最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »

2005年5月

2005.05.31

本日の含み益+236,694(前日比+5,987)

所有銘柄一覧には常日頃の表を使用。データは本日終値のものに差し替え。

銘柄数量単価終値損益評価額
ライト工業200420417-60083,400
三国コカ・コーラ1009921,041+4,900104,100
キーコーヒー1001,4701,467+1,000148,000
日本ライトン100400883+48,30088,300
ハウスオブローゼ1007501,354+60,400135,400
進和1217631,777+122,694215,017

  <⌒/ヽ- __ (空は晴れても心は雷雨)
/<_/____/ (涙も枯れ果てた)
         

先日からモニターしている【新日本建物(8893)】は今日も小幅安で終了。やはり先日の上げは一時的なものでしかなかったようだ。目指せ450円台回復(?)。そこで待ってるよん。似たような銘柄としては、以前保有していた【サンユー建設(1841)】があるが、こちらは高値で安定しちゃってるんだよねぇ……。また500円くらいに戻ってくれないかしら。1株株主資本を見る限りでは無理っぽいけど。600円くらいに妥協点をかさ上げしようか。

手持ち銘柄は前日比プラスの銘柄が多かった。【三国コカ・コーラ(2572)】は今日も下げてしょぼーん状態が続いているが、原因は不明。ある人曰く、新製品がまずかったからでは、ということなのだが、そんなことでここまで下げるものだろうか。飲み物系といえば、【キーコーヒー(2594)】が堅調。もう一つ狙っている類似銘柄とツインでキープしたいところではあるが、なかなかCPが確保できないのが困りどころ。

今日一番の上げとなった【進和(7607)】だが、これは単に出来高が少ない銘柄特有の「気まぐれな上げ」に他ならない。権利確定前後までは、1600円~1800円台をいったりきたりするんだろうな、一部上場の話があがってくればまた期待の買いが入ってくるだろうから……と捕らぬ狸の何とやら。

【雑談】♪ミスレターフロムニュージーランド

会社に来てみると(pi-)から自分宛にお手紙が届いていた。全部英文の中身を読んでみると、オーストラリアだかニュージーランドにある観光会社からの請求書らしい。なんでやねん。まったく身に覚えがなかとよ。

振り込め詐欺にしては手間隙がかかり過ぎている。会社の上役が自分の名前で頼んだものかもしれないと思い確認したら「そんなことをすると思っているのなら心外だ」と怒られた(「一人につき一つだけ」とかいうキャンペーンで二つとか三つ欲しかったから使ったかという意味だったのに……)。

「こんな形でオーダーしてきましたよね」とオーダーシートのコピーも添付されていたので読んでみたがもちろん英語。書いた記憶などまったくなし。で、よく内容を読み返してみると、「送り先」ではなく、「送り元」の会社名が自分の会社とたまたま同じ。

……(pi-)の応対ミスかよ。しかも、「送り元と送り先の取り違え」だけでなく、「送り先(元)自身の間違い」というダブルミス。オーダーシートには正しいアカウントナンバーも記載されているのに、それを無視して名前だけで判断したようだ。

もちろん朝一に(pi-)に電話して事情を説明。だが現在に至るも返答は無し。まぁ、当方としては実害はないのだが、この会社にしても、オーダーした本人にしても迷惑な話だろうなぁ。旅行パックの料金のようだから、もしかすると旅行そのものがおじゃんになったりして。

相手が日本人なら電話で教えてあげることも出来るんだが、オーストラリア(ニュージーランド)ともなると、電話賃だけでも大損ぶっこいてしまう。(pi-)の対応を待つしかなさそうだ。

2005.05.30

本日の含み益+230,707(前日比+3,590)

所有銘柄一覧には常日頃の表を使用。データは本日終値のものに差し替え。

銘柄数量単価終値損益評価額
ライト工業200420417-60083,400
三国コカ・コーラ1009921,042+5,000104,200
キーコーヒー1001,4701,467-300146,700
日本ライトン100400890+49,00089,000
ハウスオブローゼ1007501,356+60,600135,600
進和1217631,730+117,007209,330

  <⌒/ヽ- __ (土日はテンションどん底)
/<_/____/ (どうすりゃいいんだか)
         

先日いきなり何の理由も無くストップ高となったワイン優待銘柄こと【新日本建物(8893)】は小幅安で終了。今日に至るも上げの要因は見つからず、単なる気まぐれによる買い上げか、あるいは仕手筋が動いたものと思われる。当方としては、揺り返しによる価格下落を拾いたいところではある。また、「20000円を切ったらまた買ってみよう」と考えていた【鷹山(6830)】は大幅反発。これだから……自分の不甲斐なさに馬場チョップ。

手持ち銘柄は高安マチマチ。【三国コカ・コーラ(2572)】が相変わらず下げ続けているのが不気味な感じ。業績悪化の報があるわけでもなし、いったい何があるのだろうか。また、底値付近で買ったと確信していた【ライト工業(1926)】は前日比7円高で場を終える。このまま調子よく上昇してくれるとありがたいのだが。目指すは500円。ちょっと高望みか。

先日会食をした知人との話で持ち上がった銘柄や、アラートが鳴った監視銘柄を指値買い注文したが約定せず。まぁ元々CPがスズメの涙ということもあるし、無理に「買いたい病」を発動させることもないか。

2005.05.29

ローソンの100円ショップ、STORE100レポート

先日【WBS】でも紹介された、【ローソン(2651)】の新機軸ショップ【STORE100】。そのアンテナショップであり第一号店でもある、東京都練馬区店が自宅から案外近く(自転車で10分強)の場所にあることを確認。物好き回路に電流が流れまくった自分としては、行かないはずがない。気がつけば地図を片手に自転車のペダルをこいでいた(※もちろん比ゆ的表現。片手運転しちゃいけません:P)。

STORE100練馬店
(STORE100練馬店)

場所は地図で見れば分かる通り、目白通りからちょっと奥に入った住宅街の一角。二階には学習塾が入っているビルの一階部分。商店街ではなく、露地にあるごく普通の店。ローソンというと青地の看板が目に付くが、この「STORE100」は緑色がシンボルカラー。ただ、正直この色の選択は再考の余地があるかも。新店舗のはずなのに、どうも色合いに新鮮味が感じられない。逆に言えば「馴染んでいる」ということなのか。

店舗の入り口には、WBSでも紹介されたポテトチップスをはじめ、キャベツやバナナなどお買い得商品が105円(税込)で販売中。中には生鮮食品はもちろん、パン類、各種食材、飲料水、さらには文房具やアイス、各種週刊誌などが発売されていた。ぱっと見ではコンビニより販売品目の種類が多い総合食品雑貨店といったところ。もちろん他の100円ショップ同様、100円の商品だけでなく、200円や300円のものも数多く並べられている。

具体的な商品については、これもWBSで語られていた通り「最新の新商品」や「先行販売品」はほとんど無かったものの、いわゆる定番アイテムはそれなりに揃っている。話では「オーソドックスなもの以外に、一般のローソンなどでは販売動向が鈍くなったアイテムを積極的にSTORE100にて販売云々」ということだが、それもうなづける。

誤解の無いように書いておくが、「販売動向が鈍くなったアイテム」とは賞味期限切れ間近のものを意味しない。斬新さに欠けるようになったり、新商品が出て世代的に古くなったものと言う意味。

公式サイト上で語られていたコンセプトの一つに、「例えばご老体の方々など食品を少量だけ買いたい人へ」というのがある。実際、惣菜コーナーには100円でたくさんの種類の惣菜が目についた。それが見事に的中したのか、客層は半分以上、恐らく2/3強は50代以降の方のように見受けられた。元々、高年齢層が多く住むと思われる地域なだけに、この店は彼らには喜んで迎え入れられることだろう。

営業時間は7時~23時。一般のスーパーや八百屋などの小売店よりは便利であることに違いない。

一回り内部を見て回ったが(もちろん正式な取材の形式をとらなかったので、内部写真はナシ)、ローソンっぽさを示す商品もいくつか見受けられたものの、ほとんどは「他の100円ショップでもありそうな商品」ばかり。ローソンの社内から見れば、一般のローソンでカバー出来ないエリアへの進出を検討する際の選択肢が広がる、という意味ではプラスだろう。が、例えばダイソー(大創産業)※や【九九プラス(3338)】などとの差別化も模索しないと、彼らとの競争に勝ち残るのは難しいかもしれない。一方で先行となるこれら100円ショップも戦々恐々。特に後者ではSTROE100の発表後、株価の下落傾向が見受けられる。

もちろん競争においては、既存の通常スタイルのコンビニ経営で勝ち得たノウハウのうち、活用できるものはどんどん活用する必要があるだろう。また既存コンビニとの相乗効果も図れるよう模索しなければならない。

ローソンの計画では、2008年2月末までにSTORE100スタイルの出店数につき、700~1000店舗を目指すとしている。

ちなみにこの練馬店、向かいにある和菓子屋の店員の話によれば、前には【某『♪いい気分』のコンビニ】があり、それが撤退したあと九ヶ月間ほど空き店舗だったとのこと。立地条件が良い、とはいえないので、「それでもこの店に来たい」と多くの客に思わせるような魅力を提供し続ける必要があるはずだ。

※「ダイソー」につき、「大創産業」と間違って化学関連銘柄の「ダイソー(4046)」を表記していました。ここに謹んでお詫び申し上げます。また、ご指摘いただいた有志のS様、ありがとうございました。

大和証券開催の個人投資家向け企業説明会報告(2005.5.28.)

