最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月

2007.09.28

株式市場雑感(07/09/28:日経平均終値1万6785円69銭/1635.73/98.5)

本日の東京株式市場は寄り付きこそやや高めだったものの、日経平均で1万7000円が堅い上値として意識されたことから、週末とのあわせ利益確定売りの動きが加速。次第に値を下げ、昨日まで大いに盛り上がっていた不動産や金融などの内需セクターを中心にさえない展開となった。ただ下値も底堅く、来週以降の動向には期待が持てる。出来高は18.6億株。

日経225イメージ個別銘柄。【三菱商事(8058)】は安値引け。【加ト吉(2873)】は小幅安。[任天堂(7974)]はやや下げて6万円を割り込む。[楽天(4755)]は堅調。[ソフトバンク(9984)]はもみあい。[武富士(8564)]は乱高下しつつも昨日の終値を上回る形で場を終える。【SBIホールディングス(8473)】は安い。架空ファンドは高安まちまち。日経225マップは医薬品が高い。

手持ち銘柄。高安まちまち。銘柄数ではやや下げの方が多いが、上げ銘柄のいくつかは大きく上げてくれたので、評価額は前日比-0.02%に留まる。やはり三日連続大幅高、というわけにはいかないか。

2007.09.27

株式市場雑感(07/09/27:日経平均終値1万6832円22銭/1646.18/99.5)

本日の東京株式市場はアメリカ市場の堅調さや為替が円安に進んだこと、10月相場到来への期待、民営化する郵政公社の持ち株売りが終わったのではないかとする期待などから買い基調の雰囲気が高まり、全面高の展開。後場に入りさらに一段上げとなり、やや出来高を伴う形で商いが行われた。とはいえ出来高そのものは20.8億株とまだ上げラッシュにはボリュームが足りない。日経平均そのものは前日比2.41%の上げ。一方マザーズ指数は5.60%プラスと異様な上げ方を記録している。

日経225イメージ個別銘柄。[任天堂(7974)]は上昇で終値ベースで6万円達成。[新日鉄(5401)]は微上げ。【三菱重工業(7011)】も高い。[サイバーエージェント(4751)]は爆上げ。[楽天(4755)]はちょい上げ。[武富士(8564)]は買いが勢いづいて売りを次々とこなし最終的にストップ高。架空ファンドは全面高。日経225マップは全面高。

GoodNewsイメージ手持ち銘柄。手持ち銘柄の一つがテクニカル的に反転を確認できたので寄り付きで買い増し。1枚だけだが結局終値でさらに上げたので、追加買い増しを検討中。その他、一部銘柄で暴走気味に上げたところがあり、終値ベースで評価額は前日比+2.47%。これがあと1か月ほど続けば幸せになれそうな気がするのだが。

2007.09.26

株式市場雑感(07/09/26:日経平均終値1万6435円74銭/1631.03/96.9)

本日の東京株式市場は寄り付きはやや低めだったものの、その後は日経平均で1万6400円から1万6460円のきわめて狭いレンジの中で推移。特に買い材料も売り材料もなく、単にもみ合いという形で終わった。出来高は17.5億株と少ない。

日経225イメージ個別銘柄。【三菱商事(8058)】は安値引け。【加ト吉(2873)】は小幅高。[任天堂(7974)]はやや上げ。[楽天(4755)]は堅調。[ソフトバンク(9984)]は終値で再び2000円を回復。[武富士(8564)]はもみあいで終始する。出来高が昨日より減少しているのと、売り買いに大きな商いが見受けられなくなったので、セリクラは昨日だったのではとの話も。【SBIホールディングス(8473)】は大幅高。架空ファンドは全面高。日経225マップは保険、証券、不動産などが高い。

GoodNewsイメージ手持ち銘柄。昨日の損切りのメンタルダメージがまだ抜けず、どうも頭の中がもやもやしてモチベーションも下がっているのがアレだが、手持ち銘柄は一応全面高。ただ、以前買い増しした優待銘柄が引けにかけて大きく成行き売り(恐らくしびれを切らしたあきらめ売りだろう)が入り、これで大きくこの銘柄を下げてしまう。拾おうとするも時間切れで間に合わず。評価額は前日比+2.49%。

