最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 株式市場雑感(2005/12/6:日経平均終値1万5,423円38銭/1,052.03) | トップページ | 株式市場雑感(2005/12/8:日経平均終値1万5,183円36銭/1,035.60) »

2005.12.07

株式市場雑感(2005/12/7:日経平均終値1万5,484円66銭/1,055.41)

本日の東京株式市場はぬるま湯的な上昇気運と表現すれば良いのか、「上げ基調ではあるが勢いに欠ける」という雰囲気が感じられた。値の騰がり方が急すぎるための警戒感がプレッシャーとなったもよう。出来高も27.6億株とやや少なめ。原油価格高騰に伴う石炭への見直しで関連銘柄が軒並み上昇するなど、「社会情勢を見て動く市場という原理原則」が反映された展開。銀行株は押しなべて利益確定売りに押される形で軟調。

個別銘柄ではサンライズ・テクノロジー(4830)が反落。上げ方が急だっただけに下がる時も「群集心理」が働いて一気に下げ、一日で20%以上もの下げ率を記録した。ライブドア(4753)はもみあいの展開。

手持ち銘柄は昨日に続き高安マチマチ。ポートフォリオで見ると前日比が-30円というチンケさ(苦笑)。高千穂交易(2676)は前日に引き続き下げているが、こういうときは「あの時が天井だったのか」と思うこともなくは無い。だがどちらにしても売るつもりはさらさらないのだから、「そんなこともあるさ」と放置するだけの話。バフェットではないが、10倍銘柄にでもなれば売却を検討するけどね。今一番それに近い日本ライトン(2703)】ですら、3倍ちょっとしか達成してないわけで、まだまだ先は長い……というかありえるのか?

« 株式市場雑感(2005/12/6:日経平均終値1万5,423円38銭/1,052.03) | トップページ | 株式市場雑感(2005/12/8:日経平均終値1万5,183円36銭/1,035.60) »

株式市場雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 株式市場雑感(2005/12/6:日経平均終値1万5,423円38銭/1,052.03) | トップページ | 株式市場雑感(2005/12/8:日経平均終値1万5,183円36銭/1,035.60) »

最近の写真