最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 株式市場雑感(2006/02/03:日経平均終値1万6,659円64銭/1,125.42) | トップページ | 株式市場雑感(2006/02/07:日経平均終値1万6,720円99銭/1,133.26) »

2006.02.06

株式市場雑感(2006/02/06:日経平均終値1万6,747円76銭/1,126.26)

「1万7000円が天井なのだろうか」と多くの人が注目すればするほどその注目が事象に影響を及ぼしうるという、いわば「不確定性原理」を地でいくかのような相場展開が続いている中での本日の東京株式市場。前営業日終値を挟んだ狭いボックス圏内での値動きが続き、大きな変動は見られなかった。お昼前後の下げ基調では冷や冷やさせられたが結局後場にかけてプラスに転じる。だが勢いは弱い。出来高は20.7億株と少な目。

銀行銘柄や電気関連がやや弱めだが、自動車や石油関連などの大型銘柄は強い。話題のライブドア(4753)は3ケタ台回復。あれだけネガティブなニュースが入っているというのに必至といえば必至。また関連銘柄も例えばライブドアオート(7602)など強含みの展開が多い。

手持ち銘柄。高安マチマチ。主力銘柄のタナベ経営(9644)は今日もちょっぴり上がってようやく4桁台が見えてきた気がする。とはいえ売り板によるプレッシャーは相変わらず大きい。権利確定日までにどこまで値を上げるか、見どころといえる。

« 株式市場雑感(2006/02/03:日経平均終値1万6,659円64銭/1,125.42) | トップページ | 株式市場雑感(2006/02/07:日経平均終値1万6,720円99銭/1,133.26) »

株式市場雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 株式市場雑感(2006/02/03:日経平均終値1万6,659円64銭/1,125.42) | トップページ | 株式市場雑感(2006/02/07:日経平均終値1万6,720円99銭/1,133.26) »

最近の写真