2007.09.25

株式市場雑感(07/09/25:日経平均終値1万6394円41銭/1612.87/102.3)

本日の東京株式市場はアメリカ市場の下落や権利落ちなどを受けて前場は軟調に推移したが、後場に入って内需株を中心に買いが入り、高値圏に移行。上値はやや重いものの、堅調に推移し終値も日経平均が前営業日比で100円近い上げで終わった。出来高は18.9億株とまだ少なめ。

日経225イメージ個別銘柄。[任天堂(7974)]は大幅上昇。[新日鉄(5401)]は微上げ。【三菱重工業(7011)】も高い。[サイバーエージェント(4751)]はほぼ変わらず。[楽天(4755)]は下げて防衛線の4万円に近付く。[武富士(8564)]は売りが止まらず大幅安。出来高も急増。架空ファンドは牛丼のみ下げ。日経225マップは不動産や卸売が特に高い。

BadNewsイメージ手持ち銘柄。ある銘柄の含み損が耐えられない額に達し今後も下げ止まらない・買い増しもかないそうにないので損切り。久々に心が折れそうになった。しかもその他の銘柄も安く、評価額は前日比-1.54%。いっそのこと損切りした銘柄に空売りかければよかったか。

2007.09.21

株式市場雑感(07/09/19:日経平均終値1万6312円61銭/1579.60/94.0)

本日の東京株式市場は昨晩のアメリカ市場がやや下げたことや三連休をひかえてポジション整理をしておこうという動きから全面安の展開。その後も日経平均で前日比プラスに転じることは無く安値もみあいの展開。素材系の銘柄は比較的堅調だが、それ以外は総じて軟調。特に金融系セクターの銘柄が全滅に近い状態。9月末権利確定にも関わらず売り込まれている銘柄も数多く見受けられた。出来高は19.4億株とやや大きめ。

日経225イメージ個別銘柄。[任天堂(7974)]はやや下げ。[新日鉄(5401)]は大幅上げ。【三菱重工業(7011)】も高い。[サイバーエージェント(4751)]は大幅安。[楽天(4755)]は微上げ。架空ファンドは任天堂のみ上げ。日経225マップは鉄鋼や卸売が高い。

手持ち銘柄。大幅安。権利確定日当日なのにバリバリ下げる銘柄ばかりで前日比-0.83%。どんだけー。

2007.09.20

株式市場雑感(07/09/20:日経平均終値1万6413円79銭/1592.52/90.1)

本日の東京株式市場は寄り付き後しばらくはアメリカ市場の続伸を受けてやや高値で推移したものの、その後買い続く材料もなく利益確定売りの流れが主流となり売り基調に。一度日経平均で前日比マイナスに転じてからは一進一退の展開を続け終値ではわずかながらプラスで引けた。ただ新興市場銘柄は概して軟調で、市場そのものの勢いはまだまだ頼りないものと思える。出来高も昨日に比べれば19.1億株と少しだけ大きめだが、本格回復には程遠い。

日経225イメージ個別銘柄。【三菱商事(8058)】は高値引け。【加ト吉(2873)】は小幅安。[任天堂(7974)]はやや下げ。[楽天(4755)]は堅調。[ソフトバンク(9984)]は終値で再び2000円を割り込む。[武富士(8564)]は下落が続く。架空ファンドは任天堂のみ下げ。日経225マップは卸売、鉄鋼、非鉄、機械、不動産などが高い。

手持ち銘柄。明日が9月末権利確定日ということもあり色々と錯綜した動きが手持ち銘柄の中でも見られる。高安まちまちやや安値優勢、その他金融セクター銘柄は相変わらず弱くて困りもの、とった感じか。デイトレでちょっとぴ仇を討ったが所詮スズメの涙。評価額は前日比-0.40%。じりじりじりじり。

2007.09.19

株式市場雑感(07/09/19:日経平均終値1万6381円54銭/1603.56/82.1)

