最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 株式市場雑感(2007/1/19:日経平均終値1万7,424円18銭/1,195.88) | トップページ | 株式市場雑感(2007/1/24:日経平均終値1万7,507円40銭/1,201.51) »

2007.01.23

株式市場雑感(2007/1/23:日経平均終値1万7,408円57銭/1,190.47)

本日の東京株式市場は下げてスタート。前日のアメリカ市場の下落を嫌気して売りが先行し、やや下げたところでのもみ合いが続いた。後場に入り主に鉄鋼セクターに対する買いが入り株価全体としても持ち直し、日経平均でも一時前日比でプラス領域に達したが、引けまでそれを維持することは出来なかった。しかしTOPIXはかろうじて前日比プラスに終わる。出来高は23.6億株とやや高め。円安のおかげで海外勢による買いが進んでいるものと思われる。

日経225イメージ個別銘柄。【JFE(3332)】や[新日鉄(5401)]など鉄鋼大型銘柄が強含みの展開な一方、金融セクターが弱い。【不二家(2211)】は大きく値を戻す。一部同業他社からの支援の動きが本格化しているという報道がプラスに働いたもよう。[楽天(4755)]はEB債まわりもあり月末まではこの高値が維持されそうな雰囲気。日経225マップでは卸売業・鉄鋼・機械セクターが強く、医療・証券・不動産・銀行・保険・建設などが弱い。架空ファンドは牛丼以外は下げ。

手持ち銘柄。昨日あげた銘柄は下げ、昨日下げた銘柄はさらに下げるというワーストな展開。評価額変化は前日比-0.62%に留まったが、気分的にはあまりよろしくない。まぁどの道この時期は積極的な売り買いが出来ないのだから仕方ない。3月末の権利確定後にいくつか売却してCPを高め、毎年恒例のGW下落で拾うのを待つだけだ……というような形でうまくいくだろうか。

« 株式市場雑感(2007/1/19:日経平均終値1万7,424円18銭/1,195.88) | トップページ | 株式市場雑感(2007/1/24:日経平均終値1万7,507円40銭/1,201.51) »

株式市場雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 株式市場雑感(2007/1/19:日経平均終値1万7,424円18銭/1,195.88) | トップページ | 株式市場雑感(2007/1/24:日経平均終値1万7,507円40銭/1,201.51) »

最近の写真