最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

2005年12月

2005.12.30

株式市場雑感(2005/12/30:日経平均終値1万6,111円43銭/1,077.61)

今年最後の取引となる東京株式市場は午前中のみの取引終了後大納会という区切りというもあり、利益を確定してキャッシュポジションを高めて年を越そうという雰囲気の中売りが先行。場が開けた直後は個人投資家による買いが集まり前日比プラスで進展したものの勢いは続かず下落。結局大幅安の展開に終始した。だが一応1万6000円台の大台はキープしたまま今年の場は終了。出来高は10.7億株。

チャート的には「今日の下げだけでは調整としては不足。新年早々大幅な波乱が予想される」との懸念も聞かれる。鉄鋼や金融など今年の相場を引っ張ってきた大型銘柄に利益確定売りの流れがある一方、新興銘柄に資金の一部が流入したせいかJASDAQ・東証二部など小型銘柄に上げが目立つ。朝方、冬休みに入ったサラリーマンをターゲットとした、株取引特集の番組が民放各放送局で放送されたが、あまり市場には影響を与えなかったようだ(苦笑)。今年個人投資家に好かれたとして番組にも取り上げられたソフトバンク(9984)は今日も堅調。

手持ち銘柄。ほぼ全面高。新興や小型銘柄中心に固められている自分のポートフォリオでは今回のような動きはプラスに働いたようだ。タナベ経営(9644)】は960円前後のフタを食い破り上昇を開始。一時期久々の4桁台の板も見えたが勢いが続かず失速。それでも昨日比で19円高の高値をつけて今年を終えることになった。新興銘柄は年明けから活性化するという見解があちこちで聞かれることもあり、来年に期待したいところだ。

2005.12.29

株式市場雑感(2005/12/29:日経平均終値1万6,344円20銭/1,075.94)

サラリーマンらも冬休みに入ったからかデイトレーダーの割合が急増したようで、値動きの荒い銘柄に注文が殺到したらしく、大証やJASDAQが注文の急増で遅延状態が発生した。一部証券会社でもネット部門におけるシステム障害が発生したし、大納会をひかえまだまだ相場がごたごたしている感がぬぐえない。もっとも株価は昨日に続き上昇気運にあり、終値ベースで年初来最高値を更新している。出来高は19.0億株と昨日よりはややふくらんだ。

個別銘柄では昨日に引き続き分割で1単元あたりの単価が安くなったとして「値ごろ感」が出たソフトバンク(9984)が堅調。ソフトバンクバブルとでも銘打てば良いのだろうか。サンライズ・テクノロジー(4830)は大証から監理ポスト割り当て通知を受けたことが報じられ急落。

手持ち銘柄。高安マチマチ。雑誌掲載や権利確定絡みで値がバブルっていた日本ライトン(2703)】などは今日もそれなりに下げているがその他の銘柄は日経の堅調さにつられたのか上昇。タナベ経営(9644)】は960円前後のフタがようやく食われた……と思ったがさらに先に大き目のフタが見え隠れしている。フタというよりは、先の雑誌掲載で急騰した時のアクかもしれない。まだ先は長そうだ。

2005.12.28

株式市場雑感(2005/12/28:日経平均終値1万6,194円61銭/1,061.40)

よくよく考えてみたら昨日の下げは権利確定後の売却によるものが多分にあるのではないかと実感させられた本日の東京株式市場。前場こそ停滞していたものの後場に入って一気に上昇気運が高まる。また、外国勢が大人しい現状を狙ってか、いわゆる仕手筋の銘柄の動きが激しかったのも気になる。明後日の大納会には1万6000円台をキープしたままで年を終えられそう。出来高は16.5億株と昨日よりさらに少なめ。

個別銘柄では本日分割権利落ち日のソフトバンク(9984)が堅調に推移。分割を反映したことで1単元あたりの株価が下がり、値ごろ感が生じたからだという。「最低取得単価」が安くなったという意味では間違っていないが……どこかおかしな雰囲気を感じさせる。

手持ち銘柄。プラスマイナスゼロ近い動き。日本ライトン(2703)】は逆日歩が36円もついて、優待取りの両建てをしていた人はご愁傷様、というところか。タナベ経営(9644)】は昨日に続き微妙に上げている。フタは950円近辺のはほとんど食われたようだ。だが960円前後に、断続した大きな売りフタが続いているのが気になる。先の「週刊誌掲載特需」の際の「アク」だろうか。

