最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 株式市場雑感(08/02/04:日経平均終値1万3859円70銭/1427.03/91.6) | トップページ | 株式市場雑感(08/02/06:日経平均終値1万3099円24銭/1326.46/76.6) »

2008.02.05

株式市場雑感(08/02/05:日経平均終値1万3745円50銭/1388.71/87.7)

本日の東京株式市場は反落。昨夜のアメリカ市場が下げて終わったことや昨日の高騰で節目である日経平均1万4000円台に近づいたことから戻り売りや利益確定売りの動きが増え、相場全体を押し下げることに。ただし昨今の売り買いを左右する材料について何か進展があったわけではないので、全体的には小動きに留まった。出来高は20.3億株とやや少なめで、ここから上値を抜けるためには出来高を伴った上げ(30億株前後か?)が必要になるものと思われる。ただ、昨今の決算発表で少しでも悪材料が出ると、それこそ川に落ちた犬を棒で叩くが如くに売り叩く市場展開は少々困りモノ。本当に売られても良い銘柄も多いが、中には「期待に届かなかった」という理由だけでストップ安まで売り込まれる大型銘柄も目立つ。市場がエネルギーを発散する場所を求めているのだろうか……。

日経225イメージ個別銘柄。【三菱商事(8058)】は高値。[任天堂(7974)]は値を大きく値を下げ、5万円割れで場を引ける。[楽天(4755)]も安い。[ソフトバンク(9984)]は反落。[武富士(8564)]はもみあいの末、わずかに上げて終了。[ヤフー(4689)]はストップ高をつける場面もあったが、結局高値で終える。架空ファンドは高安まちまち。日経225マップは卸売業がやや強め、あとはまばら。

手持ち銘柄。銘柄数的には相場全体に引っ張られる形で安値展開のものが多いのだが、1銘柄やや値を上げたものがあり、これがプラスに大きく作用して前日比+0.90%。この銘柄場違いのような値をつけた後の反発だけに、今後もみ合いながら適正価格に落ち着くことを望みたいのだが。

« 株式市場雑感(08/02/04:日経平均終値1万3859円70銭/1427.03/91.6) | トップページ | 株式市場雑感(08/02/06:日経平均終値1万3099円24銭/1326.46/76.6) »

株式市場雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 株式市場雑感(08/02/04:日経平均終値1万3859円70銭/1427.03/91.6) | トップページ | 株式市場雑感(08/02/06:日経平均終値1万3099円24銭/1326.46/76.6) »

最近の写真