209,000
タカラ200550512-7,600102,400

米国市場の大幅な下げで、日本市場も大暴落するのではないかという懸念があったが、まぁ、「それなりの」下げでとどまってまずは一安心といったところか。とはいえ、終値で1万1千円という一つの「心の支えどころライン」を切ってしまったわけだし、来週以降は盆休みなどで取引も閑散なものになるだろうし……まだまだ弱含みの展開が続くものと思われる。少なくとも大暴騰、といったことはありえないだろう。

手持ち銘柄は半ば迷走状態。合計としては含み益が増えたのでよし、とすべきなんだろうか。あんまり嬉しくないのがナニなところ。

2004.08.05

本日の含み益+237,400(前日比+1,700)

所有銘柄一覧には常日頃の表を使用。データは本日終値のものに差し替え。

銘柄数量単価終値損益評価額
サンユー建設200502.5661+31,700132,200
キーコーヒー1001,4701,478+800147,800
日本ライトン100400757+35,70075,700
ハウスオブローゼ1007501,350+60,000135,000
進和1108401,900+116,600209,000
タカラ200550513-7,400102,600

今日はちよっぴり上げた日本市場。が、半ば以上自立反発みたいなものだし、ここ数日の下げ率を考えるとあまりにも弱弱しすぎる。明日は金曜だし、今日の上げなど吹き飛ばすほどに下げまくるのではないか……といまから心配。

昨日書き込みが遅くなったのは、病院に行っていたから。どうやらもう胃カメラなどは飲まなくてもすみそうだ。が、薬の数や種類はまだ同じ。一か月分ということで用意された山盛りの薬を目の前に、再び気が重くなる。

2004.08.04

本日の含み益+235,700(前日比-9,450)

所有銘柄一覧には常日頃の表を使用。データは本日終値のものに差し替え。

銘柄数量単価終値損益評価額
サンユー建設200502.5680+35,500136,000
キーコーヒー1001,4701,480+1,000148,000
日本ライトン100400758+35,80075,800
ハウスオブローゼ1007501,350+60,000135,000
進和1108401,840+110,000202,400
タカラ200550517-6,600103,400

昨日に引き続き、新興産業を中心に日本株下げ基調。まぁ、自分の手持ち銘柄の含み益が減っているのも事実なのだが、それ以上に今年の春先前後に一般週刊誌に誘われるがままに投資を始めた人でどれだけの被害が出たことか……。

監視対象銘柄を見てみると、そろそろ買いシグナルが点灯するものも出てきた。が、キャッシュポジションが少なめなのと、下手すると9月くらいまで、あるいは米大統領選挙の終わる11月くらいまでは低調さが続くかもしれない。その事を考えると、あまり拙速に動くのもどうかな……と思ったりして。お金が無いならないなりに色々と考えることはあるのだ。

2004.08.03

本日の含み益+246,150(前日比+2,740)

所有銘柄一覧には常日頃の表を使用。データは本日終値のものに差し替え。

銘柄数量単価終値損益評価額
サンユー建設200502.5685+36,500137,000
キーコーヒー1001,4701,488+1,800148,800
日本ライトン100400780+38,00078,000
ハウスオブローゼ1007501,350+60,000135,000
進和1108401,895+116,050208,450
タカラ200550519-6,200103,800

昨日に引き続き本日も日本市場は下落。特に、ここ数年の間に上場し一部では過剰評価ではないかとされていた新興銘柄の下落が著しい。そのような銘柄は得てして、新しい投資家が一般雑誌などで煽られて購入している場合が多く、リスク回避などの経験も薄いため、いきなり大ダメージを受けてしまうことが多い。

かくいう自分もネット証券が広まりだした2002年中ごろから株式投資を始めたため、とてもじゃないが「初心者」の域は抜け出してはいないが、元々タネ銭が少ないのと性格的に慎重なこと、そして何よりも2002年後半の株式不況を身を持って体験して経験と為しているので、まだマシなのかもしれない。

手持ち銘柄では日本ライトン(2703)が急騰。場が閉まる数分前に突然上昇している。なぜかしらと思って調べてみたら、15時ちょっと前に業績見通しの上方修正を発表しているのが分かった。なるへそ。

「ちょっと前」といえば、エイベックス(7860)が昨日の引けから妙な動きをしていた。昨日の引けでかなり大きな買い注文がまとめて入り、今日も前場開場前までストップ安の気配だったのが(買い注文の十倍ほどの売り注文が殺到していた)、開場した途端にすべての売り注文を買いつくすかのような大きな買いが入り、株価は急上昇。後で調べてみると、今日の8時58分に、株価を下げる最大の要因が解消されたとのリリースが東証を経由して発表されていた……
 
とはいえ、「情報周知のための取引停止措置」を避けるようにすら見える、開場2分前に株価を大きく左右するようなリリースの発行や、前日の大型買い注文など、今件には「妙な」動きが多すぎる。個人投資家からはさまざまな点で疑問の意見が噴出しているようだし、あるいは公的機関が動き出すようなことがある……かもしれない。

2004.08.02

本日の含み益+243,410(前日比-6,890)

所有銘柄一覧には常日頃の表を使用。データは本日終値のものに差し替え。

銘柄数量単価終値損益評価額
サンユー建設200502.5685+36,500137,000
キーコーヒー1001,4701,488+1,800148,800
日本ライトン100400738+33,80073,800
ハウスオブローゼ1007501,350+60,000135,000
進和1108401,901+116,710209,110
タカラ200550523-5,400104,600

テロ懸念の拡大と原油価格の高騰収まらず、という辺りからか日経平均は続落。特に新興銘柄、上場間もない新規銘柄の落ち込みが激しかったようだ。あと数日この状態が続くとなると、お盆休みは冗談抜きで「たくさんの(個人投資家の)霊が……」なんてことになりかねない。

個別銘柄では自己続きの某大手自動車メーカーや、先日分裂状態となってしまった某大手音楽プロダクション辺りが面白い値動きをしている。数年くらいのスタンスで考えれば、あるいはもう少し下がった時点で……とも思えるのだが(特に前者については大手ファンドが入ったし)、まだまだ早いかも。

手持ち銘柄のうち進和(7607)は元々上昇幅が大きかったのと出来高が少ないので、下がるときには一気に下がる傾向がある。ここ数日はその傾向を維持することだろう。とはいえ、買い増しラインまで下がるかどうかというと、それもまた疑問。なんにしてもロクに動かせるキャッシュがない以上、「山」の気持ちでどっしりと待つしかないようだ。

2004.08.01

2004年7月度月間業績報告

 「夏休みが終わるまでに云々」ということでお約束していた最後の項目である「金融資産動向のグラフ化」について、どうにか月単位での動向を定期的に表記出来る目処がたったので、とりあえず7月末までの分についてグラフ化をしてみた。ちなみに両グラフともクリックすれば大きなサイズのものが表示される。

 まずは月単位での累計確定益・含み益。2003年1月からの累計になっている。株式投資はその半年くらい前の2002年半ばから行っているが、(前にも触れた通り)2002年の分は月間での計算をしていないため、グラフからは除外。

月間確定・含み益

 続いて、月末における金融(株式関連)資産の合計と、累計投入資金(つまりタネ銭)。特に後者については、出入金が激しい結果、現在のような額になっている。こちらは月単位でのデータをこれまで採ってこなかったので、とりあえず7月末分から。

総合金融資産・累計投入資金

 今後は一ヶ月単位で、こんな形で掲載を続ける予定だ。

« 2004年7月 | トップページ | 2004年9月 »

最近の写真