最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 【雑談】株式市場雑感 | トップページ | 【雑談】株式市場雑感 »

2005.09.29

【雑談】株式市場雑感

絶対値としては大した事がないかもしれないが、まさに「バブル」を象徴するかのような雰囲気で始まった本日の相場。先日同様、鉄鋼・金融・商社を中心に大量の買いが集まり、買い気配のままなかなか値がつかなかった銘柄が多数登場。昼前には一時利益確定の売りと思われる値下がりの動きがあったものの、総じて相場観は強気。ただ、指標を押し上げているのが大手有名、特に東証一部上場銘柄に集中しているため、新興銘柄は弱含みのところが多い。

個別銘柄ではプロ野球セリーグの阪神球団が優勝に近づくにつれて値が急騰した【阪神電気鉄道(9043)】が大騒ぎとなった。マジック1となった本日、「球団関係銘柄はその球団が優勝間近になると値上がりし、優勝が決定すると材料出尽くしで下げる」という定説を裏切るが如く村上ファンドの大量保有が報じられ、売り買いの思惑が錯綜。前場にストップ高をつけたあと大量の投売り(俗に言う「爆撃」)が入り値を下げ、結局終値は前日比マイナス11.00%の930円で場を終えた。大株主による「爆撃」の可能性が高く、もしそうであればあそこしかない、という噂が飛び交ったが真相は定かでない。事実はあるいは、数日後の金融庁への報告書で明らかになるかもしれない。この銘柄だけで大儲けした人もいれば、泡を吹いた人もいるだろう。

手持ち銘柄ではやはり東証一部の有名銘柄に市場の資金が集中しているせいもあり、新興銘柄中心の自分のポートフォリオは悪戦苦闘中。特に【タナベ経営(9644)】の按配が宜しくない。どうも売りが恣意的な感じもするのだが、気のせいだろうか。ともあれ、手持ち銘柄5つがすべて前日比マイナスというのも気分が悪いものだ。

« 【雑談】株式市場雑感 | トップページ | 【雑談】株式市場雑感 »

株式市場雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【雑談】株式市場雑感 | トップページ | 【雑談】株式市場雑感 »

最近の写真