最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 株式市場雑感(2006/09/07:日経平均終値1万6,012円41銭/-) | トップページ | 株式市場雑感(2006/09/11:日経平均終値1万5,794円38銭/969.04) »

2006.09.08

株式市場雑感(2006/09/08:日経平均終値1万6,080円46銭/973.74)

本日の株式市場はメジャーSQの値をどうにかしたいという今週一週間、特に今週後半のさまざまな動向の集大成ここに極まれりといった感じの値動きの前場と、その束縛から逃れた開放感が市場を支配した後場といった形で、まったく相反する展開が行われた一日だった。前場はどうにか1万6000円未満で抑えたい「大人たち」の思惑が功をなし、前日に引き続き売り優勢。後場に入り無理に頭を押さえつけられていた市場がその重きを解かれて買いが加速化し、日経平均でプラス化、1万6000円台も回復して場を終えることが出来た。出来高は24.0億株。

日経225イメージ個別銘柄では本日情報を果たした【日本和装ホールディングス(2499)】が乱高下。公募10万円に対し18万3000円と好調なスタートを見せたものの、18万9000円まで値を吊り上げた後は、まとまった量の大型売り(俗に言う「爆撃」)が大小あわせて4回ほど降り注ぎ、阿鼻叫喚の新世界を構築していった。セカンダリー狙いで買いを入れた投資家は今頃枕を目からにじみ出た液体で濡らしているに違いない。ひどいといえばあまりにもひどい。日経225マップはやや緑優勢。だが色が暗めなのが気になる。架空ファンドは上げ優勢。

メジャーSQは大人の殴り合いが予想されるのでとりあえず静観することにして取引は無し。持ち株は高安まちまち。日経が上げているのにこの体たらくはナニよ、まったくもうというところ。

« 株式市場雑感(2006/09/07:日経平均終値1万6,012円41銭/-) | トップページ | 株式市場雑感(2006/09/11:日経平均終値1万5,794円38銭/969.04) »

株式市場雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 株式市場雑感(2006/09/07:日経平均終値1万6,012円41銭/-) | トップページ | 株式市場雑感(2006/09/11:日経平均終値1万5,794円38銭/969.04) »

最近の写真