最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »

2005年8月

2005.08.27

【雑談】ア○バン○・ト○ードというところから

ア「未公開株買わねーか」

というナニな電話勧誘が来た。会社名から「証券会社の勧誘かな」と思ったら違うようだ。

不「金無いし」(本当の話)

と言うと

ア「未公開株だから少額で済みますし」

と答えるし

不「未公開株買うくらいなら公開されてる株買う」(流動性の低い未公開株など買えるか。万一買うにしても自分が使ってる西武鉄道とかにするわい)

と言うと

ア「でも今IPOとかで話題になってるんですよね」

とありきたりな返事。しつこいので、

不「知り合いに専門家もたくさんいますし、FPもいますんで」(これも本当の話)

と返事。自分が株式投資をそれなりにやっていることやネット上・専門誌で「それ系の詐欺商法」を詳しく調べていることはあえて語らなかった。相手も手ごわいものでさらに、

ア「そういう知人がいるのなら、一層IPOとか未公開株の有利さを……」

と抜かすので、時間の無駄だと思い、適当に返事して電話を切った。

切った後に「しまった」と思ったこと。具体的な銘柄と金額、聞いておけば良かった。具体的にネタに出来たのに(お前はネタで物事を考えるのか)

まぁ、こんな話で引っかかる人もいるんだろうなぁ。オレオレの次は「未公開IPO」か。

2005.08.26

本日の含み益+280,917(前週比-16,465)

所有銘柄一覧には常日頃の表を使用。データは本日終値のものに差し替え。

銘柄数量単価終値損益評価額
日本ライトン100400946+54,60094,600
ハウスオブローゼ1007501,381+63,100138,100
進和1217632,040+154,517246,840
武富士307,4007,690+8,700230,700

  <⌒/ヽ- __ (お金が無ければ何も出来ず)
/<_/____/ (無い無い探検隊)

投資スタンスについて指摘を受けたが、実際に試す資金が無いのに色々と考察だけは重ね、様々な手法を持って「買えるかな、買った方がいいかな」という銘柄をピックアップしているのは事実。だがやはり、種銭が極めて厳しいゆえに、初動買い付けですらリスクを抑えるために低い基準で設定せざるを得ず、結局のところ何も買えない状況が続いている。焦っても何もならないのはわかっているけど、もどかしいやら悔しいやら。

思い返してみれば小さいときから今に至るまで、お金では苦労ばかりしていた。だからこそお金への執着・願望が強いのかもしれない。お金では買えないものがあるのは事実。それは知っている。だからこそ、逆に考えれば「ほとんどのものはお金があれば買えるし手に入る」のもまた事実。

今週は、【進和(7607)】の1:1.1分割権利確定が25日にあり、その子株がまだ還流されていないため、見かけ上は大幅な含み益の減少と相成った。去年の11~12月くらいのように続落するようなら買い増しもありかな、と思うのだが、もはや東証一部に鞍替えしてしまった以上、大幅な上昇気運をもたらすようなネタもないだろうし、下げ具合次第ではないかなと考える今日この頃。

【武富士(8564)】は上げ下げを繰り返しながら全体としてはじわじわと上昇しつつある。13週線を割ったり超えたりをしつつ、23週線は確実にこなしているので、あまり心配はしていない。中間配当の権利確定である9月下旬に近づけば、配当狙いの買いが増えてくるだろう。その前後での売りを狙いたい。

【日本ライトン(2703)】はそろそろもう一度大きな下げを経て、年末の権利取りへの動きが見え出してくると思われる。900円を割ったあたりで買い増しをして、権利確定あたりでどうにか売り、確定利益をしたいころだ。配当利回りだけで考えると、売って当然のレベルに達しているわけだし……。

来週は、前に何度か述べた注目銘柄が単元数変更により、どうにか手の届く範囲になる。CPを考えると複数は無理でも、どれか一銘柄だけでも手にしたいところではあるのだが。当日は通院しなければならないので、少し高めでも成行買いか、それとも高めの指値買いをしておこうか。

2005.08.22

優待新設がもたらした急騰……年利8.57%!?

