最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 株式市場雑感(07/06/14:日経平均終値1万7842円29銭/1329.16/91.2) | トップページ | 株式市場雑感(07/06/18:日経平均終値1万8149円52銭/1357.60/104.5) »

2007.06.15

株式市場雑感(07/06/15:日経平均終値1万7971円49銭/1336.61/99.9)

本日の東京株式市場は米国市場の高値展開を受けてやや買い優勢でスタートしたものの、後場中、あるいは後場引けてから発表予定の日銀の金利政策関連の発表待ちということもあり売買そのものが閑散ムードで展開。しかし後場に入る前に金利政策維持との報道があり、これが後場の買い進みを後押しすることになった。日経平均は一時的に1万8000円台を回復。引けにかけて週末の利益確定売りで結局終値では1万8000円を割り込んだものの、来週への期待が持てる閉め方となった。出来高は19.7億株。

日経225イメージ個別銘柄。[任天堂(7974)]は高値引け。[新日鉄(5401)]は強い。【三菱重工業(7011)】は誤差の範囲で上げ。[サイバーエージェント(4751)]は下げ、[楽天(4755)]は強気の姿勢が受け入れられたのか上げて場を終える。[ソフトバンク(9984)]も上げ。【グッドウィル・グループ(4723)】は乱高下。架空ファンドは療養食品以外は上げ。日経225マップは食料品、保険業がやや弱めか。

手持ち銘柄。大幅高。市場全体の値動きに引っ張られた形だが、金融セクター系の各種銘柄や検索エンジン系、大型アミューズメント系がそろって大きく上げてくれた。人材派遣系は相変わらず軟調だがこれは致し方あるまい。また、昨日好決算を受けて爆騰した銘柄は反動で急落。結局評価額は前日比+0.68%。

« 株式市場雑感(07/06/14:日経平均終値1万7842円29銭/1329.16/91.2) | トップページ | 株式市場雑感(07/06/18:日経平均終値1万8149円52銭/1357.60/104.5) »

株式市場雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 株式市場雑感(07/06/14:日経平均終値1万7842円29銭/1329.16/91.2) | トップページ | 株式市場雑感(07/06/18:日経平均終値1万8149円52銭/1357.60/104.5) »

最近の写真