ストリーミングによる中継云々と前回の枕で語ったが、【大和IRのページ】を見てみたら説明会は諸般の事情で無いものの決算説明会の動画配信がされていることが分かりびっくりした、大和証券開催の個人投資家向け企業説明会。今回も簡単にメモ書き程度のまとめを。今回対象となった企業は二社。【サンテレホン(8083)】【パスポート(7577)】


【サンテレホン(8083)】
産業機械などリース主体。情報通信卸ではLANやWAN向けが成長。工事請負も……とあるが、実質的には情報通信事業とリース事業が半々くらいの会社。事実上日本初のリース会社ということらしい(金融リースでは日本リースが最初とのこと)。

近年の業績横ばい傾向に対し、V字回復ならぬJ字回復を目指すための「Plan J」を発動中で、業績アップの手法としては資産の積み上げ、IP電話関連の重点化、セキュリティサポートへの注力、独自商材の増強などを掲げる。また、配当については8円だったものを利益連動型にするかどうか検討中だという。

電話などの情報卸し業とリースの連動性は分かるし、株価も今年に入ってからじわじわと上昇しているので、この方面の銘柄に着目している人には要チェックかもしれない。ただ、自分には「ピン」とくるものが無かった。

お土産は図書カード500円分と多色ボールペン。


【パスポート(7577)】
「かわいい」をメインテーマに据えたインテリア雑貨・生活雑貨専門店、駅ビル等への直営出店とFC併営。首都圏地盤とのこと。商材については独自商品の他に、メーカーからの買取、さらにはメーカーとの共同開発品などもあるという。

各店舗ごとに仕入れ品オーダーを任せ、POSによって売れ行きを監視。目立つ動きがあれば本部からリサーチをかけて討議するという方式を採用。また、業績の停滞を打開するため中長期計画として「MAP」(More Available Passport、もっと使えるパスポートという意味の造語)を発動中。さらに米国の類似店をモデルにしたライフスタイルセンターの開設も。また、ネット販売ショップ【しあわせ雑貨bao-bab.net】も昨年末にオープン。

社長の意気込みは感じられなくもないのだが、「挨拶が出来ないなど店員の教育がなってなかったので今後はしっかりと」とか「赤字を脱却した後気が抜けて減収となった」とか、「人件費を抑制する」「店員の教育を徹底する」という相反する主張をしたりなど、疑問符を投げかけたくなるような主張を相次いで行うあたり、少々気になるところではある。また、中国からの輸入雑貨がかなりあるにも関わらず、中国リスクについて一切触れなかったのもどうなのかな、と。

業績とは直接関係ないけど、パンフレットの写真と本人の写真、全然印象が違う。いつの写真ですか(苦笑)。

お土産はタオル1枚。実用的。


今回は二社のみ。投資対象になりうるものは、自分の判断ではナッシング。

さらに今回は一社分の時間を使って、大和IRから株式投資に関して現状の分析講演が行われた。一言でまとめると「これから景気よくなるから株買いなさい」。ありきたりというか何というか。そもそも会場で掲示しておきながら、手元の資料にはプリントアウトできませんというものが何枚も存在するってどういうことなのよ。その辺の文句をアンケート用紙に書いておいたのは言うまでも無い。

またアドバンスお土産の抽選会で、今回はサンテレホンのが見事当選してしまった。……のはいいんだが、商品は本社のある日本橋人形町の名物、【魚九】の京粕漬け詰め合わせ。……元々魚介類は苦手だしさらに食事制限で塩分の多いものなど食べられるはずもない。どうしよう。クール宅急便で実家にでも送るか。

2005.05.28

あずきとぎ

むかしあるところに、化け物がたくさん出るとの噂のある古寺があった。その古寺に出ると言う化け物について、村の物知りのじいさまと若者集が怪談をする中、一人だけ話しにのれない若者がいた。その若者の名は兵六。

兵六は頭の回転が鈍いのか、怖い話をされてもこわさを感じないらしい。ものしりじいさまのとっておきの怖い話「あずきとぎ」をしても平然としたまま。若者集らは腹を立て、「それほど度胸があるのなら、古寺まで行って肝試しをしてこい」と兵六をたきつける。

一緒についてきた若者集らも怖さで逃げ帰り、独りとなった兵六は「みんなのように怖い思いがしてみたい」と思いながら古寺に到着。じいさまが「一番怖い」と語っていたあずきとぎを名指しで呼び、自分を怖がらせろと無茶な注文をする。

すると突然稲妻光と共に、じいさまが言っていたあずきとぎの声が。「あずきとぎましょか、人とって食いましょか」。ところが兵六、同じことしか繰り返さないあずきとぎに飽きてしまい、しまいには「他にはないのか」とケチをつける始末。

だが同じ科白を繰り返すあずきとぎ。「そんなもの怖くない」と威張る兵六に、あずきとぎも怒り心頭、「これでもくれえ」とばかり、山ほどのあずきのぼた餅を兵六に食らわした。

続きを読む "あずきとぎ" »

2005.05.27

本日の含み益+227,117(前日比-10,460)

所有銘柄一覧には常日頃の表を使用。データは本日終値のものに差し替え。

銘柄数量単価終値損益評価額
ライト工業200420410-2,00082,000
三国コカ・コーラ1009921,045+5,300104,500
キーコーヒー1001,4701,456-1,400145,600
日本ライトン100400860+46,00086,000
ハウスオブローゼ1007501,360+61,000136,000
進和1217631,740+118,217210,540

  <⌒/ヽ- __ (神よ、艱難辛苦与えすぎです)
/<_/____/ (いつ転換期を迎えますか)
         

日本市場は開場から前日比プラスで展開し、終値ベースで164円高と大幅続伸にて終了。特に引け際におけるバスケット買いと思われる買い注文で値を上げた形となった。個別銘柄ではワインの優待で有名な【新日本建物(8893)】が突然動機づいてストップ高に。決算云々のニュースは流れていないので、優待についてどこぞの雑誌に掲載されたのか、それとも先日も少々触れた、地震の噂と連動したものなのか……。どちらにしても、「買い損ねた」という気分。

手持ち銘柄は先日よりさらに下げ中心に推移。中でも【進和(7607)】【三国コカ・コーラ(2572)】の下げがキツイ。後者は数日に渡りじわじわと下げ続けているのだが、その原因が皆目見当つかずで少々気持ち悪い。まぁ、優待ホールド銘柄なのでそれほど気にすることもないのだが……。

2005.05.26

本間ゴルフ(7884)監理ポスト割り当て

JASDAQは【本間ゴルフ(7884)】を監理ポストに割り当てることを明らかにした(【JASDAQ発表記事、PDF】)。割り当て期間はJASDQAが株式上場廃止基準に該当するかを認定した日まで。

発表リリースによれば当処置の理由についてJASDAQは「財務諸表等に添付される監査報告書において、公認会計士等によって、『不適正意見』又は『意見の表明をしない』旨が記載され、かつ、その影響が重大であると当取引所が認めた場合に該当する場合又はこれらに該当すると認められる相当の事由があると当取引所が認める場合)に該当するおそれが生じたため」としている。

なお本間ゴルフの公式サイトにおいて発表された【当社計算書類等への「意見不表明」の監査報告書に関するお知らせ】では、監査法人(中央青山監査法人)が、「返済期日が到来し期限の利益を喪失している多額の借入金があり、当該借入金に関する複数の金融機関との協議が継続中であるため、現時点では経営計画等が未確定である」とし、「意見を表明しない」としたという。

本間ゴルフの本日の終値は206円(単元100株)。明日の制限値幅は126~286円。

本日の含み益+237,577(前日比-4,220)