本日の東京株式市場は昨晩のアメリカの利下げとそれに伴うアメリカ市場の大幅上昇を受けて信用不安が後退したとの見方から全面高で展開。このまま上げ基調に転じればチャート的に二番底確認となるのでは、という指摘が多い。特に金融セクターの上昇幅が大きく(その他金融除く)、終値ベースでは日経平均で前日比+3.67%という驚異的な上げ幅を記録した。ただし出来高は17.8億株と心もとない。

日経225イメージ個別銘柄…といっても今日は主要33業種すべてで1%以上の上げを記録しており、値下がり銘柄数も東証1部では70、2部で114とわずかでしかなく、特に言及することもなし。架空ファンドも全面高。日経225マップもほぼ明るい緑。ああ、美しい。

手持ち銘柄。大幅高。……とコメントできればよいのだが、手持ち銘柄の1/3ほどが前日比マイナス、その半分ほどが変わらず、残りの上げ銘柄も上げ幅は微々たるもので、結局前日比はわずかに+0.07%。お前ら全員廊下に立ってろ。

はふぅ。

2007.09.18

株式市場雑感(07/09/18:日経平均終値1万5801円80銭/1541.47/75.5)

本日の東京株式市場は週末の海外情勢や政情不安定化を受けて大きく売り越しでスタート。日経平均で1万6000円をあっさりと割り込み、1万5900円を天井とした100円ほどの狭い値幅でのもみあいが続く。リバウンド、あるいは再上昇の機運が見られないことから14時過ぎになると一段と売りが増し、終値では1万5800円台をぎりぎりキープできるまでに下落した。出来高も15.9億株と少なく、市場全体が閑散の中、下げ止まらない様子がうかがえる。

日経225イメージ個別銘柄。[任天堂(7974)]はやや上げ。[新日鉄(5401)]は安い。【三菱重工業(7011)】は下げ。[サイバーエージェント(4751)]は大幅安。[楽天(4755)]は下げて4万円を割り込む。架空ファンドは全面安。日経225マップは銀行、証券など特に金融セクター全体の下げがきつい。

BadNewsイメージ手持ち銘柄。大幅安。日経平均の下げの-2.02%よりはましだが、-1.66%というのはそれなりに痛い。人材派遣業、大型エンタメセクター銘柄、金融セクター銘柄いずれも下げが止まらない。短期売買で一矢を報いるも焼け石に水程度にしかならず。まるでメガバン危機・日経平均1万円割れを起こしていた時期の銀行ホルダーのような気分だ。

2007.09.14

株式市場雑感(07/09/14:日経平均終値1万6127円42銭/1540.87/81.0)

本日の東京株式市場は前場がメジャーSQだったこともあり大きな商いがあったもののさほど大きな波乱もなく、それを安心感の材料としてか買い進まれ、後場に入って一段高。アメリカ市場の堅調さや円安基調も後押しする形で、終値ベースでは日経平均は前日比300円を超す上げとなった。ただし値上がり・値下がり銘柄数はそれぞれ962・640と、上げ基調の恩恵を受けている銘柄と受けていない銘柄の二極化傾向が見受けられる。出来高は24.0億株。

日経225イメージ個別銘柄。[任天堂(7974)]は大幅高。[新日鉄(5401)]も高い。【三菱重工業(7011)】は微上げ。[サイバーエージェント(4751)]は大幅高。[楽天(4755)]はもみ合い。架空ファンドは牛丼以外は上げ。日経225マップは医薬品、陸運など一部セクターを除いてほぼ全面高。

手持ち銘柄。日経がこれだけ上げているというのに手持ち銘柄は高安まちまちで前日比+0.12%に留まる。どうやら自分の手持ち銘柄は恩恵を受けていないものが多いらしい。

2007.09.13

株式市場雑感(07/09/13:日経平均終値1万5821円19銭/1485.33/73.0)

