最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 株式市場雑感(2006/05/02:日経平均終値1万7,153円77銭/1,057.80) | トップページ | 株式市場雑感(2006/05/09:日経平均終値1万7,190円91銭/1,065.66) »

2006.05.08

株式市場雑感(2006/05/08:日経平均終値1万7,291円67銭/1,067.58)

本日の東京株式市場はウォーレンバフェット氏の発言を元に急激なドル安が進む中で進み、輸出関連銘柄が売り込まれるも、内需関連銘柄が底支えをする形で堅調に推移。一時日経平均株価で前営業日終値比+200円を超す場面も見られたが結局失速。一応上げ優勢の相場観で場は終えたものの、後味がなんとなくよろしくない市場展開となった。出来高は18.9億株。

日経225イメージ個別銘柄。不動産銘柄は全般的に地価上昇報道などから一斉に上げたが、【菱和ライフクリエイト(8896)】は社長の不祥事でストップ安で大きく売り玉を残して場を終えた。事件内容が会社事業そのものと関連深いところにあると伝えられているため、根は深そう。[ソフトバンク(9984)]は3000円台を回復し、グループ企業の株価と共に大きく上げている。

日経225のマップ。自動車やハイテクなど輸出関連銘柄が軟調、不動産や金融など内需関連が好調なのがひとめで分かる。とはいえ、現在手持ちの銘柄は大体が新興。大型・主要銘柄と新興銘柄のそれぞれの値動きが分かるようなマップはないだろうか。

« 株式市場雑感(2006/05/02:日経平均終値1万7,153円77銭/1,057.80) | トップページ | 株式市場雑感(2006/05/09:日経平均終値1万7,190円91銭/1,065.66) »

株式市場雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 株式市場雑感(2006/05/02:日経平均終値1万7,153円77銭/1,057.80) | トップページ | 株式市場雑感(2006/05/09:日経平均終値1万7,190円91銭/1,065.66) »

最近の写真