最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 株式市場雑感(2006/01/19:日経平均終値1万5,696円28銭/1,082.29) | トップページ | 株式市場雑感(2006/01/23:日経平均終値1万5,360円65銭/1,068.82) »

2006.01.20

株式市場雑感(2006/01/20:日経平均終値1万5,696円69銭/1,092.99)

「ホリエモンショック」の余韻が続く今日の東京株式市場、東証の処理能力の上限とのにらみ合いをしつつ「いつ止まるのか」とドキドキしながら展開する相場など、やはり「世界の恥」といわれても仕方が無いのだろう。ライブドア(4753)関連銘柄の急落などによる追証や強制売買の影響が今日あたりから出始めるという話もあったが、結局のところさほど大きな影響は無かったもよう。ただ、前場はともかく後場に入り、週末に同事件に動きがあるのではないかという観測から売りが先行し、やや軟調な展開。結局わずかに日経平均は前日比プラスの値で場を終えたが、東証の処理能力問題とあわせ、不安定な相場は続く。16000円を天井と見る動きもあるのだろう。出来高は21.0億株とやや少なめ。

個別銘柄として特にピックアップする銘柄もなく、まんべんなく上げた形。ただ一説によれば「こういう時の買いは優良銘柄から入る。速めに急上昇した銘柄こそねらい目だ」という話もあった。今日の値動きは今後の参考になるかもしれない。なお業種別では昨日あまりにも下がりすぎた感がある優良IT関連銘柄に買いが目立ったとのこと。ちなみにライブドアは終値が419円で出来高は19万1557株。売り残りは約2億8934万株に及ぶ。明日の値幅制限の下限は336円。まだ売り買い均衡状態にはなりそうもない。

個別銘柄。先日の下げから値ごろ感があったと思われるソフトバンク(9984)が昨日に続きプラスで推移するも失速。結局前日比大幅マイナスで場を終える。この、ソフトバンクの失速が市場全体に冷や水を浴びせたという話もある。あとはライブドア関係銘柄は一様に軟調。というか、リバウンドの可能性すらあまり無い。

手持ち銘柄。場が開けた直後は絶好調だったが市場全体の雰囲気に飲まれる形で段々と軟調に。全体ではそれなりにプラスな形で場を終えたが、板情報を見る限りでは少々不安が残る。週末にでも「ホリエモンショック」が第二ステージを迎えることになれば、来週前半はまた辛い展開が待っているかもしれない。タナベ経営(9644)の次の短信は2月中旬だから、少なくともそれまでは維持していたいのだが……。日本ライトン(2703)は昨日はしゃぎすぎてマイナス。しばらくはもみ合いが続くかな。

« 株式市場雑感(2006/01/19:日経平均終値1万5,696円28銭/1,082.29) | トップページ | 株式市場雑感(2006/01/23:日経平均終値1万5,360円65銭/1,068.82) »

株式市場雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 株式市場雑感(2006/01/19:日経平均終値1万5,696円28銭/1,082.29) | トップページ | 株式市場雑感(2006/01/23:日経平均終値1万5,360円65銭/1,068.82) »

最近の写真