本日の東京株式市場は寄り付き後しばらくは昨日に端を発した政局の混乱による売りが想定の範囲内だったという雰囲気から買戻しも入り小幅高に推移。しかし明日のメジャーSQをひかえて積極的な買いも難しいとの判断から様子見の雰囲気が主流となり、じりじりと値を下げる。出来高も15.6億株と閑散気味。

日経225イメージ個別銘柄。【三菱商事(8058)】は高値引け。【加ト吉(2873)】は小幅安。[任天堂(7974)]はやや上げ。[楽天(4755)]も堅調。[ソフトバンク(9984)]は終値で2000円を割り込む。[武富士(8564)]は下落が続く。架空ファンドは全面安。日経225マップは医薬品、卸売業が強い。

手持ち銘柄。小型人材派遣業銘柄が大きく下落。その他大きく下げの銘柄がいくつかあり、評価額は前日比-0.54%。じりじりじり。

2007.09.12

株式市場雑感(07/09/12:日経平均終値1万5797円60銭/1489.26/74.7)

本日の東京株式市場は前場はアメリカ市場の堅調さなどを受けてやや高で推移したものの、昼過ぎの場中に首相辞任の報が流れ相場は混乱。乱高下を繰り返した後にマイ転し、結局終値では大幅安で終了した。辞意表明ということで政局の混乱は必至とされ、政局の不安定化を嫌う海外の売りが明日以降増えるのではないかという懸念がある。出来高は17.4億株。

日経225イメージ個別銘柄。[任天堂(7974)]はやや上げる。[新日鉄(5401)]は安い。【三菱重工業(7011)】は微下げ。[サイバーエージェント(4751)]は大幅安。[楽天(4755)]も安い。その他後場の政局動向からアニメ・ゲーム関連の銘柄の一部が飛びはね、逆に材料が昨日から出ていた一部低位銘柄が暴落。架空ファンドはカレーファンドのみ上げ。日経225マップは銀行・保険が特に安く、不動産が高い。

手持ち銘柄。高安まちまち。大型アミューズメント銘柄がひとり足を引っ張る。前日比-0.26%。しおしお。

2007.09.11

株式市場雑感(07/09/11:日経平均終値1万5877円67銭/1484.11/77.0)

本日の東京株式市場はアメリカ市場が微妙な形で引けたことや昨日の下げが継続するのか反発となるか見極めがしにくい状況にあるのを受けてもみあいでスタート。前場はずりずりと値を下げるも、次第高の展開。後場に入って買い圧力が強まり一段高。機械受注の数字がよかったことも後押しに。ただ、勢いには欠けるところがあり、日経平均で1万6000円を回復するまでには至らなかった。出来高は17.5億株。

日経225イメージ個別銘柄。【三菱商事(8058)】は高値引け。【加ト吉(2873)】は小幅安。[任天堂(7974)]は変わらず。[楽天(4755)]は下げ。[ソフトバンク(9984)]はかろうじて2000円をキープ。[武富士(8564)]は安値もみ合い。架空ファンドはカレーファンドのみ下げ。日経225マップは不動産、銀行、保険などが強い。

手持ち銘柄。小型人材派遣業銘柄が健闘するも、大型アミューズメント銘柄がすべてを台無しに。他の銘柄も軟調なものが多く、日経平均はこれだけ上げているというのに評価額は前日比-0.50%。評価損の額が増えていくばかりな今日この頃。

2007.09.10

株式市場雑感(07/09/10:日経平均終値1万5764円97銭/1486.46/74.1)

本日の東京株式市場は先週末に発表されたアメリカの雇用指数の内容を受けたダウなどの大幅安とそれに伴う円高の影響を受け、全面安の展開。その後少しずつ値を戻すも勢いに欠け、ほぼ寄り底状態で推移したが全般的に軟調な市場展開となった。前日比は2.22%マイナスと、2%以上の下落。出来高は17.6億株とこれだけ下げているのに少なめ。

