最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 株式市場雑感(2006/08/23:日経平均終値1万6,163円03銭/964.91) | トップページ | 株式市場雑感(2006/08/25:日経平均終値1万5,938円66銭/974.78) »

2006.08.24

株式市場雑感(2006/08/24:日経平均終値1万5,960円62銭/980.71)

本日の東京株式市場は昨夜のアメリカ市場の下落を反映してやや下げ基調でスタート、買い材料が見つからないままアメリカの消費者物価指数の発表待ちで売買そのものが控えられる中、先物主導による仕掛け売りで10時過ぎから急激に値を下げる。後場に入ってもその流れは変わらず、結局日経平均で終値ベースがまたもや1万6000円を割り込んだ形で終わってしまった。出来高は14.9億株とやや少なめ。

日経225イメージ個別銘柄では[ソフトバンク(9984)]をはじめソフトバンクグループ・関連企業が軒並み下げているのが目立つ。また、新興市場の下げもキツイ。[ビックカメラ(3048)]は20万円台で安定化。架空ファンドは任天堂ゲーム以外は下げ。任天堂に限らず、ゲーム関連銘柄は比較的堅調。ゲームショウが近いからか、それともそろそろ次世代機の発売に伴うポジティブニュースが流れ出しているので、それに伴うものなのか。日経225マップは電気・ガス業や医薬品以外は明るい赤。つまりは下げが大きい。

手持ち銘柄は東京市場の動向を見誤ってさっさと損切りをした銘柄が一つ(から揚げ弁当一つ分程度の損。場が引けるころには値を戻していて少々凹んだが)、手持ちホールド銘柄は下げが大きいものが2銘柄ほどあり、これが全体の足を引っ張る形。明日に権利確定日となる銘柄が2つほどあるので、それらの奮闘に期待したいところだが、どうだろう。

« 株式市場雑感(2006/08/23:日経平均終値1万6,163円03銭/964.91) | トップページ | 株式市場雑感(2006/08/25:日経平均終値1万5,938円66銭/974.78) »

株式市場雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 株式市場雑感(2006/08/23:日経平均終値1万6,163円03銭/964.91) | トップページ | 株式市場雑感(2006/08/25:日経平均終値1万5,938円66銭/974.78) »

最近の写真