最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 株式市場雑感(2007/3/22:日経平均終値1万7,419円20銭/1,200.69) | トップページ | 株式市場雑感(2007/3/26:日経平均終値1万7,521円96銭/1,207.93) »

2007.03.23

株式市場雑感(2007/3/23:日経平均終値1万7,480円61銭/1,201.10)

本日の東京株式市場は昨夜のニューヨーク市場がもみ合いながらやや高値で場を終えたことや公示地価でポジティブ、ここ数日連続して値を上げていることへの反動・冷やしへの懸念や週末にやおけるポジション整理売りでネガティブという状況の中、高値で寄り付いてスタート。日経平均でもその後ずりずりと値を下げて一時は前日終値比でマイナスの値をつける。しかし後場に入って多少ながらも高値で安定的に推移し、結局終値では60円強前日より上回って場を終える。ここ数か月ほどの日経平均株価の値動きはかなり荒く、チャートを見てもそれほど美しい姿には見えない。近いうちに波乱でもあるのだろうか。出来高は19.0億株とやや少なめ。

日経225イメージ個別銘柄。公示価格の結果発表を受け、含み資産評価が指摘され【三菱UFJ(8306)】をはじめとする大手銀行株に買いが集まり、地方銀行も強い。三月末の権利確定日を間近にひかえ、電力株など配当が高く地盤がしっかりとしている銘柄にも買いが集まる。一方公示価格の発表は不動産セクターに「材料出尽くし」感を演出し、【野村不動産ホールディングス(3231)】などが利益確定売り。【明光商会(9858)】はMEBO価格の1450円にさや寄せする形でストップ高比例配分。架空ファンドは高安まちまち。日経225マップは不動産、証券業が特に弱い。

GoodNewsイメージ手持ち銘柄。明光商会はもう放置するしかなく、1450円まで値が上がったらしばらくしてののち、売り払うしかないと判断。4月19日が買い付け最終期限だから、4月上旬ぐらいに売ればよいか。どのみち次の権利確定までホールドはできないのだから。評価額は前日比+1.53%。また、某コミュニティの指摘で「あるおもちゃ系銘柄」の優待で「そうなったらいいのな」と愚痴っていた「夢ひよこ」が【今回の優待品】となることを知る。ヤッター! ……まぁ、お茶犬付きは無理だけど。

« 株式市場雑感(2007/3/22:日経平均終値1万7,419円20銭/1,200.69) | トップページ | 株式市場雑感(2007/3/26:日経平均終値1万7,521円96銭/1,207.93) »

株式市場雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 株式市場雑感(2007/3/22:日経平均終値1万7,419円20銭/1,200.69) | トップページ | 株式市場雑感(2007/3/26:日経平均終値1万7,521円96銭/1,207.93) »

最近の写真