最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 本日の含み益+241,102(前日比+5,645) | トップページ | 今年は冷夏なの?-2 »

2005.06.11

今年は冷夏なの?-1

一か月ほど前、「羽虫が異常発生している」という話を耳にした。確かに自分の体験でもそれは確認している。この時期、雨が降る直前や夕方には羽虫が多いのだが、それでもここまで酷くは無かったはず。「雲霞のごとく」という言葉通りの数。

しかも調べてみるとこの異常発生、自分の地域だけではないらしい。

羽虫の異常発生は何に結びつくのか調べたり知人に聞いてみたが、「羽虫が異常発生した年は冷夏になることが多い」ということだけだった。

そして先日実家からの電話。実家では趣味半分実益半分で農業を営んでおり、近所の農家ともよく話すそうなのだが、今年は色々「変なこと」が起きているという話。曰く、ミツバチが花粉をあまり取ってこないので蜂蜜の採取量が激減している、花があまり咲かず、花粉の量も少ない、芋の出来が悪いなどなど。どうも、天候が不順なせいのもよう。農家の人たち曰く、こんな現象は滅多になく、今年は冷夏で作物も不順になるに違いないとのこと。

さらに先日【MSN-Mainichi INTERACTIVE】などでも語られている通り、気象庁は今年の夏は冷夏となるかも、というコメントを発した。一方でNASAは「今年の世界の平均気温は高い」とコメントしており、「どっちやねん」と突っ込みを入れたくもなるが、あくまでも予想である以上、仕方あるまい。

とはいえ、今年は関東地方の梅雨入りが非常に早かった。知人曰く、これだけ(他の地域より)梅雨入りが早いのは珍しく、過去においては東京オリンピックの年くらいで、その時はやはり冷夏だったという。

・羽虫の大量発生
・農作物の育成不順
・気象庁の発表
・梅雨入りの時期

これらすべてが(過去のデータを参照して類似状況から推測すると)、「今年は冷夏になる可能性が高い」ことを示唆している。自分は天文学の専門家でもなければ気象予報士の資格を採っているわけでもないので、断言はできない。とはいえ、「現場の声」や「自分の体験」によって導き出された推論なだけに非常に気になる。

というわけで、先日ここで「冷夏に関連する銘柄って何よ?」と聞いてみたわけだ。

(続く)

« 本日の含み益+241,102(前日比+5,645) | トップページ | 今年は冷夏なの?-2 »

各種レポート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 本日の含み益+241,102(前日比+5,645) | トップページ | 今年は冷夏なの?-2 »

最近の写真