最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 株式市場雑感(2006/06/30:日経平均終値1万5,505円18銭/908.34) | トップページ | 株式市場雑感(2006/07/04:日経平均終値1万5,638円50銭/936.35) »

2006.07.03

株式市場雑感(2006/07/03:日経平均終値1万5,571円62銭/908.40)

本日の東京株式市場はFOMCや日銀短観発表も無難にこなし(某有名投資家は明日と勘違いしてパニクったそうだが・・・)、あとはじわじわと上昇機運に乗ってくれればという雰囲気の中始まった新しい週の初日となる相場ではあったが、先行きに期待しているわりには勢いに欠ける展開となった。日経平均の動きとしては前営業日終値を下回ることこそ無かったものの、上値が非常に重く、1万5600円あたりで何度もはじき返される状況。日経平均の日足チャートを見ると今日はほぼ十字線で終わっており、方向性の定まらない流れであったことがわかる。明日こそ大きく上げて上昇の雰囲気を形成してほしいものだが。出来高は16.1億株とそれなり。

日経225イメージ個別銘柄では低位株や下げすぎた小型株にある程度まとまった買いが入ったほかはそれほど大きな動きはない。ただ、今日の日銀短観の発表結果からゼロ金利解除が間近なのではないかという観測が広まり、大手銀行株が一様に買われている。また、証券セクターも強い。一方で大規模公募を行った【日本航空(9205)】は急落。先日業績下方修正で株価が急降下した【フォーサイド・ドット・コム(2330)】は下げ止まりの感。日経225マップでは銀行・卸売・不動産セクターが強いのがわかる。東証REIT指数はもみあいながらやや上げで終わる。架空ファンドは上げ下げまちまち。

手持ち銘柄は高安まちまち。ちまちまと買い注文を出していたら自分のポートフォリオがごちゃごちゃになってしまった感が。ある程度ポジションの整理が必要かもしれない。というよりちょっと遊びすぎ。今月末までにCPをそれなりに上げておく必要があるので、遅くとも25日までには整理しないといけないのだが。一度爆上げしてくれるとサクっと売り切ることができるのだけどなぁ・・・。

« 株式市場雑感(2006/06/30:日経平均終値1万5,505円18銭/908.34) | トップページ | 株式市場雑感(2006/07/04:日経平均終値1万5,638円50銭/936.35) »

株式市場雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 株式市場雑感(2006/06/30:日経平均終値1万5,505円18銭/908.34) | トップページ | 株式市場雑感(2006/07/04:日経平均終値1万5,638円50銭/936.35) »

最近の写真