最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 株式市場雑感(2006/10/17:日経平均終値1万6,611円59銭/989.23) | トップページ | 株式市場雑感(2006/10/19:日経平均終値1万6,551円36銭/1,008.53) »

2006.10.18

株式市場雑感(2006/10/18:日経平均終値1万6,653円00銭/999.41)

本日の東京株式市場はアメリカ市場が多少下げたことや隣国の「火遊び」の第二弾が進行中であるという未確認情報などもあり、不安定な相場展開が予想される中スタート。日経平均で一時1万6500円を割り込んだものの底値感は強く、安心感から買いが入り、後場引けにかけてプラスに転じた。今日も主要銘柄よりも新興市場銘柄の上げ幅が大きく、JASDAQ指数が+1.47%マザーズ指数が+4.05%、ヘラクレス指数が+2.74%と大幅に日経平均を超える上げを記録。特にマザーズの伸びが著しい。

日経225イメージ個別銘柄。新興市場の鏡的存在としてかの北浜先生も注目中の[楽天(4755)]は大きく上げ、4000円高で4万円後半に突入。つい数日前は3万円台でぐだぐだしていたのが夢のようである。【ヤフー(4689)】は某証券会社が投資評価を引き上げたため、大幅な上げ。日経225マップは高安まちまちだが医薬品・不動産など内需セクターが弱い。架空ファンドもまちまち。

手持ち銘柄。こちらも銘柄こどに上げたり下げたりで、差し引きほとんど変わらず。監視銘柄が拾う予定の株価直前で反転してしまい地団駄を踏む。まぁ、成行買いをしてもよかったのだが、「買いたいと思ったら三日待て」の言い回しもあるし、明日か明後日にでも何かの弾みで下げてくれればいいかなぁと。それにしても某ブログの書き込みでアパート関連のさる銘柄が急落したのには驚いた。正確には書き込みを読んで勘違いした人による下げだったのだが、ああいうこともあるものなのだな。

« 株式市場雑感(2006/10/17:日経平均終値1万6,611円59銭/989.23) | トップページ | 株式市場雑感(2006/10/19:日経平均終値1万6,551円36銭/1,008.53) »

株式市場雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 株式市場雑感(2006/10/17:日経平均終値1万6,611円59銭/989.23) | トップページ | 株式市場雑感(2006/10/19:日経平均終値1万6,551円36銭/1,008.53) »

最近の写真