閑話休題。ちょっとしたことをやるために、利用しているEトレード証券に書類の請求を行う。事が済んだらまとめて記事にするつもりだ。

2005.12.27

株式市場雑感(2005/12/27:日経平均終値1万5,969円40銭/1,045.59)

東京株式市場は年末における手仕舞いの雰囲気が強まる中、利益確定売り・現金化の動きに押されて反落。終値ベースで1万6000円台を割り込んでしまった。出来高も18.2億株と少なめ。特に信用取引規制強化の動きが報じられたのがネガティブに作用したもよう。

個別銘柄では経営統合関連でセブン&アイ・ホールディングス(3382)が本日も高値圏で推移。本日分割権利確定日のソフトバンク(9984)は値上げした分の利益確定売りが優勢で下げて終わる。昨日食品関連会社買い取りが報じられたハウス食品(2810)は2000円近くまで上げつつも利益確定売りに押されて終値では5%近い上げに留まる。

手持ち銘柄。高安マチマチ……というより下げ基調。押しなべて下げているというか調整に入ったような感じ。日経平均とほぼ連動しているような雰囲気だ。タナベ経営(9644)】は微妙に上げている。フタは多少喰われたもののまだ88枚と大きい。

2005.12.26

株式市場雑感(2005/12/26:日経平均終値1万6,107円67銭/1,051.53)

東京株式市場は年末における手仕舞いの雰囲気もなぎ払うかのような好調さ。法人の景気予想調査でも改善傾向が見られ、内需関連銘柄を中心に買いが集まった。一方で円高のあおりを受けてか自動車銘柄に売りが目立つ。倉庫銘柄や不動産銘柄も堅調。特許受理を朝方報じたカブドットコム証券(8703)をはじめ証券銘柄も高い。終値では日経平均は2000年10月以来の1万6100円台を回復。出来高は18.7億株とやや少なめ。

個別銘柄では経営統合で経済ニュースを騒がせたセブン&アイ・ホールディングス(3382)がストップ高で比例配分。それにつられる形で他の小売関連銘柄も買い進まれる。ジェイコム(2462)は再び買い進まれ、高値で引ける。

手持ち銘柄。日経全体でこれだけ好調なのになぜか下げ基調。値嵩株・大型株に資金が集中しているということだろうか。タナベ経営(9644)】は唯一上げているのだが、板情報を見る限り950円で大きなフタがされている。また価格操作か。

2005.12.22

株式市場雑感(2005/12/22:日経平均終値1万5,941円37銭/1,046.66)

東京株式市場は昨日の急騰への警戒感からか弱めに推移したものの引け目にかけて押し目買いの動きが強まり、終値では小反落で場を終える。ハードディスクがらみで、ある機械関係銘柄の下げが日経平均全体を押し下げる形となっている。出来高は25.0億株。

個別銘柄ではソフトバンク(9984)が本日も堅調。分割の権利確定を間近に控え、高値警戒感も振り切って上げ続けている。ユージン(7828)は本日はもみあいの展開。ここ数週間株式市場の話題をかっさらったジェイコム(2462)はこちらも高値でビビり出したのか売りが増えて大幅下落。このままジェットコースター状態になるのか、今日の下げはあくまでも調整に過ぎないのかは神のみぞ知る。

手持ち銘柄。やや下げ。高千穂交易(2676)は昨日の反動で下げまくったが、後場に入り一部持ち直し。せめて2枚あれば昨日の時点で1枚でも売っていたのだが。そういうことが出来るタナベ経営(9644)】はまたもおとなしめ。というか前日と変わらず。ナニを考えているのだか。。。

2005.12.21

株式市場雑感(2005/12/21:日経平均終値1万5,957円57銭/1,043.13)

東京株式市場は大幅続伸。円安をきっかけにハイテクなど輸出関連銘柄に買いが集まり、全体の雰囲気を押し続けた。日経平均株価も一時1万6000円台をつける。本来海外勢の買い細りから値を下げるという定石も今年は通用しないようだ(その分来年の反動が怖いともいえるが)。出来高は25.8億株とそれなり。

