最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 株式市場雑感(07/09/14:日経平均終値1万6127円42銭/1540.87/81.0) | トップページ | 株式市場雑感(07/09/19:日経平均終値1万6381円54銭/1603.56/82.1) »

2007.09.18

株式市場雑感(07/09/18:日経平均終値1万5801円80銭/1541.47/75.5)

本日の東京株式市場は週末の海外情勢や政情不安定化を受けて大きく売り越しでスタート。日経平均で1万6000円をあっさりと割り込み、1万5900円を天井とした100円ほどの狭い値幅でのもみあいが続く。リバウンド、あるいは再上昇の機運が見られないことから14時過ぎになると一段と売りが増し、終値では1万5800円台をぎりぎりキープできるまでに下落した。出来高も15.9億株と少なく、市場全体が閑散の中、下げ止まらない様子がうかがえる。

日経225イメージ個別銘柄。[任天堂(7974)]はやや上げ。[新日鉄(5401)]は安い。【三菱重工業(7011)】は下げ。[サイバーエージェント(4751)]は大幅安。[楽天(4755)]は下げて4万円を割り込む。架空ファンドは全面安。日経225マップは銀行、証券など特に金融セクター全体の下げがきつい。

BadNewsイメージ手持ち銘柄。大幅安。日経平均の下げの-2.02%よりはましだが、-1.66%というのはそれなりに痛い。人材派遣業、大型エンタメセクター銘柄、金融セクター銘柄いずれも下げが止まらない。短期売買で一矢を報いるも焼け石に水程度にしかならず。まるでメガバン危機・日経平均1万円割れを起こしていた時期の銀行ホルダーのような気分だ。

« 株式市場雑感(07/09/14:日経平均終値1万6127円42銭/1540.87/81.0) | トップページ | 株式市場雑感(07/09/19:日経平均終値1万6381円54銭/1603.56/82.1) »

株式市場雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 株式市場雑感(07/09/14:日経平均終値1万6127円42銭/1540.87/81.0) | トップページ | 株式市場雑感(07/09/19:日経平均終値1万6381円54銭/1603.56/82.1) »

最近の写真