所有銘柄一覧には常日頃の表を使用。データは本日終値のものに差し替え。

銘柄数量単価終値損益評価額
ライト工業200420412-1,60082,400
三国コカ・コーラ1009921,063+7,100106,300
キーコーヒー1001,4701,460-1,000146,000
日本ライトン100400868+46,80086,800
ハウスオブローゼ1007501,358+60,800135,800
進和1217631,800+125,477217,800

  <⌒/ヽ- __ (モチベ低下の原因取れず。
/<_/____/  神よ、艱難辛苦与えすぎです)
         

一進一退の攻防を繰り広げたような感のある展開となった本日の日本市場。とはいえ出来高は12.6億株程度と冴えず、「攻防」といってもせいぜいキャッチボール程度のレベルでしかなかったようだ。月末の大地震の噂による買い控え云々との記事も一部にはあるが、こんな情報も株価に影響を与えるのなら、どこぞの筋が意図的に(以下略)。

手持ち銘柄は下げ中心に推移。ただ、下げ幅は限定的で、特にコメントするようなものはなし。一部下げが多少きついかな、というものもあったが、元々取引高が少ないため値動きが荒いという理由からのもの。

さてそろそろ、含み益も反転上昇してほしいものではあるのだが……。

【雑談】新会社法セミナーに参加したよ

某独立行政法人が主催する新会社法に関するセミナーに参加。現在国会にて審議中で、来年4月1日から施行のこの法案、平成に入ってから何度か行われた商法やそれに付随する関連法の変更とは比べ物にならないほど大きな変更が行われることで、前々から話題になっている。

よく言われているところでは、たとえば有限会社が有名無実なものになっていることから株式会社に統合されたり、LLC(LLP)と呼ばれる新しいスタイルの法人格が登場したりなど。他にも、定款に明記無き場合株券の不発行が基本となることや、取締役・監査役の任期が最高10年まで延ばせることなど、会社を新設する人だけでなく既存の会社にとっても「知っておいた方がよいことが多い」法案だったりする。

現在発刊されている新会社法関連の冊子のほとんどは、素案の段階で執筆されたものであり、審議中の原案には対応していないとのこと。可決成立前後になれば解説本も山ほど出るだろうから、それらを入手して勉強しなければならないだろう。

問題なのは、その新法が会社にとってプラスとなるかどうかということ。プラスになる部分があるのなら、積極的に活用しなければならない。知らなかった、もったいなかったなぁ、と後で悔やまないよう、(その時は無意味だ、と言われても)勉強することにしよう。

【雑談】派遣業

固有名を出すのは問題があるのであえて出さないでおくが、A社というところから電話が来た。初めていきなり連絡をしてきたにも関わらず「開発スタッフが余っているので云々」。いや、電話営業なんてのはそんなものだから、別にいいんだけどね。礼儀としてはなっていないようなんでマイナス1ポイント。

で、詳しく話しを聞くと、「自分のところは自主開発をメインとしていたが業界の動向に鑑み、他社へ自社の開発者を派遣することを今は主業務としている」とのこと。それで、プログラマの空きが数人あるのでいかがでしょうか、と。

確かに最近は請負とか人材派遣関連の法律規制が緩和されたこともあり、派遣業界の羽振りがよいのは知っているが、そのような事業を行うには登録なり申請が必要だったはず。「某P社みたいな、事実上派遣業と同じようなことですね」、と確認したら否定はされなかった。「法的に問題があるのでは」とノドまででかかったが、喧嘩をしても無意味なのでとどめておく。

電話では埒があかないので、「内容についてメールで送って欲しい」と答え、その場は終了。届いたメールを見たところ、

・コピペしたらしくあちこちに重複する言い回し(総統じゃないんだから残響音は止めてくれ)
・言い回しがため口に近い。初対面の相手へのビジネスレターにそれはないだろう
・具体的内容を見てみたが「紹介するスタッフ」のデータはとてもじゃないがナニなレベルばかり。しかも「概要」しか表記されていないのにそこまで判断できてしまう、というもの。
・所属が「弊社」から「御社」、「弊社契約社員」とマチマチ。こりゃますますもって、事実上派遣業と同じじゃないか……。サイト見たけど派遣業の許諾受けているような表記はどこにもない。

まぁ実際には「派遣業」ではないわけだし(厳密・法的に解釈するとどうなんだろう、というのはさておき。当方、法的な士業ではない)、「余ってるんだから別にここ(=うち)でもいいやー」とかいう程度の考えなんだろう。「検討して再度お話をする必要性があれば当方から折り返しご連絡させていただきます」と電話では返事をしておいたので、必要性を感じなかったから連絡もしないことにした(笑)。しかしホント、行政の監査が入ったら一発でお縄になりそうなことやってるよな、ここ。

最近、複数の知人から聞いた話で、法的には問題ありまくりな業務請負だの派遣まがいのことだのを平気でやらかしてる業者のことを耳にしていただけに、さもありなんというという感想。

要はたらい回しの構造が美味しいという風潮が広まりつつあるということか。告発して当方にプラスとなるのならいくらでも告発しちゃるのだが:P

2005.05.25

本日の含み益+241,797(前日比-2,768)

所有銘柄一覧には常日頃の表を使用。データは本日終値のものに差し替え。

銘柄数量単価終値損益評価額
ライト工業200420414-1,20082,800
三国コカ・コーラ1009921,069+7,700106,900
キーコーヒー1001,4701,453-1,700145,300
日本ライトン100400881+48,10088,100
ハウスオブローゼ1007501,360+61,000136,000
進和1217631,820+127,897220,220

  <⌒/ヽ- __ (モチベ低下の原因取れず。
/<_/____/  神よ、艱難辛苦与えすぎです)
         

主力株を中心に下げムードが蔓延した本日の株式市場。先物に半ば弄ばれたような感じの中推移し、一時期は1万1000円を割り込む展開に。終値ベースではかろうじて1万1000円台をキープするも、明日以降の動向次第では低迷が続きそう。

個別銘柄では、うぐっ、【ホーマック(9840)】が堅調との話も。……当初予想していた動きそのままなので、後悔先経たずモード。でも勉強になったと思えば&自分の考えが間違ってなかったことを実証できたと思えば、気持ちも少しは軽くなる。

手持ち銘柄は高安マチマチ。前日比も2%プラスマイナス内で特にコメントする動きもなし。まぁ【ライト工業(1926)】は今月一杯は軟調が続くかなと踏んでいる。買い増しするとすれば、300円後半だが、何か突発的事故でも無い限りそこまで下がることはないはずだ。

2005.05.24

本日の含み益+244,565(前日比-4,347)

所有銘柄一覧には常日頃の表を使用。データは本日終値のものに差し替え。

銘柄数量単価終値損益評価額
ライト工業200420416-80083,200
三国コカ・コーラ1009921,077+8,500107,700
キーコーヒー1001,4701,450-2,000145,000
日本ライトン100400890+49,00089,000
ハウスオブローゼ1007501,360+61,000136,000
進和1217631,828+128,865221,188

  <⌒/ヽ- __ (モチベーション、また底まで)
/<_/____/ (問題点指摘して改善策提示して
             皆から詰られる。理不尽……)

……と思ったけど、落ち込んでいても誰かが慰めてくれるわけでもないので、気力が少しでも持ち直した時にはちゃんと書くことにしよう。

日本市場は午前中こそ堅調だったものの、後場になると下げ基調となり、前日の終値に戻ることなく場を終えた。米国市場が好調だったにも関わらず、各種テクニカルな事情により頭を押さえつけられる結果となった。出来高は12.3億株程度と冴えない。

手持ち銘柄は前日比ですべてマイナス。下げ幅こそ大きくなかったものの、「前日比」項目が真っ赤なのは気分的によろしいものではない。とはいえ、短期売買スタイルではないのだから、それほど気にすることもない、ということなのかも。

最近新規購入した【ライト工業(1926)】。早くも含み損が発生しているが、底近くで買ったつもりなのでこの程度なら想定の範囲内。予定、というか計画では半年以内に目標価格まで上がり、その時点でぱっと売るつもり。

2005.05.23

本日の含み益+248,912(前日比+4,500)

所有銘柄一覧には常日頃の表を使用。データは本日終値のものに差し替え。

銘柄数量単価終値損益評価額
ライト工業200420417-60083,400
三国コカ・コーラ1009921,081+8,900108,100
キーコーヒー1001,4701,459-1,100145,900
日本ライトン100400905+50,50090,500
ハウスオブローゼ1007501,365+61,500136,500
進和1217631,835+129,712222,035

  <⌒/ヽ- __ (コメント復帰には今月一杯かかりそう)
/<_/____/  (モチベーションが騰がらない……)
         (その前に時間がないってのもある)

進和(7607)の株主優待が来たよ

たまたま大口の投げで特別売り気配だったところに目がつき、「優待もあるから」と何気なしに買ってからはや2年。分割は毎年してくれるし株価も順調に推移してるし、「もっと買っておけばよかった」と思う日々が続く【進和(7607)】の株主優待が到着した(に、してもどこかで見た言い回しだな)。中身は恒例の「お米券2Kg分」。


進和(7607)の株主優待・中身はお米券2Kg分

(進和(7607)の株主優待・中身はお米券2Kg分)

1000株以上保有していると魚沼産コシヒカリ(5Kg)とのことだが、そこまで保有するのは自分にとっては大変。まだまだ先かな。

銘柄自身については、配当が27円(現株価で配当利回りが1.4%ちょっと)とそれなり。業績がそこそこならここ数年は毎年株式の分割を行うこともあり、まさに長期保有向け銘柄。決算期前後には一部上場期待もあわせてグンと値を上げる傾向があるので、権利確定後に一度売却し、値が落ちたところでもう一度買いなおすのもありかな、それとも売らずに買い増ししようかな、と考えている今日この頃。

2005.05.22

大和証券開催の個人投資家向け企業説明会報告(2005.5.21.)