先週末、青果物選果施設最大手で全農指定メーカーシェアは5割強の【マキ製作所(6304)】が優待の新設を発表した。曰く、100株以上1000株未満はお米券2Kg相当、1000株以上5000株未満は同5Kg、5000株以上は同10Kg。今年のみ9月末株主が対象で、来年以降は3月末株主対象の年1回優待。

先日の終値は540円。元々薄商いの同銘柄だったが、優待新設発表明けて一日目の本日は大商いとなり、一時ストップ高まで値を上げた。値が結構乱高下したので、タイミングよく売り買いをして小銭を稼いだ人もいたのではないだろうか。

お米券1枚(1Kg分)は540円相当のお米などと交換出来る。これを前提にちょっと考察をしてみよう。今年に限って9月末、来年からは3月末に優待確定ということは、現在の株主は「2005年9月末」「2006年3月末」……と優待を得られる権利を確保出来る。

はい、もうここで気がついた人、あなたはセンスがあります。

今、新たに株主になって、2006年3月末の権利確定直後に株式そのものを売却すると仮定した場合、

・優待……2Kg相当×2=4Kg相当(2,160円分)
・配当……1,500円
→計……3,660円
※1枚株主の場合。税金考慮せず。

をインカムゲインとして確保可能な結果が出る。お米券は換金性のきわめて高い優待だから、ほぼそのまま現金と同等と考えればいいだろう。しかも、一年丸まる待つことなく、だから本日のストップ高の株価を元に年利に換算すると

3,660÷(640×100)÷(8÷12)×100≒8.57%

と、かなり高い利回りを期待出来ることになる。

もちろん、優待の打ち切りや減配というリスク、株価の下落による損失は考慮していない。8月9日に発表された下方修正を見ると、「どうもな……」という感触もあるのだが、財務内容だけが株価を決定する要因ではないというのも事実。

最終的な選択をするのは各人の意志によるものだが、こういう考え方もあるぞ、という知識はあった方が良いと思われる。多くの人が同じようなことを思って行動するロジックを知識として得ていれば、株価のその向うにある多数の意図が、そして株価動向そのものが見えてくるかもしれないからだ。

ちなみに当方の場合は、CPの関係もあり、参戦はしなかった。……世の中、そんなもんです(苦笑)。

2005.08.20

注目している売買単位変更銘柄

株主優待が好きで配当もわりかし好き。自分の身近にある、親近感の強い商品を取扱っている銘柄が好き。こんな売買傾向を持つ自分にとって、注目している銘柄が二つある。両者とも9月1日から、売買単位が1000株から100株に変わり、なんとか自分でも手が届くかな、という単元になるものだ。

一つは【モスフードサービス(8153)】、もう一つは【寿製菓(2222)】

両社とも優待が自社製品(あるいは自社店での優待券)で使いやすい。前者は数あるファストフード店の中でも数少ない、「現在の自分の加療状況」でも使用できる店舗の一つ(とはいえ、慎重に吟味する必要はあるけど)。前に冊子で読んだ、社長のポリシーも気に入っていた。後者はお菓子の専門店。優待に釣られた(苦笑)というところか。

もちろん両社銘柄とも、もし状況が許せるもので取得出来たなら、【進和(7607)】のように長期保有したい。とはいえ、現状を見る限りでは非常に厳しい。こういう銘柄の場合、よほどのことが無い限り、単元切り替え直後の購入が一番タイミングとしては良いのであるが……。果てさて。

2005.08.19

本日の含み益+297,382(前週比+5,960)

所有銘柄一覧には常日頃の表を使用。データは本日終値のものに差し替え。

銘柄数量単価終値損益評価額
日本ライトン100400944+54,40094,400
ハウスオブローゼ1007501,381+63,100138,100
進和1217632,205+174,482266,805
武富士307,4007,580+5,400227,400

  <⌒/ヽ- __ (現状好転せず)
/<_/____/

自分は精一杯の努力をしているが、直接状況の改善に結びつくことが出来るわけではなし、お盆休みでまわりもあまり動いていないので、ヤキモヤさだけが時間と共に蓄積されたような一週間。

金融資産もさらに減り、CPがどうとかいう状況ではなくなったので、今週は銘柄の動きはまったくなし。指値買いオーダーは何度か行ったが、約定するものもなし。「銘柄数を絞った方が良い」というアドバイスはあちこちからいただいているので、折を見て【武富士(8564)】を売却出来たら(来月当たり、配当の権利取りで動く予感)、残りのCPは基本的に一銘柄(新規か、あるいは既存銘柄への買い増し)に集中投資したいところではある。とはいえ、今話題の【D/A氏】のように、信用×階立てで短期集中売買やザラ場にかぶりつき、なんてことも出来ないし。自分のやってることは「ごっこ」レベルではないのか、と時々自嘲したくもなる。

