最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 株式市場雑感(2006/06/28:日経平均終値1万4,886円11銭/892.93) | トップページ | 株式市場雑感(2006/06/30:日経平均終値1万5,505円18銭/908.34) »

2006.06.29

株式市場雑感(2006/06/29:日経平均終値1万5,121円15銭/896.22)

本日の東京株式市場はFOMCを目前にひかえているものの、昨日の反動と、金利政策発表前の動向はすべて織り込んだとしている動きもあり、買い優勢でスタート。ほどなく日経平均1万5000円を回復し、あとはじわじわと次第高の展開。終値ベースで1万5100円に達し、比較的堅調な動き。テクニカル的にも25日線・5日線の両方を上回る。ただ出来高は相変わらず14.3億株と少ない。明日のFOMCの金利発表以降の「待ち解除」が行われた投資家らによる売買で、出来高が盛り上がり、値がつりあがると良いのだが。

日経225イメージ個別銘柄ではハイテクや銀行銘柄が堅調。また数日来連れ安していた一部IT系銘柄も強い。また、【ブロッコリー(2706)】の決算が好調だったのを受けて、同銘柄や関連すると連想される萌え系・ゲーム系銘柄に買いが集まった。架空ファンドは高安マチマチ。これまでの下げに対する反発があった療養食品ファンドが少々上げている。日経225マップは美しい緑色。ただ、小売業の一部に赤が目立つのが残念。

手持ち銘柄。6月27日に65500円で1枚購入した【MCJ(6670)】を昨日の予告通り68800円で売却。手数料・税金込みで3300円のプラス。前場で売却したが、後で今日一日の値動きを見てみると、後場で当初予定していた売り目標額の70000円を超していたことが分かり、ちょっぴり後悔。

一方本日購入した某銘柄は読みを間違えていたのに気がつきさっさと撤退。こちらは1600円のマイナス。差引き1700円の利益。これには一日約定金額20万円以下の範囲ということで税金・手数料込みの200円も折り込み済み。

今回当日撤退した銘柄の失敗は、銘柄選択の際に読み間違い、というより調査不足が原因。これはこれで良い経験になったと思うので、まぁいいだろう。

閑話休題。先日2銘柄から配当金の郵便小為替が到着。あわせて1万円ちょっと。確定申告用にコピーを取った上で換金。ちょっとした臨時収入で、それなりに嬉しい。可能であれば配当金だけで暮らせるような生活を過ごしたいものだが。

明日は出来高を伴う大きな上げがあると期待している。日経平均で1万5500円突破を目指す……というかそのくらいまで行けばいいな、というのが希望的観測。

« 株式市場雑感(2006/06/28:日経平均終値1万4,886円11銭/892.93) | トップページ | 株式市場雑感(2006/06/30:日経平均終値1万5,505円18銭/908.34) »

株式市場雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 株式市場雑感(2006/06/28:日経平均終値1万4,886円11銭/892.93) | トップページ | 株式市場雑感(2006/06/30:日経平均終値1万5,505円18銭/908.34) »

最近の写真