最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 船ゆうれい(ふなゆうれい) | トップページ | 2005年5月度月間業績報告 »

2005.06.04

斉藤一人氏の言葉

日本で一番の納税額者としてその名を知られている斉藤一人(さいとう・ひとり)氏。「スリムドカン」をはじめとする各種漢方薬の販売や各種著書、そしてその人となりでも有名である。

さて、過去に購入したビジネス特集の冊子で紹介された際、同氏が語っていた「商い逆転の発想」が非常に印象深く、今でも鮮明に心に刻まれている。それらの中からいくつかを今回は紹介してみようと思う。

■1:我慢・苦労をしない
氏曰く、
「我慢や苦労はその人が無理していること。だがそれは自然に体が動き出す状況とは違う。それはよくないこと。自分が楽しいということをやらなければ、儲けは増えていかない」。
好きこそものの上手なれ、ということか。

■2:商人はいつでも笑顔
氏曰く、
「いつでも笑顔は商売の基本。お客の前でだけ笑顔を取り繕ってもすぐにばれる。だから常日頃から笑顔を絶やさずに」。
お客はモノやサービスを買いにくるだけではなく、楽しいことがありそうだからと思うからこそ、来てくれる。商人はただ商品を売っているだけではないということ。

■3:商売に失敗はない
氏曰く、
「うまくいかないことはあるが、そこで萎縮しては元も子もない。どんなにだめでも小さな成功だと前向きに思う。それこそが儲けのコツ。小さな成功の積み重ねが大成功につながる」
小さなことからコツコツと。誰かの科白ですな。それに失敗を失敗ととらえず、発想の転換をしてみたり、失敗の経験を得たという成功として前向きにとらえるのもあり、と。

■4:楽しくするから成功する
氏曰く、
「苦労と成功は関係ない。汗水流せばそれでいいというわけではない。仕事は楽しくできるようにしなければ。そうすれば手伝ってくれる人が出てきてその人に任せられるので、商売も広がり、成功できるようになる」
トムソーヤの壁のペンキ塗りのエピソードみたいな発想、かな。「10倍儲けたいなら仕事量は10分の1にしなければならない」という逆転思考には、はっとさせられるものがあった。


他に、手元にある冊子では、
「お金が無いと一番困ること。それは衣食住より、『イヤな奴に頭を下げなきゃならない』ということ。お金がないと、イヤな奴に対して、こちらに落ち度が無くとも耐えねばならない。イヤな奴に囲まれて我慢していたら、ロクな考えしか浮かばないし、イヤなことしか起こらない」
とも語っている。ごもっとも。強く同意する他無い。

銀座まるかんのサイト内には、斉藤一人氏による【斎藤一人88のことば】が納められている。これを読んでいると、「にんげんだもの」で有名な【相田みつを氏】に共通する「雰囲気」が感じられる。

時間などの余裕が出来たら、氏の著書も読んでみようと思っている。

« 船ゆうれい(ふなゆうれい) | トップページ | 2005年5月度月間業績報告 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 船ゆうれい(ふなゆうれい) | トップページ | 2005年5月度月間業績報告 »

最近の写真