最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 株式市場雑感(08/01/17:日経平均終値1万3783円45銭/1461.85/61.8) | トップページ | 株式市場雑感(08/01/21:日経平均終値1万3325円94銭/1453.85/56.8) »

2008.01.18

株式市場雑感(08/01/18:日経平均終値1万3861円29銭/1502.15/63.0)

本日の東京株式市場は続伸。昨夜のアメリカ市場が急落したことや為替が大きくドル安に振れたことから全面安でスタート。前場は下げたままもみ合いを続け、日経平均で1万3000円割れも間近かと思われたが、日本時間で今朝発表された「アメリカの大規模な景気対策が間もなく発表される」という話や、アメリカ市場が今週末から三連休に入るのにあわせて売り方がポジションをいったん閉じる動きなど、買いにぶれる動機が重なったこともあり、先物に主導される形で大きく買い進まれる。13時半ごろには日経平均も前日比プラスに転じ、一時は100円以上の値上がりとなった。このまま来週以降も堅調に相場が展開すれば、水曜の出来高30億株超えがセリクラだったということになるのだが、1万5000円前後までは自律反発の域とも見受けられること、売り要因となる国内外の要素は何一つ解決していないことを考えると、油断は禁物といえる。出来高は27.3億株。特に今日は値幅が上下に振れる意味で非常に大きく、昨今の市場のふがいなさから売り方に転じた人たちに多数の「被害」が出た模様。

日経225イメージ個別銘柄。[任天堂(7974)]は大幅高。寄り付きから引け値まで相当大きく値を動かす。[新日鉄(5401)]も高い。[サイバーエージェント(4751)]も急騰。[ソフトバンク(9984)]も値を吊り上げる。[武富士(8564)]も高値。架空ファンドは全面高。日経225マップは不動産、鉄鋼、機械、海運などここ数日大幅に下落していたセクターが大きく値を上げたこともあり、緑色が目立つ。

手持ち銘柄。上げ銘柄多し。下げている銘柄も前日比で誤差の範囲内の下げ幅で、実質的にはほぼ全面高。ただし上げ幅は大したものではなく、評価額は前日比+0.88%に留まる。投資ツールの無料権利獲得のため、何度か1単元あたり100円玉でカウントできる銘柄を1枚ずつ売り買いし、2円の利益を上げる。額はナニだが先日の「泣く泣く少額での利益確定」銘柄に続き、今年2回目の利確。

« 株式市場雑感(08/01/17:日経平均終値1万3783円45銭/1461.85/61.8) | トップページ | 株式市場雑感(08/01/21:日経平均終値1万3325円94銭/1453.85/56.8) »

株式市場雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 株式市場雑感(08/01/17:日経平均終値1万3783円45銭/1461.85/61.8) | トップページ | 株式市場雑感(08/01/21:日経平均終値1万3325円94銭/1453.85/56.8) »

最近の写真