最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 株式市場雑感(2005/11/16:日経平均終値1万4,170円87銭/1,004.47) | トップページ | 株式市場雑感(2005/11/18:日経平均終値1万4,623円12銭/1,018.32) »

2005.11.17

株式市場雑感(2005/11/17:日経平均終値1万4,411円79銭/1,011.61)

前場からじりじりと値をつり上げ、終わってみれば大幅続伸だった本日の東京株式市場。出来高こそ26億株とそれなりのボリュームだったものの、上げ幅は今年5番目の大きなもの。先物主導だけでなく、鉄鋼や銀行金融など主力銘柄が堅調に推移している。また、不動産をはじめとする内需銘柄も強気。一部新興銘柄があおりを受ける形でやや軟調。

個別注目銘柄としてはアスベスト関連の補正予算で動機づいた重松製作所(7980)が本日ストップ高で年初来最高値をさらに更新。インフルエンザ・アスベストの二連荘で急騰している銘柄も多そうだ。

手持ち銘柄。タナベ経営(9644)】は昨日に続き狭いレンジで値がいったり来たりと不安定な動き。唯一積極的に売れる枚数だけ持っているのに、出来高も少なく、お話にならない動きで正直つまらない。その一方で、本日も上げた優待確保銘柄の高千穂交易(2676)は相変わらず好調。世の中なかなかうまくはいかないものだ。

« 株式市場雑感(2005/11/16:日経平均終値1万4,170円87銭/1,004.47) | トップページ | 株式市場雑感(2005/11/18:日経平均終値1万4,623円12銭/1,018.32) »

株式市場雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 株式市場雑感(2005/11/16:日経平均終値1万4,170円87銭/1,004.47) | トップページ | 株式市場雑感(2005/11/18:日経平均終値1万4,623円12銭/1,018.32) »

最近の写真