最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 株式市場雑感(2006/02/21:日経平均終値1万5,894円94銭/1,070.97) | トップページ | 株式市場雑感(2006/02/23:日経平均終値1万6,096円10銭/1,101.02) »

2006.02.22

株式市場雑感(2006/02/22:日経平均終値1万5,781円78銭/1,072.90)

昨日の高値の値動きを受けて短期売買における利益確定が市場の雰囲気を支配した本日の東京株式市場。軟調に全体が推移し、結局終値ベースでは前日比100円を超える下げ。新興市場はあまりにも昨今の下げ幅が大きかったため、リバウンド狙いの買いが断続的に入り、プラスに動いた銘柄が大きかった。出来高は22.7億株。

個別銘柄。東証に「マネーゲーム続けるなら取引時間を半分に減らすぞ」と、考えようによっては暴言以外の何物でもない発言の対象となったライブドア(4753)は今日も上げで推移。出来高は以前と比べるとそれほどでもないが、それでも他銘柄と比べればそれなりに大きい。事件の動向次第で上場廃止も十分ありえるだけに、ヒヤヒヤものの展開。自分も松井の口座でどうしようかと考え中。

手持ち銘柄。高安マチマチ。堅調な銘柄はそれなりに上げているが、それでも数日前の大暴落のダメージは回復しきれていない。タナベ経営(9644)も騰がったが、まだ含み損の世界。ネクストコム(2665)もまだまだ先は長い……とはいえこちらはタイムリミットが設定されているので早めに上がってほしいな、というところ。

先日云々したアルファベット3文字銘柄(ぶっちゃけYKT(2693)なのだが)について。優待はともかく分割の言及で「分割後でもちゃんと15円配当ありまっせ」という指摘。ああ、確かに諸表見るとそのようにある。それなりに面白い銘柄ではありそうだ。ただ、板情報を見る限り、500円の壁がやたらと厚くなっているので、年利3%超えは先日のチャンス以降はなかなか訪れそうにない。……知人が主力でやっている手法も試してみたいところだが、運転資金が絶望的なのがナニなんだよなぁ。

やはり神のお目こぼしでどーんとロト6の1等でも当たってくれないものか。そうしたらもっと面白い(?)雑感が展開できるのだけど。それだけで暮らせるような生活が、自分の療養のためにも一番なんだけどね。病人扱いどころか健常人より酷い、虐待レベルの扱いされている現状の自分がここにいる。

« 株式市場雑感(2006/02/21:日経平均終値1万5,894円94銭/1,070.97) | トップページ | 株式市場雑感(2006/02/23:日経平均終値1万6,096円10銭/1,101.02) »

株式市場雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 株式市場雑感(2006/02/21:日経平均終値1万5,894円94銭/1,070.97) | トップページ | 株式市場雑感(2006/02/23:日経平均終値1万6,096円10銭/1,101.02) »

最近の写真