最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 【雑談】株式市場雑感 | トップページ | 【雑談】株式市場雑感 »

2005.10.04

【雑談】株式市場雑感

もうしばらく調整が続くかと思われた日本市場だが、本日は3日ぶりに猛反発。日経平均終値で13,738円84銭と、213円56銭高。年初来高値を更新している。先週まで強気だった鉄鋼、金融などは高値警戒感から利益確定売りの圧力におされてやや軟調。その一方でナスダックの好調さを受けてハイテク関連銘柄や国際優良銘柄が堅調に推移。概して外国勢の買いが強いような雰囲気。

個別銘柄では先日民事再生手続の申請を行い整理ポスト行きとなった【勝村建設(1817)】が乱高下の展開。単元株数を考慮しても1枚あたりの単価が安いことから、個人投資家を中心にしていると思われるマネーゲームの好対象となり、売り買いが殺到。先日終値の30円から値を上げ、本日はS高の60円で場を終えた。今銘柄だけで出来高は約1億2,900株。総発行株数が約3,200万株であることから、今日だけで4回転近い売買が行われたことになる。まさに狂乱市場というべきか。

新興市場に資金が流入してきたという話が入ってはきたものの、手持ち銘柄は相変わらずぱっとせず。板情報や掲示板の煽り的な書き込みを調べてみるに、どうも【タナベ経営(9644)】の値を意図的に抑えようとしている動きがあるようにも見受けられ、気分は良くない。そんなことをして誰が得をするのだろうか……。

« 【雑談】株式市場雑感 | トップページ | 【雑談】株式市場雑感 »

株式市場雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【雑談】株式市場雑感 | トップページ | 【雑談】株式市場雑感 »

最近の写真