いっそのことストリーミングによるリアルタイム中継もやった方がいいんじゃないかとふと思う、大和証券開催の個人投資家向け企業説明会(はっ。企画持ち込んでみるか?(w)。今回も簡単にメモ書き程度のまとめを。今回対象となった企業は三社。【トランスジェニック(2342)】【イフジ産業(2924)】 、そして【デジタルスケープ(2430)】


【トランスジェニック(2342)】
遺伝子破壊マウスを作成し遺伝子情報を製薬会社に販売するベンチャー。熊本大の技術を活用。遺伝子破壊マウス、とは物騒な名前だが、要は特定の遺伝子の働きを抑える「加工」を行い、そのマウスの生態を確かめるというもの。生態を観察することで、その遺伝子の働きをチェックし、薬品などの開発に役立てる。その情報などを販売するわけだ。

コンピュータなどによるシミュレーションでも不可能ではないが、一つの遺伝子が複数の役割を果たす場合が多く、計算上からは推し量れないことも多々あるので、マウスを使っての実証実験の方が都合が良い。また、遺伝子を破壊する作業は非常に手間隙がかかるようだが、この会社が持つ特許手法を使えば比較的簡単に出来るとのこと。

競争相手も少なく、いかにもベンチャー企業といった感じがするが、残念ながら「儲けを得る」ためのビジネスモデルとしては今ひとつのようで、財務的には厳しい状態が続いている。数本「大当たり」が出れば化ける会社なのだろうが……。

お土産は図書券500円分。ありがたく頂戴します。


【イフジ産業(2924)】
液卵製造・販売で業界2位規模。製パン向け中心。夏場の加工用原料卵大量買い付けが強み。液卵として製品を供給することにより、品質のばらつきを抑えるなどのメリットも持つ。先の鳥インフルエンザ騒動とその前後の卵の値段の乱高下に振り回され、色々大変だったもよう。ただそのような悪条件の中でも欠品は起こさなかったと自慢していた。そりゃ自慢して当然だろう。なおこの企業そのものについては以前のレポート【頑張れ卵屋さん~イフジ産業(2924)】を参照のこと。

今回の説明会では一番参加者からの反応が良かったのが印象的。休憩時間中は参加者のひとりが、卵の殻で作った飾り物を社長にプレゼントしていた。恐らく株主なのだろう。

お土産は卵券500円分。前回のと同じ。ああ、100円ショップでは使えないのか(苦笑)。


【デジタルスケープ(2430)】
Web制作者やCG、ゲーム等のIT系クリエーターの人材派遣。デジハリとは兄弟会社……とあるが、つまりマスダアンドパートナーズ(【カルチュア・コンビニエンス・クラブ(4756)】の社長の増田氏の資産管理会社)が親会社、ということ。

やれN社の某レースゲームの車のデザインを作った人が講師にいるだとか、A社の数十万本売れたゲームの製作スタッフの何割が会社の出身だのと言っていたが、本当に主張するところの「優秀な人材」をたくさん輩出しているのだろうか。もしそれが本当なら、色んな意味でもっともっと頑張って欲しいと思う今日この頃。前線、もとい現場からはむしろ、業界の現状は逆の傾向にあるという話をよく聞くのだが。

お土産は2mのメジャー。えーと、洒落、なのかな。


今回の三社の中では、十年寝かせたらもしかして、というのが【トランスジェニック(2342)】というところか。とはいえ自分にはそれほどの余力は無い(苦笑)。

閑話休題。今回の説明会では大和IRスタッフの質問者の質問が今ひとつだった。何というか、ピントがずれているというか「そんなことを聞いてどうする」といった感じ。もう少しセンスのある人を出してほしいというのが正直なところ。

2005.05.21

玉屋の椿

越後の鯨波という町に、働き者の玉屋の徳兵衛という人がいた。彼は一生懸命働き、20年も経つと周囲では有名な長者様になった。きれいな嫁さんももらい男の子も生まれ、不自由ない生活を過ごしていた。

だが生活が安定し財産が増えれば増えるほど、徳兵衛の顔色は悪くなっていく。彼は極度の心配性で、自分の財産が誰かに盗まれないかと気がかりで仕方がない。ちょっとした不安で目が覚めて、いくつもある自分の蔵を見て回り、安心するかと思うとまたもう一巡。睡眠不足もはなはだしく、しまいにはやせ細ってしまった。

「蔵に財産を収めるからいけない。どこかに埋めれば泥棒も分からないだろう」と妙案を思いついた徳兵衛は、裏庭の竹やぶに植えてあった椿の根元に自分の財産を埋めてしまう。

心配事が無くなった徳兵衛。今度は肩の荷がおりたせいか、魂が抜けたように腑抜け状態。医者にすすめられて温泉へ湯治にいき、ようやく気が休らんできたかと思ったその時、自分の財産を埋めた場所を語る歌が耳に入り、慌てて店に戻る。

続きを読む "玉屋の椿" »

【雑談】文章の書き方、作り方の手法が垣間見えた

【フリーFPの日々徒然】で紹介されていた、【原稿用紙10枚を書く力】。著者は「力」シリーズとでも呼べばいいのか「~力」と銘打った著書を多数出版して有名な方。機会があればまとめて読んでみたいものだが、今はモチベーションがそこまで上がっていないので、とりあえず保留。

で、紹介記事を書いている上記サイトの知人が「著者が次々に文章を書きあげていく手法について、この本を読んで分かったような気がする」という話をしていたのが気になり、「どういうことなの?」と質問したところ、概要をかいつまんで教えてくれた。

その話を自分なりに解釈し、実例や自分の過去の経験を挙げて考え直して見て、納得・理解。なるほど、まったく別のジャンルで似たような手法を最近見つけた(というか会得した)アレとたどり着くところは同じか。これについては気がついている人、活用している人はそれなりにいるだろうし、「そういう手法である」と認識せずに何気なく実践している人も多いはず。

まずは忘れないように(苦笑)概要をまとめてプリントアウトし、壁に貼り付ける。次は、せっかく「活用すれば自他共に多大なプラスを与えてくれるであろう黄金律」を見つけたのだから、使うところを見つける段階だ。

今のところ個人のサイト(ブログ)としては、株式運用もどきのと病気の闘病記を運営している。これらのテキスト(他にも色々あるし、ネタとしても書いていないものもあるけど)を分割してファクターをまとめ、それをどう使うか。考えてみるのも面白い。

問題は、そうやって創られるであろう新しい文章を、創るだけの意味があるものに出来るかどうか。どこか出版ネタに困ってるところ、ないですかね(照れ笑い)。

……え? 具体的にどういう手法かって? それは上の本を読んで自分で見つけ出してくださいな。それが一番の近道。方程式を丸暗記しても問題が解けないのと同じだね。

2005.05.20

本日の含み益+244,412(前日比-148)

所有銘柄一覧には常日頃の表を使用。データは本日終値のものに差し替え。

銘柄数量単価終値損益評価額
ライト工業200420420+-084,000
三国コカ・コーラ1009921,070+7,800107,000
キーコーヒー1001,4701,452-1,800145,200
日本ライトン100400870+47,00087,000
ハウスオブローゼ1007501,367+61,700136,700
進和1217631,835+129,712220,035

  <⌒/ヽ- __ (コメント復帰までもう少しかかりそう)
/<_/____/ (「退場」したいわけじゃないよ)

2005.05.19

本日の含み益+244,560(前日比-2,067)

