最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 株式市場雑感(2006/10/10:日経平均終値1万6,477円25銭/986.32) | トップページ | 株式市場雑感(2006/10/12:日経平均終値1万6,368円81銭/987.23) »

2006.10.11

株式市場雑感(2006/10/11:日経平均終値1万6,400円57銭/981.90)

朝っぱらから迷惑な隣国の火遊び再びかという報道がなされてすったもんだしたものの結局事実確認がされずに一安心といった本日の東京株式市場。ここ数週間、特に一、二週間のあいた顕著な傾向として見られる「新興や小型株の徹底的な売り、指数影響銘柄・大型銘柄・国債優良銘柄のみで買い支え」という状況がさらに極端化した市場展開だった。前場は特に日経平均がプラスでぶいぶい言わせているのにマザーズ・ヘラクレス・JASDAQ指数はいずれもが大きくマイナス。上げているように見えてその実下げている銘柄の方が多いというありさま。後場に入って一段安となり、結局すべての指数が下げて終わった。出来高は19.0億株と先日より大きめ。特にヘラクレス指数は今日一日だげ約6%と冗談にもならない下げ方をしている。出来高の増え方もあわせ、あるいはセリクラ間近なのではないかという説もあるが真相は不明。

日経225イメージ個別銘柄。「指数銘柄に集中して買いが入り他の銘柄からは資金が逃げている」というありさまは日経225マップを見ても分かると思う。輸送用機器や医薬品セクターは好調で、情報・通信、電気機器は高安まちまち、銀行、証券、化学、鉄鋼などは支えきれなかったようで真っ赤になっている。明らかにゆがんだ相場展開のように見受けられるが、この状況は少なくとも今週いっぱい、週末のSQまでは続くだろう。円安が続いているところから「日本売りの状況が続いていてそれを国内の買いが支えている」という形なのかも(まぁ、海外ファンドの決算絡みでもともとこの時期は売りが先行するのだが)。個別銘柄でも[楽天(4755)]が易々と心理抵抗線の4万円を割り込むなど下げまくりな状態。架空ファンドは任天堂ゲームファンドのみが鼻息荒らし。

BadNews(前日比1%以上の下げの時の)イメージ手持ち銘柄。業績がアレっぽいが高配当の銘柄を含み損が増えつつもキープし、いつか反転をと期待していたのだが、先日、次期から配当半減と大幅下方修正を食らわせてもらったので朝一で損切り。購入額から3割ほどの損失。自分にしては相当な比率だったのでそれなりにめげる。というより「のたうち回る」状態。その他銘柄は前場はなんとか頑張っていたが後場に入って暴落状態で、今日一日だけで2%ほど評価額を下げてしまった。手持ち銘柄で前日比プラスとなったのはわずかに1つのみ。やれやれ、今日もゴドロクの親父の登場だ。なんか知らないけど買い付け余力ががくんと減ってるし。

« 株式市場雑感(2006/10/10:日経平均終値1万6,477円25銭/986.32) | トップページ | 株式市場雑感(2006/10/12:日経平均終値1万6,368円81銭/987.23) »

株式市場雑感」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです。
パトラッシュ、もう疲れたよ・・
状態です。

ミサトさんいわく、「みんな同じなのよ……」状態です_/>●

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 株式市場雑感(2006/10/10:日経平均終値1万6,477円25銭/986.32) | トップページ | 株式市場雑感(2006/10/12:日経平均終値1万6,368円81銭/987.23) »

最近の写真