個別銘柄ではソフトバンク(9984)の上げが止まらないのが目に付いた。次から次へと材料を出してきて値をつりあげるあたり、かつて800円から900円をつけていたとは思えない。鱈レバは止めておく。きりが無いし。一方、カプセルトイのユージン(7828)はようやく初値がつき、それをはさんだ細かい展開。元々場に出回っている枚数が少ないので、今後は何か注目されるような案件がない限り、閑散とした状態になるかも。優待がついたとしてもこの値では、優待目当てで買う人も少ないだろうな。分割でもすれば話は別だが。

手持ち銘柄。高千穂交易(2676)がまたも雑誌掲載特需で鼻血が出そうなストップ高。買い残りが出る状態でのストップ高で場が引けるなど、自分の手持ち銘柄では久々に見た。1枚しかないんだよなぁ……(2000円超した時点で値動きが5円単位に変わったのか)。その他はマチマチ。日経全体がこれだけ上げたの主力銘柄のタナベ経営(9644)】は昨日に続き逆に下げる始末。しかも950円で大きなフタを作っているヤカラまで出る始末。来年に入らないと動機付きそうにない。週刊誌特需でも無い限りは。一部では、当方(不破)が売れば動機づくのではないかと不届きな助言をする者もいるが、そんなジンクスなど無い……と思いたい。

2005.12.20

株式市場雑感(2005/12/20:日経平均終値1万5,641円26銭/1,039.80)

寄り付きはやや軟調で始まった本日の東京株式市場だが、後場にかけて勢いをつけ大幅続伸で場を終える。景気回復への期待から内需関連銘柄に買いが集まった。だが相変わらず外国勢の買い控えから出来高は少なく、21.7億株。

個別銘柄では本日上場した複数の銘柄が揃って好スタートを切ったのに注目。国内投資家の注目が新興市場に集まったのと、先のジェイコム(2462)祭り(?)がきっかけになったのは間違いあるまい。個人的にはカプセルトイのユージン(7828)に着目したいところだが……すでに手が届かないところに行った感がある。構造計算書に偽装嫌疑がかかった塩見ホールディングス(2414)は今日も激しい下げ基調。

手持ち銘柄。日経の伸びに比べるとイマイチ。日本ライトン(2703)】が続伸しているのは心強いが、主力銘柄のタナベ経営(9644)】は昨日に続き逆に下げる始末。新興市場銘柄じゃないのか、お前は。

2005.12.19

株式市場雑感(2005/12/19:日経平均終値1万5,391円48銭/1,038.57)

本日の東京株式市場は後場にかけて急激に上げ幅を広げ、引けにかけて急上昇。ただし出来高は外国勢がすでに年末休暇に向けて買い控えをしているからか少なく、17.2億株。円高がひとまず落ち着いたことから、自動車などの輸出関連銘柄に押し目買いが入ったのが大きな動き。

個別銘柄では構造計算書に偽装嫌疑がかかった塩見ホールディングス(2414)がストップ安の展開。大証2部であるものの、配当利回りがそれなりによかっただけに、配当から長期保有していた人も少なからずいたはずだ。いきなり100円(17.86%)安という展開には腰を抜かしたことだろう。

手持ち銘柄。高安マチマチ(こればかり)。日本ライトン(2703)】などは日経平均に伴い順調に上げ続けているのだが、主力銘柄のタナベ経営(9644)】は逆に下げる始末。「さがってしまうとはなさけない」。ドラクエのようだ。値が少しも上がらないので手持ち銘柄の配当利回り順ではいまだにトップなのが皮肉なところ。

2005.12.16

株式市場雑感(2005/12/16:日経平均終値1万5,173円07銭/1,031.69)

本日の東京株式市場は昨日の先物の終値への警戒感から下げてはじまり、その後も先物に振り回される形で乱高下。日経平均も一時は先日比プラスで展開する場面もあったが結局のところ終値ではマイナスで落ち着く。是気高は24.6億株とやや少なめ。急激な円高が各種銘柄にも微妙に作用したもよう。ハイテク関係や鉄鋼も弱い一方で金融銘柄が買い進まれる。