所有銘柄一覧には常日頃の表を使用。データは本日終値のものに差し替え。

銘柄数量単価終値損益評価額
ライト工業200420421+20084,200
三国コカ・コーラ1009921,076+8,400107,600
キーコーヒー1001,4701,455-1,500145,500
日本ライトン100400875+47,50087,500
ハウスオブローゼ1007501,367+61,700136,700
進和1217631,823+128,260220,583

  <⌒/ヽ- __ (本業でどたばたしてるんでまだコメントは略)
/<_/____/  (ごめんね)

利根地下技術(1800)、整理ポスト割当へ

【JASDAQが報じたところ(PDF)】によれば、【利根地下技術(1800)】が5月20日から6月19日までの一ヶ月間整理ポストに割り当てられ、6月20日に上場廃止となることが明らかになった。理由は民事再生手続の決議が行われたため。東京地裁に行われた民事再生手続き開始の申し立てによれば、負債総額は112億200万円。地中連続壁工事で全国トップシェアを占めてはいたが、建設市場の縮小などで業績が悪化。さらに一部大型工事の完工遅延などを受け、当初の黒字予想から赤字に転落する公算が大きく、多額の当期損失計上が避けられない状況となったため、自主再建を断念したとのことである。

現在(19時45分)【利根地下技術の公式サイト】では今件に関する情報は一切掲載されていない。同銘柄の本日の終値は230円(単元数1000株)。

発行株式数が7904単元(YahooFinanceによるデータ)と少な目のため、マネーゲームの対象となる可能性が早くも指摘されている。

2005.05.18

本日の含み益+246,627(前日比-)

所有銘柄一覧には常日頃の表を使用。データは本日終値のものに差し替え。

銘柄数量単価終値損益評価額
ライト工業200420420+-084,000
三国コカ・コーラ1009921,078+8,600107,800
キーコーヒー1001,4701,457-1,300145,700
日本ライトン100400862+46,20086,200
ハウスオブローゼ1007501,366+61,600136,600
進和1217631,850+131,527223,850

  <⌒/ヽ- __ (本業でどたばたしてるんでしばらくコメントは略)
/<_/____/

2005.05.17

本日の含み益+244,018(前日比-)、確定-18,235

所有銘柄一覧には常日頃の表を使用。データは本日終値のものに差し替え。

銘柄数量単価終値損益評価額
三国コカ・コーラ1009921,077+8,500108,600
キーコーヒー1001,4701,460-1,000146,000
日本ライトン100400865+46,50086,500
ハウスオブローゼ1007501,370+62,000137,000
進和1217631,821+128,018220,341
■売却■
銘柄数量単価税金手数料確定損益
タカラ10037535700-18,235

  <⌒/ヽ- __ ♪生きてることの意味を 思い出してごらんよ…
/<_/____/

2005.05.16

本日の含み益+238,627(前日比-)、確定-14,970

所有銘柄一覧には常日頃の表を使用。データは本日終値のものに差し替え。

銘柄数量単価終値損益評価額
三国コカ・コーラ1009921,086+9,400108,600
キーコーヒー1001,4701,472+200147,200
日本ライトン100400890+49,00089,000
ハウスオブローゼ1007501,370+62,000137,000
進和1217631,850+131,527223,850
タカラ100550415-13,50041,500
■売却■
銘柄数量単価税金手数料確定損益
タカラ100415701,400-14,970

  <⌒/ヽ- __ コメントする気力なし……
/<_/____/

2005.05.15

ひょうたん長者

観音様を深く信仰している心の優しいおじいさん。ある日観音堂からの帰り、ひとりでに転がってくるひょうたんを拾う。その中から手のひらに乗るくらいの小さな兄弟が飛び出した。兄弟の言葉に従い、おじいさんは彼らを自分らの子供のように育てることとなる。「きっと観音様がさずけてくれた子らに違いない」。

ひょうたん兄弟がやってきてからというもの、おじいさんの家では不思議なことが相次いだ。たとえばいつのまにかご飯の支度ができていたり。疑問に答えるひょうたん兄弟。「このひょうたんからは欲しいものが何でもでてくるんだ」。兄弟がお米出て来いというと、ひょうたんからは山ほどのお米が出てきた。おじいさんは目をぱちくり。

富くじには当るわ欲しいものはひょうたんから出てくるわで、おじいさんはお金持ちとなり、暮らしに苦労しない生活が続いた。

ところが噂を聞きつけた隣村のよくばり男がひょうたんを譲って欲しいと頼み込んできた。「観音様の授かりものだから」と断るおじいさんだったが、兄弟は「あげてもいいよ」と耳打ちする。驚くおじいさん。

続きを読む "ひょうたん長者" »

新項目「日本昔話に学ぶ」スタート

不定期掲載項目として「日本昔話に学ぶ」をスタートしました。これは、日本に伝わる昔話の概要を掲載し、その話から主に株式投資に関する教訓を見つけ出そうという、半ばこじつけ的な内容です。

とはいえ、過去から現代を知り、未来に備えるのは勉学における基本中の基本のスタイル。また、元々昔話には教訓の類が多かれ少なかれ含まれており、それらを(投資)教訓として役立てるのは悪くありません。自分を良い方向に変えるための材料は、どんなものにも隠されているのですから。

また、概要で興味を持った方は、本文の原文を探してみるのもいいでしょう。記事執筆中に原文の出版物などが見つかれば、それも紹介するつもりです。

2005.05.14

トミーとタカラ、正式合併発表

【タカラ(7969) 】【トミー(7867) 】は、来年3月1日を期日として合併会社を設立し、【インデックス(4835) 】が筆頭株主になることなどを正式に発表した(、【正式リリース、PDF】)。なお、存続会社はトミーとなり、タカラ株式1株に対してトミー株式0.178株を割り当て交付するとのこと。

  <⌒/ヽ- __ コメントする気力なし……
/<_/____/

2005.05.13

本日の含み益+242,917(前日比-2,500)

所有銘柄一覧には常日頃の表を使用。データは本日終値のものに差し替え。

銘柄数量単価終値損益評価額
三国コカ・コーラ1009921,092+10,000109,200
キーコーヒー1001,4701,477+700147,700
日本ライトン100400899+49,90089,900
ハウスオブローゼ1007501,380+63,000138,000
進和1217631,840+130,317222,640
タカラ200550495-11,00099,000

各種経済指標が好調だったものの、日本市場の動きは限定的で、一時期は前日比プラスとなる場面もあったが全般的にはやや下げのムード。週末による換金売りも相まって、終値ベースでは日経平均は前日に比べて約28円安で終了。出来高は約13.1億株。

個別銘柄では先日の発表で大量の失望売りが昨日でた【イー・アクセス(9427)】が本日も軟調。年初来安値を更新している。個人的には予想配当と合わせて配当利回りが2%に達したら買いを入れてもいいかな、と考えている。実は場が始まる前に成行買い注文を入れていたのだが、売り爆弾が連発したので慌てて注文を取り消した。間に合ってよかった(苦笑)。

また、先日上場廃止が決定となった【カネボウ(3102)】が本日もストップ安で推移。2000万株以上の売り残しとなった。少なくとも来週前半まで下げが続くと思われる。

手持ち銘柄では特にコメントするものは無し。想定の範囲内、といったところだ。

ボーダフォン(9434)、監理ポストへ割当て

【ボーダフォン(9434)】が報じたところによれば、同社は5月13日から東京証券取引所及び大阪証券取引所において監理ポストに割り当てられたことが明らかになった(【発表リリース、PDF】)。

発表リリースによれば、ボーダフォンの親会社が公開買い付けを行ったことにより、少数特定者持ち株数が上場株式数の90%を超えたことによるもの。具体的には97.68%に達したという。

また、今後の予定については6月下旬に有価証券報告書の提出によって整理ポストに移行、一ヵ月後に上場廃止とのこと。さらに現在のところ、ボーダフォン自身は自社株式の買い付けの予定はないという。

……お祭り、多すぎ。

【雑談】ネットが出来ること、出来ないこと

サーバーを使ったインターネットのサービスは、突き詰めて考えれば

・入力
・計算
・データの保存と抽出
・出力

から構成される。例えば掲示板なら、書き込みを「入力」しデータとして「保存」し、閲覧リクエストの「入力」があればデータを「抽出」して表示というスタイルで「出力」する。ゲームや各種サービスにも、これらの原則は当てはまる。

見方を変えれば、ネット上のサービスや機能は、同じような仕組みで出来ていることが多い。また、ちょっと手を加えるだけで別物に変化する。要は、原則をどのようにシステムとして活かすのかという、アイディア・発想の問題。

