最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 株式市場雑感(2006/09/04:日経平均終値1万6,358円07銭/1,011.31) | トップページ | 株式市場雑感(2006/09/06:日経平均終値1万6,358円07銭/1,011.31) »

2006.09.05

株式市場雑感(2006/09/05:日経平均終値1万6,385円96銭/1,007.08)

本日の東京株式市場はアメリカ市場がレイバーデーでお休みなことや、週末の大SQをひかえて様子見ムードがまん延しているということもあり、薄商いの中方向感のない値動きが展開した。日経平均株価でも約100円内外のレンジで終始。市場心理的には終値でプラスに転じたのでやや期待が持てるが、短期売買筋には「面白くない」一日だったかもしれない。出来高は17.7億株……あれ、薄商いのはずなのだが、昨日より取引は多い。謎である。

日経225イメージ【楽天(4755)】が5万円台を回復してからも堅調に推移。ただ、場が開けてからの勢いは続かず、売り圧力も相当強いことが察せられる。【アルク(2496)】は10万円を底値とし値が安定してきたか。【ビックカメラ(3048)】は18万前半を底値と見たのか反発。しばらくはこの前後で小刻みに値をつけそうだ。大赤字決算で優待・配当共に無くして失望売りが続いていた【クインランド(2732)】はストップ安で寄り付いたあと多少のリバウンド。こちらは5万円をはさんだ攻防戦が繰り広げられそう。日経225マップは高安まちまち、ではなくて赤緑まちまち。不動産業セクターの堅調さが目立つ。架空ファンドは高安まちまち。任天堂ゲームファンドはさすがに息切れか。

いつもの監視銘柄の寄り付き前の板情報が妙な動きをしていたので今日は手を着けず、代わりにちょっと楽天で短期売買。少々欲が出て値上がりを待っていたところ売り爆弾が次々に降ってきたので慌てて売り抜け。どうにか手数料差引きでから揚げ弁当2人前ほどの利益を確定した。やはり欲張っちゃいけません。きっと「よくばって儲かった時+よくばって損した」パターンと「欲張らずにさっさとケリをつけて大きな益を逃した+欲張らずに利確して損をせずに済んだ」を比べた場合、後者の方が長い目で見れば儲けが大きくなるのだろう。また、手持ち銘柄は大体上げている。今日はやや新興銘柄に資金が流れたようで、それが大きな要因だろう。ともあれ、初志貫徹、というところか。

« 株式市場雑感(2006/09/04:日経平均終値1万6,358円07銭/1,011.31) | トップページ | 株式市場雑感(2006/09/06:日経平均終値1万6,358円07銭/1,011.31) »

株式市場雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 株式市場雑感(2006/09/04:日経平均終値1万6,358円07銭/1,011.31) | トップページ | 株式市場雑感(2006/09/06:日経平均終値1万6,358円07銭/1,011.31) »

最近の写真