個別銘柄ではジェイコム(2462)が売買再開後初めて一時安く寄り付いたが再び買い進まれる。個人投資家による5億6000万円の利益云々という報道が少なからず影響を与えたようだ。

手持ち銘柄。高安マチマチ。日本ライトン(2703)】は「どこまで行くんだ」というくらいに上げ続けている。一枚しかないのが逆に堪える。タナベ経営(9644)】は一時買値まで落ちて「あーあ」と考えさせられたがその後回復。微妙にもみあいが続いている。

2005.12.15

株式市場雑感(2005/12/15:日経平均終値1万5,254円44銭/1,034.68)

本日の東京株式市場は続落日経平均株価で前日比プラマイゼロにまで戻す場面もあったが、急激な円高が進展することへの警戒感からか利益確定売りが先行。一部先物が下げていたのが先行する形と相まって下げ幅を拡大した。輸出関係が軒並み下げ。金融など内需関連銘柄もそれにつられる形で下げている。出来高は25.7億株とやや少なめ。

個別銘柄ではコーエーネット(2697)の前日比下げが気になるところ。だが実質的には1対2の株式分割の権利落ち日なので、やや上げというところ。驚いた方、ご安心あれ。どちらにして当方にはもはや手に届かない銘柄になってしまったことに違いはないが(同様の理由で落ちたコーエーについてはゲーム平均株価のパラメータを修正済み)。

手持ち銘柄。高安まちまち。天井感のある日本ライトン(2703)】がややキツめに下げた代わりに高千穂交易(2676)が持ち直して反転。あと進和(7607)が急進したのが気になる。

気になるといえば、場が終了したあとの日経先物が急落し、1万5170円をつけていた方が気になる。明日も先物主導で相場が展開するのなら、かなりの下げは覚悟せねばなるまい。

2005.12.14

株式市場雑感(2005/12/14:日経平均終値1万5,464円58銭/1,061.34)

本日の東京株式市場は高値警戒感と利益確定の動きから、先物先導で売りが先行。後場に入って下げ幅を拡大し、前日比300円以上の下げ幅を記録した。出来高は35.2億株。特にハイテク銘柄や金融、鉄鋼などに下げが目立つ。

個別銘柄ではライブドア(4753)が700円台を超えたあと勢いに乗るかのように高値でスタートしたもののその後伸び悩み、前日終値を底に低空飛行の形。売買を再開したジェイコム(2462)はストップ高で推移。強制決済された個人投資家らのうめき声が聞こえてきそう。

手持ち銘柄。安値展開。日本ライトン(2703)】は持ちこたえたものの他の銘柄は日経の下げ基調に引きづられる形で下げる。まぁいつものことだから特に気にはしない、と。

2005.12.13

株式市場雑感(2005/12/13:日経平均終値1万5,778円86銭/1,075.46)

本日の東京株式市場は一進一退の攻防を繰り広げる展開。前場終わりごろからやや軟調になるも、後場引けにかけて急速に持ち直し、日経平均の終値は前日比プラスで場を終える。一時期鉄鋼銘柄に広く買い注文が入り同銘柄は一堂に上げたがそれも長続きはせず次第安。出来高は36.7億株。

個別銘柄では京都の殺人事件を嫌気し昨日ストップ安だった京進(4735)が材料出尽くしで反発。また、細かい材料が次々と出てくるライブドア(4753)が700円台乗せ。

手持ち銘柄。昨日に引き続き高安マチマチ。日本ライトン(2703)】が寄り付きを特別買い気配でスタートしその後も堅調。気がついたら1500円が目の前に……と調べてみたら瞬間ではあるが1500円をつけていたのか(驚)。一方、タナベ経営(9644)】は軟調。キミが動機づいてくれないと困るのだよ、ホント。

2005.12.12

株式市場雑感(2005/12/12:日経平均終値1万5,738円70銭/1,061.00)

本日の東京株式市場はジェイコム・ショックにひとまず先行き感が出てきたことなどから金融関連の安定を確信した買いが入るなど、先物主導と相まって全面高の展開。終値ベースでも2000年10月以来の高値水準となる1万5700円台をつける。買い注文も国内外個人機関を問わず幅広く入った模様。出来高は31.3億株。