この原則を頭に入れた上で、ある事柄に対するサービスの提供がネットで出来ないか、参考文献を元に考察中。既存の仕組みを応用したり、類似案件を参考にすることで何とかできそうな気がするのだが、まだ頭の中のイメージはもやもやしている、というかまとまりがつかない。ジグゾーパズルなら、まだパーツ自身が必要数すら揃っていないという感じ。

まずは骨組みとなるたたき台を作るのが先決。そのたたき台を元に、プラマイできるものを構築していって、自分の頭のイメージをはっきりとしたものにしたい。

2005.05.12

カネボウ(3102)整理ポスト割り当て。6月13日で上場廃止

先日日経などで先行報道のあった、【カネボウ(3102)】の整理ポストへの割り当てと上場廃止が正式に発表された(【東証発表記事】)。

リリースによれば、上場廃止の理由についてはやはり「株券上場廃止基準第2条第1項第11号a(上場会社が財務諸表等に「虚偽記載」を行い、かつ、その影響が重大であると当取引所が認めた場合)及び同号b(上場会社の財務諸表等に添付される監査報告書において「意見の表明をしない」旨が記載され、かつ、その影響が重大であると当取引所が認めた場合)に該当すると認めたため」。簡単にまとめると

「債務超過を9年間も続けて黙ってたなんて許せないからあんた上場廃止」

ということ。会社の内部関係者でもない以上、投資家は基本的に企業から公開された情報を元に投資判断をするしかない。その判断基準である公開情報が、「実はウソでした。べろーん」ということでは、何を信じればよいのか分からなくなってしまう。

企業倫理という四文字を頭の中に叩き込んでほしいものだ。

……さて。この銘柄もまた、弄ばれるんだろうな。単元額が安いし。一度下がるところまで下がって、一度はリバウンドあるんだろうけど、どこで反転するかの見極めが難しい。リスクが大きすぎるので今回も見送り。

本日の含み益+245,417(前日比-7,230)

所有銘柄一覧には常日頃の表を使用。データは本日終値のものに差し替え。

銘柄数量単価終値損益評価額
三国コカ・コーラ1009921,091+9,900110,400
キーコーヒー1001,4701,487+1,700148,700
日本ライトン100400918+51,80091,800
ハウスオブローゼ1007501,381+63,100138,100
進和1217631,840+130,317222,640
タカラ200550493-11,40098,600

日本市場は小幅ながら先日に続き下落。出来高も12.7億株程度と冴えない。終値では11100円を割り込んでおり、明日金曜を控えてちょっといやんな気分。個別銘柄では、好決算を出した企業で一部に買いが入ったものの、全般的には売り優勢。

手持ち銘柄。朝方日経のスクープという形で報じられた、【タカラ(7969) 】【トミー(7867) 】の経営統合の話があったにも関わらず、タカラは終値では前日比マイナス。なんと情けない。昨今の株価から鑑みるに、トミー側に寄せるとなると1:4程度の比率だから、今手持ちの2枚では統合後は単元株にもなりゃしない。買い増しラインまで値が下がったら、最低でももう2枚は買わないと。元々トミーも将来的にはほしかった銘柄だけに、これ幸いかと思ってはいたのだが、タカラがこうも不調だと嬉しさ半分。

なお、この経営統合については今日は正式発表はなし。日経の後追い取材によれば、【法制面などで擦り合わせ】中とのことである(NIKKEI NeTより)。さてどうなることやら。

ゲーム平均株価の定義再設定

【当ブログの携帯版(別名:携帯株板)】で公開中の「ゲーム平均株価」の設定について再定義を行いました。

この数値は日本国内の家庭用ゲーム機メーカーの盛衰を株価で概算化するための株価指数です。 現在、【主要経済指標】ページで公開しています。

具体的にはJGNN内部で選択された主要家庭用ゲーム機メーカーの株価の合計を元に、平均値を計算するものです。ただし、除数を修正することで採用銘柄の株式分割や銘柄入れ替えなど、市況の変動以外による要因での指数の連続性を保つようにしています。

2003年9月の配信開始時の指数算出のための採用銘柄は12銘柄でしたが、今回大幅に採用銘柄を増やしました。また、再設定を実施した2005年5月6日の段階で指標数値が1000.00になるよう、除数を変更しました。

現在採用されているのは次の30銘柄です。

ブロッコリー(2706)
ドワンゴ(3715)
ファルコム(3723)
バンダイネット(3725)
サミーネット(3745)
D3パブリッシャーズ(4311)
ユークス(4334)
イマジニア(4644)
トーセ(4728)
ハドソン(4822)
セガサミー(6460)
ソニー(6758)
ハピネット(7552)
セガトイズ(7842)
マーベラス(7844)
バンプレスト(7854)
アトラス(7866)
ジャレコ(7954)
バンダイ(7967)
タカラ(7969)
トミー(7867)
任天堂(7974)
サンリオ(8136)
タイトー(9646)
テクモ(9650)
コーエー(9654)
スクウェア・エニックス(9684)
カプコン(9697)
ナムコ(9752)
コナミ(9766)

皆様の各種判断の際に参考資料としてお役に立てれば幸いです。

2005.05.11

【雑談】鏡に映りし自らの姿を見よ

元ライターの立場としては非常に怒りを覚える話が【TBS(9401) 】で発生している。具体的には【TBS公式HPの盗用さらに4本、コラム全面削除(Yomiuri On-Line) 】

盗作だけでも非難されるべきなのに、編集長コラムと銘打った場所の文面が実はフリーライターによるものだとは。盗用についてもだが、「編集長コラムだなんて真っ赤なウソやん」というツッコミがあちこちで湧き上がってる。

こりゃあアレですな。TBS社員はしばらくゴルフやボーリングや飲み会は禁止ですな。

T(盗作)B(ばかり)S(する)

とはよくぞ言ったもんだ(笑)。

……とか書いているそばから。

【TBS部長自ら記事盗用、偽装工作も(NIKKAN SPORTS) 】

「外注フリーライターが盗作した。契約打ち切ったんで勘弁してチョ」てな感じの態度を取っていた、この事件。舌のねも乾かぬ内に、というか一晩も立たぬうちに更なるウソが発覚。

「外注ライターが書いていた」

としていた発表はウソ八百で

「社内の編成制作の部長が書いていた」

というのだ。こりゃTBSの社員はゴルフやボーリング、宴会の「自主規制」だけでなく、白い歯を見せることも慎まねばなりませんな、まったく。もちろん反論できませんよね、TBSさん??


他にも今日は、東京湾で定置網にかかって死んでしまったコクジラについて、そんな場所に追いやられたのは【テレビ朝日(9409) 】の取材ヘリが行った違法紛いの低空飛行が原因の可能性が高いという話も話題に登っている。【JR西日本(9021) 】の例の事故関連における取材のあり方が疑問視されている(……とは言うものの自らの首を絞めるので、テレビでは一切報じられていない)さなかに、

「他人のこととやかく言う前に鏡見たら?」

という言葉を啓上したいマスゴミコミの相次ぐ不祥事。明日以降の対応が愉しみ(ニヤリ)ではある。

本日の含み益+252,647(前日比+3,190)

所有銘柄一覧には常日頃の表を使用。データは本日終値のものに差し替え。

銘柄数量単価終値損益評価額
三国コカ・コーラ1009921,104+11,200110,400
キーコーヒー1001,4701,494+2,400149,400
日本ライトン100400927+51,50091,500
ハウスオブローゼ1007501,380+63,000138,000
進和1217631,870+133,947226,270
タカラ200550503-9,400106,000

先日同様さえない動きで始まった日本市場、終始前日比マイナスというしけた展開となった。場の引けにかけて行われたインデックス買いが辛うじて大幅下落を回避させてくれたというところ。出来高は12.6億株程度。仕手の介入も噂される中、先日同様一部マーケットメイク銘柄が乱高下を繰り返し、ネットによる個人投資家(だけではないと思うが)らによるお祭り場となっている。投資はあくまでも自己責任。注意一秒怪我一生。

手持ち銘柄では【タカラ(7969)】が堅調。500円台を回復。特に目立ったニュースは入っていないのだが、明日発表予定の決算と再建計画を見越しての買い、だろうか。それともあるいは内容が一部すでに漏れ、いや、そんなことはないな。ともあれ、当方としては600円台まで行ってくれれば大万歳だが、そこまで望むのは贅沢かも。今後売却した場合、買いなおすとしたら450円前後でと思っていることもあるし……。無配である以上、含み損状態から脱してもらうのが先だ(内心「また買い増しラインの手前で反転しちゃったよ」と愚痴っている)。

