最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 株式市場雑感(2006/01/23:日経平均終値1万5,360円65銭/1,068.82) | トップページ | 株式市場雑感(2006/01/25:日経平均終値1万5,651円00銭/1,094.15) »

2006.01.24

株式市場雑感(2006/01/24:日経平均終値1万5,648円89銭/1,092.17)

ライブドア(4753)社長の堀江貴文氏ら逮捕の報を受け、直近の悪材料はひとまず出尽くした感があるのと、直前の大暴落では「二日下げた後一日上げた」というパターンだったことからの期待感もあり、寄付きから値を上げた本日の東京株式市場は一様に堅調に推移。一時中だるみする場面もあったが、結局終値ベースでも日経平均は前日比で300円近い上げとなった。前日のアメリカ市場の数値がよかったせいもあるのだろう。出来高は昨日よりさらに減って15.9億株。

個別銘柄ではライブドア(4753)関連銘柄は売りが続いたものの、一山超えたということで関連子会社の一部に買収の思惑から買いが殺到。例えばライブドアオート(7602)など前日比で50%近い上げを記録している。出来高も今日の銘柄では第一位。果たして本家にも同様の買いあがりがあるのかどうか。ソフトバンク(9984)も堅調。

手持ち銘柄。高安マチマチ。タナベ経営(9644)がそれなりに持ち直してきたような気がするが、やはり出来高が少なく買い板も売り板もスカスカなのが気になる。一方日本ライトン(2703)はここしばらく新興市場がおもちゃにされている(実際先日1200円台までドカ下げした)のと、値動きのブレがあまりにもキツく、心臓にあまりよくないのでここらで一度利益確定をすることにした。配当利回りから考慮すると遅すぎたくらいだ。もう少し値が落ちたらまたお会いしましょう、ということで。

「ホリエモンショック」はとりあえず一つの山場を超えたようだが、次に「ライブドア株式の売買同数寄り付き後の混乱」と、「事件の波及」でもう一波乱あるのではないかと踏んでいる。その時に犠牲になるのは恐らく自分のような、新興市場中心にポートフォリオを組んでいるような人なんだろうな、と思う(3銘柄でポートフォリオも何もあったもんではないが)。

« 株式市場雑感(2006/01/23:日経平均終値1万5,360円65銭/1,068.82) | トップページ | 株式市場雑感(2006/01/25:日経平均終値1万5,651円00銭/1,094.15) »

株式市場雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 株式市場雑感(2006/01/23:日経平均終値1万5,360円65銭/1,068.82) | トップページ | 株式市場雑感(2006/01/25:日経平均終値1万5,651円00銭/1,094.15) »

最近の写真