最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 株式市場雑感(07/11/13:日経平均終値1万5126円63銭/1603.49/65.1) | トップページ | 株式市場雑感(07/11/15:日経平均終値1万5396円30銭/1698.71/68.2) »

2007.11.14

株式市場雑感(07/11/14:日経平均終値1万5499円56銭/1710.57/70.5)

本日の東京株式市場はやや為替相場が円安ドル高に振れていることや昨夜のアメリカ市場が全面高だったことを受けて、買い優勢の中スタート。後場に入っても続伸し、日経平均は一時1万5500円をつける。そのまま維持して引けるかと思われたが一時売りが出て、ぎりぎり1万5500円を切った形で場を終えた。その後取引が続いた日経平均先物ではさらに値が上がっていることから、相場関係者の間では明日の見通しも明るいとみられているようだ。出来高は20.7億株とやや少なめなのが気になるところ。

日経225イメージ個別銘柄。[任天堂(7974)]は割安感と為替の状況から好感されストップ高・6万円台回復。[新日鉄(5401)]も高い。【三菱重工業(7011)】も高値引け。[サイバーエージェント(4751)]もストップ高。[楽天(4755)]もストップ高。[武富士(8564)]も急騰。架空ファンドは全面高。日経225マップは化学、石油の一部に赤がある以外はぼぼ真緑

GoodNewsイメージ手持ち銘柄。「ほぼ」全面高。昨日急落したその他金融銘柄や、先日下げを買いそびれた食品銘柄が顕著に上がる。また、ポジション整理のために数日中に売る予定の某ETFも値を戻す。唯一目立って下げたのは先日好決算を発表してから下げが止まらない人材関連会社。「材料出尽くし」ということからか売りまくられ状態。こいつが足を引っ張ったせいで評価額は前日比+2.24%。せっかく「+3%超」のカットも作ったというのに活躍の場を与えられなくて残念。さて明日はアメリカ市場の動向次第だが、どうだろうか…。

« 株式市場雑感(07/11/13:日経平均終値1万5126円63銭/1603.49/65.1) | トップページ | 株式市場雑感(07/11/15:日経平均終値1万5396円30銭/1698.71/68.2) »

株式市場雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 株式市場雑感(07/11/13:日経平均終値1万5126円63銭/1603.49/65.1) | トップページ | 株式市場雑感(07/11/15:日経平均終値1万5396円30銭/1698.71/68.2) »

最近の写真