最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 株式市場雑感(2006/04/21:日経平均終値1万7,403円96銭/1,072.76) | トップページ | 株式市場雑感(2006/04/25:日経平均終値1万6,970円29銭/1,048.72) »

2006.04.24

株式市場雑感(2006/04/24:日経平均終値1万6,914円40銭/1,047.19)

本日の東京株式市場は竹島問題こそ一山越えたものの、先週後半に湧き上がった新興市場への不信感、千葉補欠選挙での民主党候補者勝利による政局不安定化への懸念、円高や原油市場の高騰などネガティブ要因が重なり全面安の展開。日経平均株価で1万7000円台の攻防が続いたものの、引けにかけてボーダーラインを突破する形で続落。結局終値で前営業日比500円近い下げとなった。新興市場の一部に(リバウンドをも兼ねて)資金が流入した動きがあるも、下げ基調は変わらず。出来高は18.2億株とそれなりだった。

日経225イメージ個別銘柄。大型株が堅調な一方、新興市場での狼狽売りが市場全体に冷や水を浴びせている。【イートレード証券(8701)】【インデックス(4835)】などはリバウンドで上げ。【日本ファルコム(3723)】【和光堂(4520)】は材料が出てストップ高(もっとも後者の場合、色々複雑な動きをしたようだが……)

日経225のマップはほぼまっかっか。緑系統の色のエリアはごくわずか。大炎上中といった形だ。まぁ日経平均で500円近い下げを記録しているのだからこれはこれで仕方ない。明日は反発、してくれると良いのだが、あるいは続落してしまうのだろうか。

« 株式市場雑感(2006/04/21:日経平均終値1万7,403円96銭/1,072.76) | トップページ | 株式市場雑感(2006/04/25:日経平均終値1万6,970円29銭/1,048.72) »

株式市場雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 株式市場雑感(2006/04/21:日経平均終値1万7,403円96銭/1,072.76) | トップページ | 株式市場雑感(2006/04/25:日経平均終値1万6,970円29銭/1,048.72) »

最近の写真