日経225イメージ個別銘柄。[任天堂(7974)]は大きく下げ。[新日鉄(5401)]も安い。【三菱重工業(7011)】も下げて終わる。[サイバーエージェント(4751)]も安値。[楽天(4755)]はこのような相場状況の中、上げて終わる。【グッドウィル・グループ(4723)】も安い。架空ファンドは療養ファンドのみ上げ。日経225マップはほぼ真っ赤。

BadNewsイメージ手持ち銘柄。全面安。ETFのヘッジもより底だったために役に立たず損失ばかりが増える。前日比は-2.79%。金融セクター銘柄や大型アミューズメント銘柄など普段の劣等生がさらに値を下げている。これらか寄り付きで投げ売りが入り底だったため、信用売りで下げをカバーすることもままならず。しばらく気絶するか?(笑)

2007.09.07

株式市場雑感(07/09/07:日経平均終値1万6122円16銭/1512.28/78.4)

本日の東京株式市場は昨日の後場の上げのような力強さとは正反対に、積極的な買いが入らず、軟調のまま推移。日本時間の本日夜半に発表される、アメリカの雇用統計を一つの指針と見定めたい様子。日経平均は結局終始マイナス、出来高も15.9億株と少なくさえない展開に。

日経225イメージ個別銘柄。[任天堂(7974)]はやや下げ。[新日鉄(5401)]も安い。【三菱重工業(7011)】も下げて終わる。[サイバーエージェント(4751)]も安値。[楽天(4755)]は大幅高。くだんのTBSとの問題において一つのハードルを突破したのが好感触だったようだ。【グッドウィル・グループ(4723)】はもみあい。架空ファンドは高安まちまち。日経225マップは銀行、電気き、鉄鋼、不動産などなど多数セクターで真っ赤。医薬品が強いのが目立つ。

手持ち銘柄。高安まちまちやや安値多し。金融銘柄を1枚買い増し。なんか鼻血が出そう。某チョコ優待銘柄に材料が出て少々上がったが、1枚だけしかないのであまり意味はなし。評価額は前日比-0.13%。

2007.09.06

株式市場雑感(07/09/06:日経平均終値1万6257円00銭/1528.97/81.2)

本日の東京株式市場はアメリカ市場の軟調さや円高を受けて、一時は日経平均で300円を超える大幅安に。その後、特に後場に入って何度か売り圧力をこなしながら徐々に回復し、引けでは前日比プラスで終えた。終値ベースではたいした動きはないが、値幅が400円を超えるなど、読みにくく荒い値動きとなった。出来高は21.0億株と回復に向かいつつあるようにも見える。

日経225イメージ個別銘柄。【三菱商事(8058)】は高値引け。【加ト吉(2873)】は大幅安。[任天堂(7974)]は高め。[楽天(4755)]は小幅な値動き。[ソフトバンク(9984)]は小高く終える。[武富士(8564)]は安値もみ合いで、終値で3000円の大台を割る。架空ファンドは高安まちまち。日経225マップは卸売、石油・石炭・鉄鋼が強め、不動産、証券、銀行などが弱い。

手持ち銘柄。ETFによるヘッジも失敗し、持ち株も全面安の展開と良いところナシ。特に金融関連銘柄が下げ止まらないのが辛い。来週末のアメリカでの各種指標待ちもあるが、そろそろ買い増しの時期かもしれない。評価額は前日比-0.85%。含み損益の青い文字が日に日にカウントダウン(アップ?)していくのが心に痛い。

2007.09.05

株式市場雑感(07/09/05:日経平均終値1万6158円45銭/1483.32/80.9)

本日の東京株式市場は前場こそ堅調に推移しつつも買い材料がなくエネルギー切れの形で失速。後場に入り先物と現物の売り合戦の様相を呈し断続的な下げ。何度か持ち直しの機運も見られたが買いが続かずさらに下げ(売り方の買い戻しとの話も)、14時以降は一段安の展開。結局日経平均で300円近い下げを記録して場を終えた。出来高は18.1億株と少なくもなく多くもなく。ただ、まんべんなく売りが出ている(下げ銘柄数が1509銘柄)こともあり、一部では「年金売りや郵貯売りでは」との話も。

