最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 株式市場雑感(2006/11/10:日経平均終値1万6,112円43銭/1,002.60) | トップページ | 株式市場雑感(2006/11/14:日経平均終値1万6,289円55銭/1015.05) »

2006.11.13

株式市場雑感(2006/11/13:日経平均終値1万6,022円49銭/995.66)

本日の東京株式市場は先日の機械受注の数字があまりにも弱かったことから景気の先行き感への不安が高まっているのと、明日発表予定のGDPの結果を見定めようという点から買い控えが強まり売り優勢の展開に。日経平均で1万6000円を底値とする売買が展開され、一時はこれを割り込むも、割り込んだ時点で買いが入り持ち直しが図られる。結局日経平均では終値ベースでどうにか1万6000円台を維持したものの、明日の下げ具合では容易に底抜けする雰囲気もあり、予断を許さない状況だ。新興銘柄指数の方が下げがキついのが気になる。出来高は16.4億株。

日経225イメージ個別銘柄では【楽天(4755)】が大幅上昇。要因は不明だが、テクニカル的な反発時期と見たのだろう。また【サイバーエージェント(4751)】なども上げており、それを裏付ける形となっている。架空ファンドは全面安の展開。日経225マップは食料品や電気・ガスが堅調。

手持ち銘柄は軟調。中には跳ね上がった銘柄もあるのだが、そういう銘柄に限って1枚しか持っていなかったりする。損切り範囲ではないのだが、含み損状態の銘柄が増えるのはちょっとイヤンな感じ。

« 株式市場雑感(2006/11/10:日経平均終値1万6,112円43銭/1,002.60) | トップページ | 株式市場雑感(2006/11/14:日経平均終値1万6,289円55銭/1015.05) »

株式市場雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 株式市場雑感(2006/11/10:日経平均終値1万6,112円43銭/1,002.60) | トップページ | 株式市場雑感(2006/11/14:日経平均終値1万6,289円55銭/1015.05) »

最近の写真