最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 株式市場雑感(08/01/21:日経平均終値1万3325円94銭/1453.85/56.8) | トップページ | 株式市場雑感(08/01/23:日経平均終値1万2829円06銭/1447.91/55.7) »

2008.01.22

株式市場雑感(08/01/22:日経平均終値1万2573円05銭/1375.78/52.7)

本日の東京株式市場は大幅続落。金融信用問題や世界同時景気減退の懸念が広まると共に、投資家のリスク商品からの逃避が相次ぎ、さらにこれを煽り立てるような風説の流布も行なわれるなど、カオス状態。寄り付きはどうにか日経平均で1万3000円を維持したものの売り圧力は止まるどころか加速、先物の大口の売りや追証回避による売りなどでさらに下げ幅は拡大。為替がドル安に移行していることも売り材料となった。1日の引け値における下げ幅としては大発会を超えて前日比-752.89円ともっとも大きな値。最安値もほとんど終値と変わらず、反発の兆しも見られない。出来高は27.9億株とやや大きめ。次から次へと手持ち株の処分と思われる売りが沸いてくるだけでなく、証券会社の自己売買部門やファンドから個人投資家にいたるまで、まるで面白がっているかのように売りを重ねるため、値の下げ方が加速度的に増している。マザーズ・ヘラクレス指数は最安値を更新した。本日のちほど松井証券のメールマガジンで本日の信用取引の取り組み値などをチェックするが、信用の買い方の損失率は3割を超えたのではないだろうか。日本時間の本日夜半から始まるアメリカの市場でも到底上げるとは思いにくく、それを受けた明日の東京市場の展開も押して図るべし、というところか。先日予想した「底は1万1000円後半から1万2000円前半」という話が半年どころか一か月以内に到達してしまうのではないか、さらに底を突き抜けるのではないかと思うと、非常に複雑な気分ではある。

日経225イメージ個別銘柄。【三菱商事(8058)】は1割以上の下げ。[任天堂(7974)]も安い。[楽天(4755)]も安値引け。[ソフトバンク(9984)]も急落し1900円を割り込む。[武富士(8564)]も下げて終える。[ヤフー(4689)]も下げ幅大きく4万円の底を抜ける。架空ファンドは全面安。日経225マップはほぼ真っ赤。ここまで赤いと見事というしかない。

……本来ならここで「手持ち銘柄」にいくのだが、これだけ豪快に下げたこともあるので記録保全という意味で少々データを上げておく。

・日経平均:1万2573円05銭(-752.89円、-5.65%)
 始値:1万3125円23銭、高値1万3125円23銭、安値1万2572円68銭
・TOPIX:1219.95(-73.79、-5.70%)
・JASDAQ平均:1514.09(-47.86、-3.06%)
・マザーズ指数:608.17(-48.60、-7.40%)
・ヘラクレス指数:936.62(-54.29、-5.48%)
・JASDAQ指数:59.73(-3.26、-5.18%)

2008年1月22日の日経平均株価動向
2008年1月22日の日経平均株価動向

とにかく大安売り大バーゲン状態である。騰落レシオなどテクニカル的な指標もアラートが鳴りまくりだが、一向に買い気配がふくらむ様子はない。要するに、テクニカル的な面を無視してでも売りたい層(手持ち株式を現金化したい人、空売りをかけて下落相場を加速させてひと山当てたい人など)が多いことがうかがえる。

VeryBadNews(前日比3%以上の下げの時の)イメージ手持ち銘柄。当然のことながら全面安。東証一部上場銘柄で上げ銘柄が31、変わらずが15銘柄しかない状態では上げようがない。1銘柄を除いてすべて豪快に下げている。特にその他金融セクターの2銘柄の下げや、先日まで堅調だったディフェンシブ系銘柄まで大きく下げているが、恐らく追証回避売りやパニック売りによるものだろう。評価額は前日比-3.60%。むしろよくここで留まったものだ、と思いたい。

それとは別に、先日取引回数稼ぎのためにちまちまトレードしていたらいつの間にか暴騰していた某銘柄を寄り付き成行きで売却。100円の投資で36円/日の利益。年率に換算したら1万3140%(笑)……とお莫迦な計算でもしなければやってられないような状況に違いは無い。

市場の雰囲気は21世紀初頭の日経平均1万円以下に落ちた時に似ているものがあるが、やや出来高が少ない。独自基準の「なにこれ安い」にまで落ちそうな銘柄もいくつか見受けられるが、もう一歩地獄に足を踏み入れなければ反発はなさそうだ。ただ気になるのは、当時と比べても下げのスピードが速すぎること。信用口座開設のハードルが低くなり信用売りの参加者が増えていることや、ネット証券の普及、さらには肥大化したヘッジファンドなど機関投資家による仕掛け売りの規模が大きくなっているなどさまざまな要因が考えられる。言いたい事は山ほどあれど、ここはそれを語る場ではないので止めておくが……。

« 株式市場雑感(08/01/21:日経平均終値1万3325円94銭/1453.85/56.8) | トップページ | 株式市場雑感(08/01/23:日経平均終値1万2829円06銭/1447.91/55.7) »

株式市場雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 株式市場雑感(08/01/21:日経平均終値1万3325円94銭/1453.85/56.8) | トップページ | 株式市場雑感(08/01/23:日経平均終値1万2829円06銭/1447.91/55.7) »

最近の写真