最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 株式市場雑感(2006/12/1:日経平均終値1万6,321円78銭/1,038.77) | トップページ | 株式市場雑感(2006/12/8:日経平均終値1万6,417円82銭/1,046.43) »

2006.12.04

株式市場雑感(2006/12/4:日経平均終値1万6,303円59銭/1,039.64)

本日の東京株式市場は安値スタート。アメリカ市場の軟調さや為替相場の変動から、売り気配が強めで値が抑えられ、日経平均株価で前営業日比マイナス100円を超す下げを記録した。しかしその後新興市場銘柄を中心に買い進まれ市場全体も買い基調が高まり、一時日経平均もプラ転。終値では再びマイナスに転じたものの、新興3市場指数すべてがプラスで終えており、また日経平均の日中足も陽線で終えていることから、明日以降の展開も期待できよう。ただ、日経平均が6営業日連続陽線なため、そろそろ冷やしがある……かもしれない。出来高は16.8億株。

日経225イメージ個別銘柄。TOB終了で【クラリオン(6796)】が売りに出されるなど、悪材料が出た銘柄にきつい反応が出ている。一方でプラス材料が出た銘柄や消費者金融銘柄、金融セクター銘柄などが強い。夜間取引がメインとなる私設取引所の新設話が出た【SBI(8473)】が強含みの展開。なおこの新設話については場が引けてから正式に発表された。架空ファンドは牛丼以外堅調。日経225マップは不動産や石油・石炭、化学、証券業などが強めに見える。

GoodNewsイメージ手持ち銘柄。先に権利落ちしてから極端に下がり、「もう一度下げたら買い増ししようか」と思いつつも買いそびれた文房具関連銘柄が暴騰。また、上記にもあるようにSBIとその周辺銘柄も上げたため、見事に今日はその恩恵を受けまくった感じ。評価額は前営業日比で+1.4%台の上げ。気持ちいい~。あと数百日くらいこういう日が続いてくれるといいのだけど(無茶をいう)。

« 株式市場雑感(2006/12/1:日経平均終値1万6,321円78銭/1,038.77) | トップページ | 株式市場雑感(2006/12/8:日経平均終値1万6,417円82銭/1,046.43) »

株式市場雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 株式市場雑感(2006/12/1:日経平均終値1万6,321円78銭/1,038.77) | トップページ | 株式市場雑感(2006/12/8:日経平均終値1万6,417円82銭/1,046.43) »

最近の写真