最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 株式市場雑感(2006/05/11:日経平均終値1万6,862円14銭/1,057.55) | トップページ | 株式市場雑感(2006/05/15:日経平均終値1万6,601円78銭/1,043.98) »

2006.05.12

株式市場雑感(2006/05/12:日経平均終値1万6,601円78銭/1,043.98)

本日の東京株式市場はドル安とアメリカ市場の軟調さから先物中心に売りが先行し続落、一時は日経平均株価で前日終値比で400円以上の安値をつけた。その後いくぶん買い戻される動きはあったものの、終値ベースでも260円程度もの下落を見せ、何とも市場感の悪い週末を迎えることになった。追証の恐怖におののいている投資家も少なからずいるのではないだろうか。出来高は19.9億株。

日経225イメージ個別銘柄では全面安になる中、一部の好決算発表など好材料を背景にごく少数の銘柄が値をつり上げる。特にマーケットメーク銘柄の中にはその値動きの軽さや青天井な仕組みもあいまって、半ば市場に弄ばれるような形で値をつり上げた銘柄がいくつか登場。例えば本日値上がり率トップの【新和内航海運(9180)】は前日比+274%、第二位の【田中亜鉛鍍金(5980)】にしても88%というすさまじいほどの上げ幅。ただ、マーケットメーク銘柄は火がつくと早いがしぼむのも早く、ちょっとタイミングを間違えると痛いどころではすまないのでくれぐれも注意が必要だ。

225銘柄マップは食料品セクター以外はほとんどまっ赤。ちらほらと緑のエリアが見えるのがせめてもの幸いか。手持ち銘柄も概して軟調。新興・一部上場共に下げがキツく、持株の資産価値は昨日に続いて下げ続けている。ただ、新興銘柄についてはほぼ底値をうった形で下げ方は微少。後は追証による強制売買や換金のための損切り売り、狼狽売りさえなければ、この水準を維持できる、はずだ。

« 株式市場雑感(2006/05/11:日経平均終値1万6,862円14銭/1,057.55) | トップページ | 株式市場雑感(2006/05/15:日経平均終値1万6,601円78銭/1,043.98) »

株式市場雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 株式市場雑感(2006/05/11:日経平均終値1万6,862円14銭/1,057.55) | トップページ | 株式市場雑感(2006/05/15:日経平均終値1万6,601円78銭/1,043.98) »

最近の写真