最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 【雑談】株式市場雑感 | トップページ | 株式市場雑感(2005/10/11:日経平均終値1万3,556円71銭/998.49) »

2005.10.06

【雑談】株式市場雑感(2005/10/06:日経平均終値1万3,359円51銭)

本日の日本市場は大幅に続落して終わった。一日の下げ幅も330円38円安と、300円の大台を超える下げ幅。桁違い(数十円と数百円の違い)ほどのインパクトは無いが、やはり200円台と300円台の下げでは、心理的な印象が大きく違うのが実感出来る。「ここまで下げるとしばらく下げ続けるのでは、ならばそうなる前に逃げねば」という恐怖感が更なる売りを呼ぶ。連鎖反応とも大衆心理とも表現できるだろう。米国市場の下落やイスラム圏におけるラマダン(日中の絶食儀式)なども海外勢の買い細りにつながるのではという観測もある(し、一部は実際にそうだったのだろう)。

特に今日は昨日米国産牛肉の輸入再開間近か、という報で勢い付いた外食・牛肉関係銘柄がいっせいに下げ、青ざめる投資家が相次いだことだろうと思われる。ただ、例えば先日材料の出た【トヨタ自動車(7203)】【富士重工業(7270)】などは堅調に推移している。【勝村建設(1817)】は出来高が落ちてきたものの、マネーゲームはまだ続き、66~80円というかなり大きな値幅内で動いたようだ。

手持ち銘柄。【タナベ経営(9644)】が相変わらず軟調。某スクリーニングソフトで買いサインが出たという話がある一方、「チャートが崩れたクソ株」と酷評されることもあり、精神的にはかなりまいっている。ともあれ、月単位で監視していくしかないか……。

« 【雑談】株式市場雑感 | トップページ | 株式市場雑感(2005/10/11:日経平均終値1万3,556円71銭/998.49) »

株式市場雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【雑談】株式市場雑感 | トップページ | 株式市場雑感(2005/10/11:日経平均終値1万3,556円71銭/998.49) »

最近の写真