最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 株式市場雑感(2006/11/22:日経平均終値1万5,914円23銭/1,003.83) | トップページ | 株式市場雑感(2006/11/27:日経平均終値1万5,885円38銭/1,005.79) »

2006.11.24

株式市場雑感(2006/11/24:日経平均終値1万5,734円60銭/1,002.50)

本日の東京株式市場は休みの合間ということで投資行動そのものがひかえられていること、さらにソフトバンク絡みでネガティブな材料が出たことなどから売り込まれ、安値の展開で終始した。一時日経平均株価で200円のマイナスをつける場面もあったがさすがに割安感が出たのか買い戻されたが低調さは変わらず。出来高も14.5億株と「取引そのものが手控えられている」ことを裏付ける数字が出ている。マザーズ指数とヘラクレス指数はわずかながらプラスに転じているのがせめてもの幸いか。

日経225イメージ個別銘柄では投資判断がプラスされた【コーエー(9654)】や、医薬品セクターの【第一三共(4568)】などが高めに推移している。【CCC(4756)】は本日も高値引け。【楽天(4755)】は節目の5万円を超えて場を終えた。架空ファンドは全面安、日経225マップは全面安……だがわずかに海運業が高めか。

手持ち銘柄。日経平均が大きく下げたが、新興市場が比較的堅調だったせいもあり、ややプラ転。ただ、材料が出た銘柄がほとんど上げていないのがしょぼりーぬ。まぁ逆にネガティブ材料が出た銘柄もさほど下げなかったのでよしとする。

« 株式市場雑感(2006/11/22:日経平均終値1万5,914円23銭/1,003.83) | トップページ | 株式市場雑感(2006/11/27:日経平均終値1万5,885円38銭/1,005.79) »

株式市場雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 株式市場雑感(2006/11/22:日経平均終値1万5,914円23銭/1,003.83) | トップページ | 株式市場雑感(2006/11/27:日経平均終値1万5,885円38銭/1,005.79) »

最近の写真