最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 株式市場雑感(2007/3/26:日経平均終値1万7,521円96銭/1,207.93) | トップページ | 三井造船が岡山県と共同でもみ殻や稲わらなどからエタノールの生産を開始 »

2007.03.27

株式市場雑感(2007/3/27:日経平均終値1万7,365円05銭/1,198.65)

本日の東京株式市場は昨日の権利確定日に続く権利落ち日ということもあり、大幅反落。特に昨今の市場を先導している大型・高利回り銘柄に大きな売りが出たほか、ハイテクなどが堅調。ただその一方、相変わらず鉄鋼や石油銘柄が強い。出来高は18.8億株。

日経225イメージ個別銘柄。【三菱重工業(7011)】などの原発材料銘柄は今日も強い。また、鉄の王様こと[新日鉄(5401)]はこのような下げ基調の中でも上げ。日経225マップでは不動産、機械セクターが強めに見える。証券業がやや弱めに見えるが、大体緑色(前日比プラス)で引けているようだ。架空ファンドは全面安。

BadNewsイメージ権利落ち銘柄は配当+優待分以上に下げ、関係のない銘柄まで連れ安する形で全面安。評価額は前日比-1.38%。買い増ししようかとも考えたが、少なくともゴールデンウィークまではCPを上げておくべきだと判断し、「なんだこれ安い」となるまではあえて手をつけないでおく。某冷凍食品銘柄は4月の精査発表待ち。その後からでも遅くない。技術や経験は十分以上にある会社なのだから、中長期的には注目したいところではあるのだが……。

« 株式市場雑感(2007/3/26:日経平均終値1万7,521円96銭/1,207.93) | トップページ | 三井造船が岡山県と共同でもみ殻や稲わらなどからエタノールの生産を開始 »

株式市場雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 株式市場雑感(2007/3/26:日経平均終値1万7,521円96銭/1,207.93) | トップページ | 三井造船が岡山県と共同でもみ殻や稲わらなどからエタノールの生産を開始 »

最近の写真