【雑談】年商1億8千万のデパ地下洋菓子店通販サイト

先日の【ワールドビジネスサテライト土曜日版】の「商い事始め」のコーナーで、通信販売が取り上げられていた。そして最近注目されている通販のスタイルとして、インターネット上での通販が話題となっていたのだが、その中で紹介されていた【シリアルマミー】というデパ地下洋菓子店の年商を聞いて驚いた。なんと1億8千万円。ケーキをはじめとする洋菓子という、家電製品や貴金属と比べればはるかに単価の低い商品でこれだけの売り上げをあげるには、相当数がさばけてなければならない。

今現在でも商売は繁盛しているようで、トップページにはお詫びとして「ただいま 注文が大変込み合っている為、目安として注文日から7~10日前後でのお届けとなっています」という表記があるくらい。

写真ひとつひとつは非常に美味しそうではあるが、ずば抜けて有名な店ではないはずだし、目ん玉飛び出るほど美味しいものばかり、という話も聞かない(あるいは自分が単にこの分野にうといだけなのかもしれないが)。それでいて、これだけお客の心をひきつけて止まないのは、やはりニーズにマッチした商品の品揃えやサイトのそつないつくり、そして最初に述べた通り「美味しそうに見える写真の撮り方」など、細かい部分まで行き届いた配慮が功を奏したに違いない。

残念ながら現在食事療養中のため、シリアルマミーの商品を見ても「美味しそうだな」と思うだけで実際にオーダーしたり食べることは出来ない。とはいえ、参考になる事柄は多そうである。

……良く見てみたらここ、洋菓子だけじゃなくて中華料理まで販売してるよ。うへぇ。

2005.05.10

本日の含み益+249,457(前日比+880)

所有銘柄一覧には常日頃の表を使用。データは本日終値のものに差し替え。

銘柄数量単価終値損益評価額
三国コカ・コーラ1009921,104+11,200110,400
キーコーヒー1001,4701,494+2,400149,400
日本ライトン100400927+52,70092,700
ハウスオブローゼ1007501,370+62,000137,000
進和1217631,880+135,157227,480
タカラ200550480-14,00096,000

場開場時は前日比プラスで推移したものの、午後になると失速。終了直前で戻す動きが見られたものの、前日比プラスまでには至らず。日経平均は前日比-11.86円で終了。出来高は約14億株。先日同様一部マーケットメイク銘柄が上げ下げマチマチではあるが、ジェットコースター状態となり、端から見てもドキドキしっぱなし。昨日挙げた【スペースシャワーネットワーク(4838)】は前日比-35.46%。何人の樹海行きが出たことやら(ため息)。【松村組(1857)】も、ちまちまとした値動きの中、1円抜き2円抜きというレベルでの攻防が続いている。まぁ、そういうのもありとは思うのだが。

手持ち銘柄では昨日に引き続き【日本ライトン(2703)】が堅調。再び4ケタ台も夢ではないような。4桁に達したらあるいは手放してしまおうかとも検討中。

カネボウ(3102)上場廃止へとの報。東証は否定

【NIKKEI NeTが報じたところ】によると、東京証券取引所は【カネボウ(3102)】について上場廃止の決定を下す方向で最終調整に入ったとのことである。先日発表された2000億円を超える債務超過などの虚偽記載(【参考資料:有価証券報告書の訂正報告書の提出について、PDF】)が、上場廃止基準に該当する可能性が高いという判断からのもの。記事では「週明けにも決定する」ともある。なお、産業再生機構は、カネボウが非上場となっても支援を続ける姿勢。

今報道に対し東京証券取引所は【「当取引所がそうした決定をした事実は一切ございません」】と事実を否定している。また今報道の影響からか、同銘柄ではToSTNeT取引の一時停止措置が行われている(【(発表リリース)】)。

先の西武鉄道(旧証券コード9002)の上場廃止につながる一連の事件をきっかけに、上場会社の粉飾決算への追及はこれまで以上に厳しいものとなっている。カネボウの上場廃止が市場に与える影響は少なくない。しかし、ルールの厳格化を誇示する意味合いからも、時期はともあれ東証が最終的にはかなりの確率で、記事通りの判断を下すものと思われる。

……明日から値動きが荒くなるな。

※参考資料:【「株式投資入門<第44回>上場廃止とは」(Yomiuri On-Line)】

2005.05.09

本日の含み益+248,577(前日比+8,993)

所有銘柄一覧には常日頃の表を使用。データは本日終値のものに差し替え。

銘柄数量単価終値損益評価額
三国コカ・コーラ1009921,108+11,600110,800
キーコーヒー1001,4701,489+1,900148,900
日本ライトン100400905+50,50090,500
ハウスオブローゼ1007501,364+61,400136,400
進和1217631,900+137,577229,900
タカラ200550478-14,40095,600

ゴールデンウィーク明け初日。日本市場は下げ基調のムードで始まるも、下げ幅もそれほど大きくなく、「だらだらとした下げ」の雰囲気で展開。場の終わりにかけて押し目買いを中心とする戻り傾向が見受けられるも前営業日比プラスにまでは達せず、終値もマイナス。出来高は約14.2億株とそれなりのもの。一部銘柄はたとえば【スペースシャワーネットワーク(4838)】などマーケットメイク銘柄が火山噴火のようにあげている。前日比+138.18%ってのはどういうことだ、まったく。

一方、【55ステーション(4702)】から移行したと思われる、上場廃止予定銘柄に対するマネーゲーム対象となった【松村組(1857)】だが、一時23円の高値をつけるも12円まで値を下げ、終値は16円をつける。明日以降もしばらくは激しい値動きとなるだろう。面白そうではあるが、流通枚数があまりにも多い。危険な香りもぷんぷんしている。怖いので今回は遠慮することにした。

手持ち銘柄では【日本ライトン(2703)】が前日比+4.5%で場を終える。特にポジティブな材料は無いが、元々値動きの軽い銘柄であるだけに、ちょっとした気まぐれでまとまった買いが入ったものと思われる。また、【タカラ(7969)】は相変わらずさえない動き。下げるなら一気に気持ちよく下げてくれないと、買い増しも損切りもできやしない。

2005.05.08

【ゲーム】ゲームショップの現地リサーチ

色々なリサーチをするため、ちょっと遠出してゲームなどエンタメ系ソフトを売買しているゲームショップ(複合店)へ足を運ぶ。数件回ってみたが、それぞれの系列ごとに個性が出ていて非常に興味深かった。

ある店は昔のいわゆる「古本屋」的なイメージをそのままゲーム店に移しただけのような感が否めないものだったり、別の店ではさまざまな工夫を凝らして「楽しい遊び場」を演出していたり。もちろん客の入りは後者の方が多かった。

レイアウトや照明をちょっと工夫するだけで、ずいぶん店の雰囲気も変わるものだけど。それすら気がつかない、あるいは努力をしないお店の将来は(洒落抜きで)「暗い」かもしれない。

自分が見た限りでも、いくつか「こういうのがあればいいな」というのも思いつく。やはり紙やネット上だけでなく、実際に現場をチェックしてみないと分からないこともあるものだ。


また、中古ゲームソフトの買取価格もチェックしてみた。昔見たときと比べると、それこそ「暴落」という表現が当てはまるくらい、買取価格が下がっていた。一方で中古ソフトの販売価格はそれほど変化がない。

つまりは在庫が溜まってさばける数が少なくなったので、1個あたりの利益率を上げねばならないということなのだろうか。

今後のカテゴリーの再定義

兄弟サイトの【ネフローゼ闘病記】で記事カテゴリーの再定義をしたのに伴い、こちら【マイ・ポートフォリオ】でも同様の再定義を行うことにする。自分自身のための覚え書き的なところも大きいが、まぁそれはそれとして。

●ウェブログ・ココログ関係
ブログそのもの絡み。

●個別銘柄
個々の銘柄に対する分析や紹介、思いのたけを語る。また、倒産関連情報など。優待や配当については「配当優待あれこれ」カテゴリーにて。

●優待配当あれこれ
配当や優待に関するコラム。また、実際に届いた優待の紹介など。

●各種レポート
各種説明会やイベント、取材、その他些細な出来事に関するレポート。

●心と体(休止中)
心や身体の調子などに関するコラム。ただし現在はすべて【ネフローゼ闘病記】で展開中。

●日記・コラム・つぶやき
場が開いた日における投資関係の動向報告。

●書籍・雑誌
関連書籍の紹介。

●月間業績報告
毎月月末における各種成績報告。

●雑談その他
経済や政治、ゲーム関連など、病気と関係のない一般雑談。病気やメンタル的な色合いの強いもの、菜園関係は【ネフローゼ闘病記】で。

特に今後、「雑談その他」の頻度がこれまでより上がることになる。直接株とは関係ない話もあるが、深読みすればどこかでリンクする部分がある(かもしれない)ので、御了承いただきたい。

2005.05.07

【雑談】間違いメール?

