最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 株式市場雑感(2006/09/11:日経平均終値1万5,794円38銭/969.04) | トップページ | 株式市場雑感(2006/09/13:日経平均終値1万5,750円05銭/959.01) »

2006.09.12

株式市場雑感(2006/09/12:日経平均終値1万5,719円34銭/970.31)

本日の株式市場は昨日の機械受注による大幅な下落のダメージを引きずった形で開場、一時期日経平均で1万5900円を回復し1万6000円台を目指すのではという期待もあったが買い勢いが続かず全体的には軟調。1万5700円台を底値として固めつつも上値も重く、結局下げたまま場を終えてしまった。どちらかといえば値嵩株よりも新興銘柄の下げがきつい。出来高は18.7億株と昨日よりは大きいかな、という程度。

日経225イメージ個別銘柄では上場後から波乱続きな【日本和装ホールディングス(2499)】が今日は全面安。どうやら底値は13万円台という認識が固まりつつあるようだ。[ビックカメラ(3048)]は一時上場来最安値の17万3000円をつける。終値では多少戻したが、市場全体の雰囲気次第では15万円台までの下落はありえる線。日経225マップは医薬品・電気ガス・陸運セクターが堅調、食料品もやや好調で他のセクターが軟調。セクター毎にここまで浮き沈みがはっきりしている日も珍しい。

手持ち銘柄。ちょっと痛くなったので一銘柄損切り。凹んでいたら後場の下落でさらに下がったので「損切りしてよかったのか」と自分で自分を納得させる。天井感が強いのでここしばらくは「なんだこれ安い」的銘柄以外は目も向けない方がよさそうだ。ホールド銘柄は1銘柄がマイナスに転じる。この下げでは仕方ないか。それにしても9月権利確定までもう間もないのに、下手すると下げ基調に巻き込まれかねないぞ。どうなるんだか。

« 株式市場雑感(2006/09/11:日経平均終値1万5,794円38銭/969.04) | トップページ | 株式市場雑感(2006/09/13:日経平均終値1万5,750円05銭/959.01) »

株式市場雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 株式市場雑感(2006/09/11:日経平均終値1万5,794円38銭/969.04) | トップページ | 株式市場雑感(2006/09/13:日経平均終値1万5,750円05銭/959.01) »

最近の写真