個別銘柄では京都の殺人事件を嫌気して京進(4735)がストップ安。民事再生手続の平成電電の事業再生支援を発表したドリームテクノロジーズ(4840)が前場は上げたものの後場に入って失速。

手持ち銘柄。高安マチマチ。調整から回復した高千穂交易(2676)が今日も勢い良く上げている。また日本ライトン(2703)】も堅調。その一方、日経平均がドカ上げしているにも関わらず主力銘柄のタナベ経営(9644)】はさえない動き。トホホ。

2005.12.09

株式市場雑感(2005/12/9:日経平均終値1万5,404円05銭/1,046.02)

先日のみずほ・ジェイコムショックから立ち直れない感もあり午前は一進一退の攻防を繰り広げる形となった東京株式市場だが、後場になって次第高の展開。終値ベースで前日比220円69銭高というなかなかの好成績をあげた。出来高も37億株と好調。売買代金は4兆6494億円と市場最高額を更新した。

みずほ証券による買いあがりの期待感が高まっていたジェイコム(2462)だが結局本日は売買停止となり、誰も手出しはできず。場合によっては来週前半まで同様の処理が行われる可能性もあり、予断を許さない状況に。銀行などの金融銘柄や鉄鋼銘柄が強く、自動車やハイテクが弱め。

手持ち銘柄。数日間調整が続いていた高千穂交易(2676)が反転。日本ライトン(2703)】もそれなり。

2005.12.08

株式市場雑感(2005/12/8:日経平均終値1万5,183円36銭/1,035.60)

奇しくも真珠湾奇襲攻撃の行われた12月8日の東京株式市場は、奇襲攻撃を食らったかのような衝撃に見舞われた。【先にもお伝えした通り】本日マザーズに上場を果たしたジェイコム(2462)の誤発注騒動で市場がかき回され、市場全体としては大幅な下げで場が終わる。

他の銘柄を売るなどしたものも含めて短期資金のかなりの部分がジェイコムに投入された関係からか、押しなべて他の銘柄は売りが集まり全面安に。日経平均株価も前日比300円を超える下げ高を記録した。出来高は25.0億株。

個別銘柄ではジェイコム(2462)。上場初日にしてストップ安・ストップ高を経験するという、とんでもない銘柄となった。オマケに一日の東証取引額でも過去最高額を記録。良い宣伝となったことであろう……という冗談で済まされない事態であることだけは確か。

手持ち銘柄は昨日に続き高安マチマチというよりちょい安。高千穂交易(2676)が息切れで今日も反落。まぁ長い目で見ているので、と先日届いた優待のお米券を見ながら。日本ライトン(2703)】がなぜか地道にあげているのがほほえましかったり。

2005.12.07

株式市場雑感(2005/12/7:日経平均終値1万5,484円66銭/1,055.41)

本日の東京株式市場はぬるま湯的な上昇気運と表現すれば良いのか、「上げ基調ではあるが勢いに欠ける」という雰囲気が感じられた。値の騰がり方が急すぎるための警戒感がプレッシャーとなったもよう。出来高も27.6億株とやや少なめ。原油価格高騰に伴う石炭への見直しで関連銘柄が軒並み上昇するなど、「社会情勢を見て動く市場という原理原則」が反映された展開。銀行株は押しなべて利益確定売りに押される形で軟調。

個別銘柄ではサンライズ・テクノロジー(4830)が反落。上げ方が急だっただけに下がる時も「群集心理」が働いて一気に下げ、一日で20%以上もの下げ率を記録した。ライブドア(4753)はもみあいの展開。

手持ち銘柄は昨日に続き高安マチマチ。ポートフォリオで見ると前日比が-30円というチンケさ(苦笑)。高千穂交易(2676)は前日に引き続き下げているが、こういうときは「あの時が天井だったのか」と思うこともなくは無い。だがどちらにしても売るつもりはさらさらないのだから、「そんなこともあるさ」と放置するだけの話。バフェットではないが、10倍銘柄にでもなれば売却を検討するけどね。今一番それに近い日本ライトン(2703)】ですら、3倍ちょっとしか達成してないわけで、まだまだ先は長い……というかありえるのか?

