最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 株式市場雑感(2006/01/05:日経平均終値1万6,425円37銭/1,110.33) | トップページ | 株式市場雑感(2006/01/10:日経平均終値1万6,124円35銭/1,108.82) »

2006.01.06

株式市場雑感(2006/01/06:日経平均終値1万6,428円21銭/1,114.25)

三連休をひかえ、中東情勢の変化などから警戒感や利益確定売りが相次いだ本日の東京株式市場。場が明けた直後は下げ続けたものの、その後上げに転じ、後場は昨日の終値をはさんだもみあいの展開に。特に外国勢は本日発表のアメリカの雇用統計の結果を見てからという動きが大きい。ハイテク銘柄中心に買いが先行したものの、金融株や証券株が弱いのが目立つ。

個別銘柄ではドイツ銀行による大量取得報告書が報じられたソフトバンク(9984)が乱高下。とはいえ昨今の上昇気運の理由が判明したこともあり、ひとまず落ち着いたとの感もある。フォーサイド・ドット・コム(2330)はネガティブな材料が出た上で単元が安いことからマネーゲームの対象になったものと思われる。

手持ち銘柄。主力銘柄タナベ経営(9644)】はあんなことを書いたからか微妙な値でもみあいが続いている。他の銘柄は高安マチマチであまりコメントするところもなく。

« 株式市場雑感(2006/01/05:日経平均終値1万6,425円37銭/1,110.33) | トップページ | 株式市場雑感(2006/01/10:日経平均終値1万6,124円35銭/1,108.82) »

株式市場雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 株式市場雑感(2006/01/05:日経平均終値1万6,425円37銭/1,110.33) | トップページ | 株式市場雑感(2006/01/10:日経平均終値1万6,124円35銭/1,108.82) »

最近の写真