最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 株式市場雑感(2006/08/09:日経平均終値1万5,656円59銭/918.68) | トップページ | 株式市場雑感(2006/08/11:日経平均終値1万5,565円02銭/931.64) »

2006.08.10

株式市場雑感(2006/08/10:日経平均終値1万5,630円91銭/917.76)

本日の東京株式市場は閑散とした市場感の中、下げ基調でスタート。一時日経平均株価で前日比プラスに転じる場面もあったが上値抵抗感は強く、1万5700円が鉄板天井のような形で立ちはだかり何度と無く弾き返される形。特に後場開始直後の急落に振り落とされた個人投資家も少なくないのではないだろうか。夏季休業で出来高が少ないのを見てか先物で市場を振り回す雰囲気が強く、狭いレンジの中での「大人気ない大人の振る舞い」という洒落にもならない雰囲気が感じられる。出来高は17.2億株。

日経225イメージ個別銘柄では本日上場を果たした[ビックカメラ(3048)]が公募価格に対して8000円プラスで初値をつけたものの、その後は一進一退の攻防。知名度は高いがなにぶんにも発行株式数が多すぎるとの話。[ソフトバンク(9984)]は堅調。紳士服業界再編渦中の【フタタ(9879)】は今日も買いが殺到しストップ高でわずかに3枚だけ売買成立という状態。架空ファンドは高安マチマチ。昨日に続き牛丼ファンドの下げが気になる。日経225マップも赤と緑が混合。色合いがセクター毎にはっきりしており、興味深い。

手持ち銘柄ではちょいと損切りで痛い思いをして、あとは高安まちまち、全体的には含み益の多少増加という形で落ち着く。とはいえ、ぱっとした値動きをするものもなく、メランコリーな気分。

« 株式市場雑感(2006/08/09:日経平均終値1万5,656円59銭/918.68) | トップページ | 株式市場雑感(2006/08/11:日経平均終値1万5,565円02銭/931.64) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 株式市場雑感(2006/08/09:日経平均終値1万5,656円59銭/918.68) | トップページ | 株式市場雑感(2006/08/11:日経平均終値1万5,565円02銭/931.64) »

最近の写真