最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 株式市場雑感(08/01/16:日経平均終値1万3504円51銭/1455.86/59.5) | トップページ | 株式市場雑感(08/01/18:日経平均終値1万3861円29銭/1502.15/63.0) »

2008.01.17

株式市場雑感(08/01/17:日経平均終値1万3783円45銭/1461.85/61.8)

本日の東京株式市場は大幅反発。外部要因による下げが続いた昨日までの市場展開で、複数の指標で買いサインが入った(8月17日直後の状況に近い)ことや為替がいくぶんドル安に転じたこと、さらに昨日の出来高が直近数か月間ではかなり大きめで「昨日がセリングクライマックスだったのでは」との思惑から買いが相次ぎ全面高の展開。一時後場寄り付きで先物による大きな売り仕掛けがあり、日経平均がマイナスに触れる場面もあったが結局さらに大きく上ぶれして場を終える。今日の大幅反発が転換点となるのか、それとも先日までの下げ相場の調整・自律反発に過ぎないのかは明日以降の展開で明らかになるだろう。ただしテクニカル云々とは無関係な外部要因による売りが、昨今の売り手市場を形成しているのも事実なのだが……出来高は28.0億株。

日経225イメージ個別銘柄。【三菱商事(8058)】は大幅高。[任天堂(7974)]は大幅安で一時期5万円を割り込む展開。[楽天(4755)]は高め。[ソフトバンク(9984)]も上げて2000円台回復。[武富士(8564)]はもみ合いながらやや上げて終わる。[ヤフー(4689)]は小動き。架空ファンドは全面高。日経225マップは医薬品・証券業がやや弱め。後者については理不尽ともいえる某金融グループによる某証券会社の子会社化が引き金のもよう。

手持ち銘柄。高安まちまちやや高値多し。市場全体は豪快に上げているものの手持ち銘柄は小幅反発に留まる。このようなパターンが一番困る。買い増しラインまでもう少し、という銘柄もあったというのに。評価額は前日比+0.25%。

« 株式市場雑感(08/01/16:日経平均終値1万3504円51銭/1455.86/59.5) | トップページ | 株式市場雑感(08/01/18:日経平均終値1万3861円29銭/1502.15/63.0) »

株式市場雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 株式市場雑感(08/01/16:日経平均終値1万3504円51銭/1455.86/59.5) | トップページ | 株式市場雑感(08/01/18:日経平均終値1万3861円29銭/1502.15/63.0) »

最近の写真