スパム広告や営業ではなく、単なる間違いと思われるメールが届いた。何人か宛に同時発信されたメールだが、自分以外はすべて携帯電話宛。しかもアドレスを見ると皆女性らしい。内容もどこそこのページへ向けた誘導文章は一切無く、自分がこれから行く温泉に関する感想や愚痴だけ。非常にほほえましいものだった。

意地悪く考えれば、「間違いですよ」と返事をしてくるのを待ち構え、レスがあった時点で有効なメールアドレスと判断する、新手のメアド業者の手立てなのかもしれない。

まぁ、相手が間違いに気がつけばそれまでだ。そうでなくとも双方に実害はないので、特に問題なし。世の中、こんなこともあるな、ということだろう。

2005.05.06

【雑談】生産性の計算

ゼロからモノを生み出す、俗に言うクリエイティブな仕事では、短期間における生産性の計算は意味をなさないことが多い。例えば某有名RPGのビジュアルワークで有名な某画家の場合、与えられた期間のうち大半は気分的充電と構想に費やし、全体からみればほんのわずかな期間で作品を仕上げるという。

また、単純に「期間をこれだけかければこれだけの仕上がりが期待できる」といった計算は不可能な場合が多いことも納得できる。与えられた仕組みの上で既定の作業を行えば一定の成果が期待できるタイプの仕事とは理屈が根本的に異なるからだ。

とはいえ、手元にあるデータを見ると、具体的に数値を列挙して云々という事は適わないものの、「生産性が低いな」(※ここでいう「生産性」とはとどのつまり「費用対効果」を指す)と頭を抱えてしまうのも事実。生産性を高めるには基本的に、

・案件完了のために投入する人月数(経営資源)を減らす
・案件から得られる対価を増やす

のいずれか、あるいは両方を行うしかない。業務や財務、そしてそれに関連する項目である生産性を管理する立場からしてみれば、概算でも良いから何らかの数値を提示した上で、統括担当を含めた現場を叱咤激励するしかないのだが。恐らくは「現場に居ない奴に何が分かる」と反発を受けるのだろうな。

頭が痛い話ではある。

【雑談】在庫データ

登記所で登記申請の受理を確認して最新データが反映された謄本を受領してから、企画向けの書籍を探しに某大手本屋へ。データベースを元に在庫を確認すると4冊あるとのこと。

その書籍のコーナーを三回ほどチェックしてみたが見つからない。その階の受付にいた店員に聞いてみたが、本があるコーナーの場所しか教えてくれず、探そうともしない。「意味を取り違えたのか、あるいは忙しいんでわざと勘違いしたふりをしたのかな」と思い、もう一度探すがやはり無い。

書棚にではなく書庫に保存してあるのかもしれない。別の店員に確認してもらったところ、データの更新がベタで、実はもう在庫がない、とのこと。空振り三振。

それほどメジャーな本でもないし、有名どころの出版社の本でもない。在庫も4冊ある、というデータだったのに1冊もないとなると、最終データ更新日はいったいいつだったのだろう。例え便利な検索機能があっても、収録されているデータが古いのでは役に立たない。そんなことを実感した出来事だった。

本日の含み益+239,584(前日比+1,653)

所有銘柄一覧には常日頃の表を使用。データは本日終値のものに差し替え。

銘柄数量単価終値損益評価額
三国コカ・コーラ1009921,100+10,800110,000
キーコーヒー1001,4701,483+1,300148,300
日本ライトン100400866+46,60086,600
ハウスオブローゼ1007501,365+61,500136,500
進和1217631,867+133,584225,907
タカラ200550479-14,20095,800

ゴールデンウィーク後半の間の場ではあったが、主力株が買われただけではなく資産関連株にも買い注文が入り、値は総じて上げ調子で水位。日経平均株価も終値で前営業日比190.06円高で終える。出来高は約12.7億株と、連休中の市場にしてはそれなりのもの。

市場全体がそれなりに堅調だったにも関わらず手持ち銘柄は冴えない動き。含み益は前営業日比でプラスだったものの、今ひとつ、というより今二つ三つという印象。


【日本スピンドル製造(6242)】という住友重機系列の製造機器会社が注目を集めている話を聞く。例の尼崎における【西日本旅客鉄道(9021)】の脱線事故で、社長の指示により全従業員を事故現場での被害者救出に当たらせたというのだ。お世辞にも企業成績も良くない中、1営業日分の生産ラインの停止は短期的、純経営数値的にはネガティブな判断かもしれない。が、企業の社会的責任や同義的判断、倫理観、そして何よりも「人間として、その集合体として当たり前の判断」を優先させた行為は賛美されるべきであろう。

今件がテレビで報じられた6日(つまり本日)午後に入ってから、同社の株価は大幅に上昇している。株価の上昇が即その企業にポジティブな働きを示すわけではないが、しかるべき結果だともいえよう。

2005.05.05

松村組(1857)、民事再生手続開始申し立て

【東証の適時開示情報閲覧サービス(PDF)】によれば、【三井住友銀行】が優先株を引き受け経営再建中の大証一部上場の建設会社、【松村組(1857)】が5月5日、民事再生手続きの申し立てを取締役会で決議、同日大阪地方裁判所に申し立てを行い受理されたことを明らかにした。

同社は耐震・免震技術に優れた技術を持つ会社として名を知られおり、昨今の震災など地震災害があるたびに話題に。また、1枚単価が比較的安いこと、四季報などでは「増益か」「方向」など、ポジティブな表記が相次いでおり、人気のある低位銘柄だった。

申し立ての理由について発表リリースでは、平成11年以降は受注の減少による赤字決算が続き、経営改善計画などを提示して財務体制の改善を模索。しかし学校法人がらみの訴訟で敗訴したことによる引当金計上などが負担となり、業績が悪化。自力での事業継続は困難と判断してのものとしている。

負債総額は約833億円。メインバンク宛にはすでに資金面での協力を要請している。

なお5月5日20時現在、【松村組のサイト】では今件に関するリリースは公示されていない。

3日前の大幅下方修正の発表をした直後、さらに連休中における発表。明日金曜の場では控えめに見てもホルダーの阿鼻叫喚が予想される。あるいは先の【55ステーション(4702)】と同じように、マネーゲームのターゲットになるのかもしれない。

……おい。今日はよりによって55日じゃないかっ。

2005.05.04

携帯版に「投資格言」コンテンツ追加

【携帯版「マイ・ポートフォリオ」】のトップページに、「投資格言」のコンテンツを追加しました。

アクセスするたびにさまざまな投資に関する格言が表示されるというものです。朝、場が開く前にチェックして、自分の今日の取引への戒めや方針の再確認用としてお役立て下さい。

2005.05.02

本日の含み益+237,931(前日比-5,141)

所有銘柄一覧には常日頃の表を使用。データは本日終値のものに差し替え。

銘柄数量単価終値損益評価額
三国コカ・コーラ1009921,104+11,200110,400
キーコーヒー1001,4701,460-1,000146,000
日本ライトン100400856+45,60085,600
ハウスオブローゼ1007501,365+61,500136,500
進和1217631,874+134,431226,754
タカラ200550481-13,80096,200

連休の真っ只中の市場。日経平均株価は場があけてからしばらくは前営業日比マイナスで推移したが、午後に入ると前営業日とほぼ同じ価格で推移。終わりにかけて一時上昇の気運が見えるも、最後にまとまった売りが入り、最終的には前日比でわずかにマイナスにて場を終える。通常の日の場よりもJASDAQやマザーズ、ヘラクレスなど新興市場の盛況が目立ったという。

また、今朝日経新聞などで【ナムコとバンダイの経営統合(NIKKEI NeT)】が報じられ、【ナムコ(9752)】【バンダイ(7967)】はもちろん、関連銘柄も取引が活性化する。ゲーム業界の状況の変化による、経営構造の変革の情勢的要求に従った合併や統合はこれまでにもいくつか行われてきた。最近ではセガとサミーの事業統合(事実上はセガがサミーの傘下に)により【セガサミーホールディングス(6460)】が誕生したことは記憶に新しい。今後の焦点は、まだ経営統合などの話がない、ハード非提供の大手メーカーの動向にあるといえよう。例えば……いや、やめておこう(苦笑)。自分が買って(買えて)からコメントすべきだよな、こういうのは。

手持ち銘柄。それなりに下げてはいるが、気にするレベルでもないのでコメントも特になし。拾えたらラッキーという程度の思惑で【日産自動車(7201)】を1,000円で指値買い注文したが約定せず。世の中そんなに甘くない、と。

« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »

最近の写真