最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 株式市場雑感(2006/06/21:日経平均終値1万4,644円26銭/888.87) | トップページ | 株式市場雑感(2006/06/21:日経平均終値1万5,124円04銭/903.12) »

2006.06.22

株式市場雑感(2006/06/22:日経平均終値1万5,135円69銭/908.79)

朝の経済番組で【カブドットコム証券(8703)】の山田勉氏の解説曰く、昨今の信用取組による需給悪化は先日までの急落の過程でほぼ解消されたという話もあり、少なくとも「信用買いによる売り懸念」という意味での下落相場は脱したのかなという感の強かった本日の東京株式市場。寄り付きから日経平均株価で100円プラスを超す大幅な上昇気運ではじまり、その後もじわじわと値を上げ、終値では先日の「福井ショック」の下げ幅に迫ろうかという491円43銭高で場を引ける。海外市場の前日終値も堅調だったのが相場全体を牽引したようだ。出来高は17.1億株と昨日よりはやや多いが相変わらず閑散。

日経225イメージ個別銘柄。押しなべて上げた感が強く特にハイテク系銘柄が躍進しているが、新興市場の中小銘柄の伸びは今ひとつ。例の誤発注銘柄【アドウェイズ(2489)】は今日も値付かず。REIT指数全体は昨日の急速な戻しもあってやや軟調だが引けにかけて各REI銘柄に急速に買いが入っている。とはいえ今回の急落の要因となった【オリックス不動産投資法人投資証券(8954)】は前日比マイナス。日経225マップは一部でやや暗めのエリアもあるが大体が明るい緑(前日比大幅プラス)となり、気分が良い。架空ファンドも全般的に上げているが、先のアメリカ産牛肉輸入再開の報を受けたものの疑心暗鬼となっているのか牛丼ファンドの動きが鈍い。

手持ち銘柄。先日1枚残して売ったところ翌日ストップ高となった【インボイス(9448)】だが、チャートを見る限りまだ上昇エネルギーに余力がありそうと判断、今日は通院のためお休みということもあり、寄り付きで数枚成行買いの注文を入れて病院へ。帰って来てたら約定していた(当然)。また、似たような形で先日から実証実験も兼ねて追加検証しているスクリーニング条件に合致した銘柄を2枚だけ購入。これでもまだ「1日取引総額10万円以下なら手数料無料」ルール内なため、手数料はかからず。短期スイング的な選択なため、記念枚数を残して数日中にも売ることに違いはないが。

« 株式市場雑感(2006/06/21:日経平均終値1万4,644円26銭/888.87) | トップページ | 株式市場雑感(2006/06/21:日経平均終値1万5,124円04銭/903.12) »

株式市場雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 株式市場雑感(2006/06/21:日経平均終値1万4,644円26銭/888.87) | トップページ | 株式市場雑感(2006/06/21:日経平均終値1万5,124円04銭/903.12) »

最近の写真