2005.12.06

株式市場雑感(2005/12/6:日経平均終値1万5,423円38銭/1,052.03)

日経平均は4営業日ぶりに反落。出来高は30億株程度とまずまずのボリューム。アメリカ市場の流れを受けてハイテク関連銘柄に売りが目立つ一方、石油や金融銘柄に買いが集まっている。また、一部新興銘柄に資金が動きつつあるという話も聞き及ぶ。

個別銘柄では先日経団連への加入申請をしたライブドア(4753)が値高い。一時期の最安値からすでに倍近い値をつけている。やはり300円はひとつの大きな底値だったかと今更ながら思う。昨日新聞掲載から値を上げた東鉄鋼(5445)は本日も次第高。サンライズ・テクノロジー(4830)は激しい値動きをしつつも全体的には続伸中。もうしばらく、棒倒しゲーム的な展開が続くことだろう。

手持ち銘柄は高安マチマチ。ここ数日急騰していた高千穂交易(2676)はまとまった下げ。とはいえ、先日配当と優待も届いたことだし、放置状態を決め込んでいるのであまり気にもならない。主力銘柄のタナベ経営(9644)】はようやく波にのってきたかな、と思いたい雰囲気。

2005.12.05

株式市場雑感(2005/12/5:日経平均終値1万5,551円31銭/1,047.94)

場が開けた直後は前営業日比マイナスで展開した東京株式市場も、次第に値をつりあげ、景気拡大期待を背景に一段高。円安進行に加えて外国人投資家の買い注文の積極さもプラスに働いたもよう。出来高は40億株近くの37.2億株と急増し、売買代金は一日の額としては最高の3兆7731億円となった。海運・電気・薬品が下げ気味なものの、その他の銘柄は軒並み堅調。

個別銘柄では株式新聞一面に掲載された東鉄鋼(5445)がストップ高になったのをはじめ、ストップ高や高値更新をする銘柄が相次いだ。前営業日に続きサンライズ・テクノロジー(4830)が続伸中。端から見ているとドキドキするような急騰ぶり。

手持ち銘柄。久々に市場の動きに載った形で全面高。主力銘柄のタナベ経営(9644)】の動きはさえないものの、高千穂交易(2676)は相も変わらず続伸中。どこまで続くのか。

2005.12.02

株式市場雑感(2005/12/2:日経平均終値1万5,421円60銭/1,041.17)

週末の東京株式市場は昨日に引き続き全面高の展開で推移。特に先物主導の展開となり、日経平均は終値で1万5,400円台にまで突入。外国為替市場では円が引き続き売られる傾向が進んでいるのに、国内株式が必至に買われ続けているのも少々妙な感じ。金融、証券銘柄が強く、倉庫や運輸関連銘柄も続伸。ハイテクも強い。出来高は33.2億株とやや大きめ。

個別銘柄では昨日に引き続きサンライズ・テクノロジー(4830)が急騰継続中。二日でほぼ倍近い株価に。単元株数が10株と小さめなのも買いが集まっている理由の一つだろう。ソフトバンク(9984)は高値更新。

手持ち銘柄。高安マチマチ。主力銘柄のタナベ経営(9644)】が停滞を続ける一方、高千穂交易(2676)は上昇が止まらない。このままいくと半年も経たずに倍になってしまうのではないだろうか。うう、もう数枚買っておけばと鱈レバ定食。

2005.12.01

株式市場雑感(2005/12/1:日経平均終値1万5,130円50銭/1,038.61)

先日は達成感ゆえに下げた東京株式市場だが、本日は昨日の終値を底とし、底堅い展開で推移。後場に入りじわじわと先物主導で値をつり上げ、終値で258円35銭高の1万5,000円超えを達成した。出来高は26.4億株とやや少なめだが、上昇基調にあるのが頼もしいところ。

個別銘柄ではサンライズ・テクノロジー(4830)が決算内容を受けて急騰。また同じように業績好調でイビデン(7435)も爆騰。日本ERI(2419)は一時期40万円を割り込む展開に。

手持ち銘柄。優待半永久ホールド銘柄や端株銘柄だけが急騰するイヤンな展開。その一方、主力銘柄のタナベ経営(9644)】は停滞中。世の中うまくいかないものだ。

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

最近の写真