最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 株式市場雑感(2006/11/28:日経平均終値1万5,855円26銭/1,006.78) | トップページ | 株式市場雑感(2006/11/30:日経平均終値1万5,855円26銭/1,006.78) »

2006.11.29

株式市場雑感(2006/11/27:日経平均終値1万6,076円38銭/1,021.23)

本日の東京株式市場は寄付きからやや高めで展開。寄り付き前に発表された10月の鉱工業生産が大方予想のマイナスではなくプラス、しかも先月比1.6%上昇と大きく上回ることとなり、大きなプラスインパクトを市場に与えたのが原因。前場で日経平均1万6000円台をはさんだ攻防が行われたが、後場に入り一段高の展開。結局終値ベースで久々に1万6000円を超え、テクニカル的にも明日以降が期待できる終わり方となった。出来高は17.6億株。新興銘柄より主要銘柄の方が上げ幅が大きい。

日経225イメージ個別銘柄では仕手系銘柄として有名な【すみや(9939)】が大きく値を吊り上げる。【日本ジャンボー(9677)】は一息ついた形でやや下げ。【楽天(4755)】はもみ合い。【SBIホールディングス(8473)】は買収話で大きく盛り上がる。架空ファンドは全面高。日経225マップは情報・通信がやや弱めに見えるがほぼ全面高の状態。

手持ち銘柄。市場全体が大型株中心にプラスに動いたせいもあり、自分の銘柄はさほど恩恵を受けるにいたらず。先日権利落ちした銘柄が今日も引き続き下げる状態。十分買い時ではあるのだが「なにこれ安い」のレベルには達していないため静観。

そういや先日目を通した週刊誌で、一介の主婦が早期退職した旦那の退職金を信用取引にぶち込み、証券会社の営業マンの話を信じて買い続けてたら暴落に巻き込まれて追証が発生した、というストーリーの漫画が掲載されていた。テレビドラマですら株の専門家を名乗る方のアドバイスを受けているのに「株で損してぴったりゼロ円になった」というスットコな描写があるこのご時世に、なかなか凝った・リアルな設定(描写上では建玉がどうとかいう、専門用語がさりげなくちりばめられていた)でちょっとだけ感心。まぁ当方は信用取引をしていないのでそのような事態におちいることはないのだが……。

ゲーム系サイトも始まったことだし、比較的得意分野のゲームセクターの銘柄をチョイスしたいところではあるのだが、やはりまだ「お買い得」なものは見つからない。携帯系はお買い得どころか大バーゲンのがいくつもあるのだが、ちょっと、色々と、その、なんだ(笑)。

« 株式市場雑感(2006/11/28:日経平均終値1万5,855円26銭/1,006.78) | トップページ | 株式市場雑感(2006/11/30:日経平均終値1万5,855円26銭/1,006.78) »

株式市場雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 株式市場雑感(2006/11/28:日経平均終値1万5,855円26銭/1,006.78) | トップページ | 株式市場雑感(2006/11/30:日経平均終値1万5,855円26銭/1,006.78) »

最近の写真