日経225イメージ個別銘柄。[任天堂(7974)]は変わらず。[新日鉄(5401)]は安値引け。【三菱重工業(7011)】も安い。[サイバーエージェント(4751)]も大幅安。[楽天(4755)]はわずかに上げ。【グッドウィル・グループ(4723)】は大幅に下げる。架空ファンドは安値オール。日経225マップはトマトではないがこんなに赤いというのに……。

BadNewsイメージ手持ち銘柄。大幅安。日経平均の下げと比べればまだマシだが、前日比-1.09%。ETFでちまちまと逆襲したが、ほとんどヘッジにならず。昨日買い増しした銘柄が上げているのがわずかな救いか。

2007.09.04

株式市場雑感(07/09/04:日経平均終値1万6420円47銭/1487.69/81.2)

本日の東京株式市場はアメリカ市場がお休みであることや4日発表のアメリカの景気指数の内容待ち、その他売買動機付けのための材料も特に見つからないなか、方向感のない薄商いの展開。ただ市場全体をおおっている不安感は払しょくされず日経平均は前日比でマイナスのまま終始した。大型・新興共に安値引けで、出来高も14.6億株ときわめて少なく、売買代金も2兆円を切るありさま。残暑は続いているが、メジャーSQや相次ぐ指標発表などとあわせ、東京株式市場の残暑は「これから」始まりそうだ。

日経225イメージ個別銘柄。【三菱商事(8058)】は安値引け。【加ト吉(2873)】は小高く上げる。[任天堂(7974)]はやや下げて終える。[楽天(4755)]は小幅な値動き。[ソフトバンク(9984)]も安い。[武富士(8564)]は安値もみ合い。架空ファンドはカレーのみ安い。日経225マップは銀行、証券など金融関係が大幅安、不動産や卸売、鉄鋼も弱く、あとはまばらに安値が多い。

手持ち銘柄。加工品関連銘柄を1枚買い増し。サブプライムローン急落の際にもほとんど関係なく値動きしていたし、そろそろ底値ということで反転を期待。他は高安まちまち。金融関連2銘柄は相変わらず弱含みだが、人材派遣銘柄や大型アミューズメント銘柄が小高く、評価額は前日比+0.66%。今日はつい1銘柄買い増ししてしまったが、本格的動員は早くても今週末。恐らくは来週以降。少々無理して手に入れて身動きが取れなくなった大型銘柄2つがもどかしい。さっさと値を戻してくれれば「やれやれ売り」でもカタをつけるのだが。

2007.09.03

株式市場雑感(07/09/03:日経平均終値1万6524円93銭/1505.02/82.0)

本日の東京株式市場は特に買い材料もなく軟調のままスタート。アメリカが打ち出したサブプライムローン対策への有効性への懸念や、GDPのマイナス修正予想などを受けて売りが優勢となった。ただ、日経平均で1万6500円を割るあたりから買い戻しの機運も高まり、後場に入ってからはそのラインを中心にもみあいの展開。引けにかけては買い戻しも入り、下げ幅は最小限に抑えられた。新興市場もマザーズはプラス、ヘラクレス・ジャスダックはマイナスなど、まとまった動きは見られず。出来高は15.2億株と少ない。まだ市場に活力は戻っていないようだ(アメリカ市場がお休みというせいもあるが)。

日経225イメージ個別銘柄。[任天堂(7974)]は安値引け。[新日鉄(5401)]は高値引け。【三菱重工業(7011)】は変わらず。[サイバーエージェント(4751)]はちょい上げ。[楽天(4755)]は安値で引ける。【グッドウィル・グループ(4723)】は今日も下げ。架空ファンドは高安まちまち。日経225マップは金融セクター関連銘柄が全般的に安い。

手持ち銘柄。高安まちまち。大型エンタメ銘柄が大きく下げ、中堅人材派遣業銘柄が上げてプラマイゼロ。くだんの金融銘柄は次第安。あとは大した動きはなし。評価額は前日比+0.12%。木曜発表の外人売買動向を見て動きを決めるかな……。

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

最近の写真