最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 株式市場雑感(2006/10/19:日経平均終値1万6,551円36銭/1,008.53) | トップページ | 株式市場雑感(2006/10/23:日経平均終値1万6,788円82銭/1,008.58) »

2006.10.20

株式市場雑感(2006/10/20:日経平均終値1万6,651円63銭/1,002.27)

本日の東京株式市場はアメリカ市場のダウが終値ベースで初の1万2000ドルを超えたということもあり、それに合わせる形で上げ基調でスタート。海外の大手企業の決算待ちで大規模な買いは入りにくい状況だが、先日までの主要銘柄・大型株の軟調さから値ごろ感があり買い進まれ、一方で連日の急騰で過熱感が感じられたからか新興銘柄は一様に下げ。日経平均など主要指数は上げて終わったが、新興市場指数は下げて終わった(JASDAQ指数が-1.02%マザーズ指数が-2.20%、ヘラクレス指数が-1.25%)。出来高は15.5億株。

日経225イメージ個別銘柄。商社・石油銘柄に買いが集まり、値が進む一方で、ハイテク銘柄が軟調。[楽天(4755)]は先日のストップ高の反動からか下げて終わり、5万円台の大台をまたもや割り込む。【ヤフー(4689)】も大きく値を下げた。決算でネガティブな材料が出た【USEN(4842)】は大幅売りこしでストップ安の値からスタートし、その後少しリバウンドしたものの前日比大幅安で場を終える。日経225マップは内需銘柄が強いのが分かる。架空ファンドは任天堂ゲーム以外は上げ。

手持ち銘柄。USENにちょっと飛び乗って飛び降り、ジュース数本分くらいの利益確定。残り1枚(10株)だけ手元に残し値動き観察用に。あとは高安まちまちだが、最近購入したIT企業銘柄が昨日の上げの反動で激しく下げたのが痛い。それと半永久ホールドを決め込んでいる医薬品銘柄が今日の引け後、東証2部から1部に昇格との発表。今の株価は買値より6%ほど下げている状態なので、来週頭に買い増ししておくのもありかもしれない。

« 株式市場雑感(2006/10/19:日経平均終値1万6,551円36銭/1,008.53) | トップページ | 株式市場雑感(2006/10/23:日経平均終値1万6,788円82銭/1,008.58) »

株式市場雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 株式市場雑感(2006/10/19:日経平均終値1万6,551円36銭/1,008.53) | トップページ | 株式市場雑感(2006/10/23:日経平均終値1万6,788円82銭/1,008.58) »

最近の写真