最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 株式市場雑感(2006/05/17:日経平均終値1万6,158円42銭/913.74) | トップページ | 株式市場雑感(2006/05/18:日経平均終値1万6,087円42銭/922.88) »

2006.05.17

株式市場雑感(2006/05/17:日経平均終値1万6,158円42銭/913.74)

本日の東京株式市場は「5月17日のジンクス」を恐れる雰囲気の中始まったものの前場はやや堅調に推移。後場に入って売りかけが続き日経平均株価で前日終値マイナスに推移し1万6000円を割り込むかという水準にまで下がったが、値ごろ感からか買いが相次ぎ反転。結局終値では前日比150円近いプラスで引けた。出来高もそれなりに大きく、今日の午後一の値下げがある意味における底値だったのではという観測もある。出来高は23.0億株。

日経225イメージ個別銘柄ではくだんのジョインベスト証券の参入で競争激化が懸念される証券セクターや、相次ぐ不祥事・決算発表延期などでごたごたしている不動産銘柄が軟調。それ以外はやや好調な動きを見せ、マップ上の色合いも緑が映えている。手持ち銘柄は日経平均が上げているのにやや軟調。どうしたものだか。気にするほどの下げではないが、市場全体があげているのに自分の保有銘柄が下がるというのはやはりシャクな話しだ。

« 株式市場雑感(2006/05/17:日経平均終値1万6,158円42銭/913.74) | トップページ | 株式市場雑感(2006/05/18:日経平均終値1万6,087円42銭/922.88) »

株式市場雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 株式市場雑感(2006/05/17:日経平均終値1万6,158円42銭/913.74) | トップページ | 株式市場雑感(2006/05/18:日経平均終値1万6,087円42銭/922.88) »

最近の写真