最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 大和証券開催の個人投資家向け企業説明会報告(2005.4.23.) | トップページ | 本日の含み益+248,877(前日比+1,975) »

2005.04.24

【雑談】企業説明会に参加する理由(わけ)

最近月に二度ほどは開かれるようになった、大和証券主催の個人投資家向け企業説明会。入院前後の一時期はやむなく欠席したが、それ以外は一番最初の回からほぼ毎回出席している。

参加してもバイト料がもらえるわけでは無く、将来はともかく直近では自分の投資スタンス・方針に大きな影響を与えることもほとんどない(残念ながら参加企業銘柄を買えるほど自分の投資額は大きくない)。株主優待のアイテムと同じ、あるいは粗品程度のお土産はもらえるが、それが主目的なら日掛けのアルバイトをした方がマシ。ではなぜ参加するのか。

暇だから……ではなくて、次に挙げるような理由から。


(1)上場企業トップを間近で見られる
ミーハーかもしれないが、これが一番大きな理由。広報担当しか来ない企業も中にはあるが、大抵はトップ(社長)が出席して自ら説明を行う。上場企業のトップの肉声を間近で聞き、その姿を見られるなど、その企業の株主でも滅多にない体験が無料で、株主でなくとも出来る。もちろん席は出来るだけ前を陣取り、少しでも近くのポジションをキープ。

単純にミーハー云々というだけでなく、上場企業のトップなら大抵が持っている何らかの活力、オーラ、カリスマ的力、魅力……そういうものをリアルで接し、そのおこぼれでも自分に取り入れられればな、という想いもある。

また、企業トップの性格や態度から、会社全体の状況、将来性を推し量ることも可能だ。トップですべてが決まるわけではないが、逆にトップによって決まる部分も少なくないはず。


(2)詳細資料が受け取れる
企業説明会では、恐らく株主向けに配布されているのであろう企業の経営方針や活動内容を説明する各種資料が配布される。さらには説明会で解説する際のパワーポイント向け資料のプリントアウトされたものが配られることもある。これらの資料は実際にその企業の株主総会に参加するか、資料請求をしないと手に入れることは出来ないモノ。後者の場合は送られてくるかどうかもわからない。

説明会に参加する企業はいずれも、「個人投資家に自社株を買ってもらおう」「自社のことを知ってもらおう」という意図がある。それゆえに、提供される資料も懇切丁寧なものが多い。対象企業を良く知るにはもってこいの素材といえよう。


(3)企業のシステムを参考に出来る
上記二つのポイントと類することだが、企業の詳細を伺うことで、自分自身が所属する会社にとって参考となるシステムや仕組みのヒントを得られる場合がある。昨今では特に、株主総会向けの資料作成の際、どのようなビジュアル、表組みをすれば良いのかなどが役にたった。


会社説明会に参加しているのは、主に以上三点の理由から。もちろん貴重な土曜日の半分以上を潰してしまうのは辛いところがある。だけど、一回一回の参加では際立った成果はないものの、継続して参加することで少しずつ自分にプラスとなるであろうと考えている。

« 大和証券開催の個人投資家向け企業説明会報告(2005.4.23.) | トップページ | 本日の含み益+248,877(前日比+1,975) »

雑談その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 大和証券開催の個人投資家向け企業説明会報告(2005.4.23.) | トップページ | 本日の含み益+248,877(前日比+1,975) »

最近の写真