【日本ライトン(2703)】はやはり1000円が鉄板天井になっているようだ。増配で気配づいたが、4桁の壁は厚かった模様。900円を切ったあたりで買い増ししても良いのかな、とも考えている。これは先週から。

IPOに参加する余力などなく、せいぜい立会外分売、しかもその一部に何とか……という程度。某飲食店銘柄など面白いかな、と思っている。CPの限りでは全力オーダーは無理なので、購入すら出来ないかもしれないが、そしたらそれはそれ。仕方が無い。

お気づきの方もおられると思うが、今週からグーグルの広告をインポートした。表示されているコンテンツをシステム側がリサーチして、マッチした広告を表示する。掲載サイト側のマーケットリサーチがほぼ要らない、おもろい仕組みのものだ。仕組み考えた人は頭良いよな、広告配信元も掲載サイトも、そしてグーグルも皆喜ぶという、三面全得なシステムだもの。

2005.08.12

本日の含み益+291,422(前週比-)

所有銘柄一覧には常日頃の表を使用。データは本日終値のものに差し替え。

銘柄数量単価終値損益評価額
日本ライトン100400955+55,50095,500
ハウスオブローゼ1007501,386+63,600138,600
進和1217632,145+167,222259,545
武富士307,4007,570+5,100227,100

  <⌒/ヽ- __ (2割程度復帰)
/<_/____/

……とまぁ、一時休止に至った「理由」はまだ改善していないので完全復帰までとはいかないが、ずっと黙っていて「死んだ」とかデマが流されるのもよろしくないので、週一ペースで再開ということで。事情の詳細説明は完全復帰が成ってから。

手持ち銘柄へのコメント。……とはいっても随分寂しくなったし、コメントも何もあったもんじゃないのだが、まあそれなりに。

【武富士(8564)】は7,000円以下にでもなったら買い増ししようかとまで考えてはいたが、解散総選挙が決まってから消費者金融系が一斉に上げだし、見る見るうちに買値を突破。とはいえ、上値も限定されているような雰囲気もあるので、今後値動きは鈍いものとなるだろう。目標は8,000円。ただ、価格別出来高を見る限り、8,000円を超えると青天井になる可能性もあるので、期待も出てくる。まずは超すことが第一だが、もし超したら3枚のうち1枚か2枚だけ売ることにでもするか。

あとはもうホールドオンリーの世界。【日本ライトン(2703)】を少々いじってみたい気もするが、「現在のところ」タイミングを逸している。どちらに動くにしても、現在は様子見。上にいくか、下にいくか……。

半復帰

半復帰……というより、正確には1/3復帰くらいだけど、なんとか頑張って、更新を再開したいと思います。

とはいえ、以前と同じペースではまだ無理なんで、

・持ち株経過報告は週単位
・昔話関係は記事をあげられたら(随時)
・その他の記事はなんとかなったら

というくらいでやっていきます。事情の説明は、4/5復帰くらいにまでなったら行いますので、まだしばらく(?)お待ち下さい。

2005.08.06

てんぐのかくれみの

むかしあるところに、彦八というズル賢い男の子が住んでいた。そのそばにある山の奥にはてんぐが住んでいて、「かくれみの」という面白いものをもっている噂があった。このみのを身につけると、姿を消すことができるそうな。

彦八はどうにかそのかくれみのを手に入れたいと考え、一計を企てた。ある日彦八は一本の竹筒を持ち、山に登っていく。そして山の頂上にたどり着くと竹筒を取り出してのぞくふりをしながら「すげぇー、よく見えるぞ」と大声で騒ぎ立てた。

するとその声を聞きつけ、どこからともなくてんぐが現れた。彦八は気がつかないふりをしながら「大阪の町まで見えるぞ、ああ、すごい」。てんぐはたまらなくなり「おい小僧、お前の持っている遠眼鏡のような竹筒、ちょっと見せてくれ」と頼み込む。

ところが彦八は知らん顔。「ダメダメ。これは千里通しというおいらの大事な宝物なんだから。……おお、京の都じゃ皆で踊っているぞ。ふむふむ」と見えもしない京の都のようすを一人ごちる。

続きを読む "てんぐのかくれみの" »

« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »

最近の写真